萩原ケイク

ネタバレ感想「それでも愛を誓いますか」25話~ 萩原ケイク

IMG

こんにちは!海ホタルです

こちらの記事では、「それでも愛を誓いますか」第25話以降の連載を追いかけています

こちらの記事にはネタバレが含まれます

最新話が追記されるごとに更新されます

「それでも愛を誓いますか」登場人物

純須 純(すみす じゅん)
35歳のパート主婦・・・レス生活が長く、自分の魅力がないからだんなに相手にされないと、派遣会社に登録し社会復帰をするが・・・

純須 武頼(すみす たけより)
純のだんなさま
ゼネコンに努めていて仕事に追われている
妻である純にはやさしい・・・けれど、夜の生活については、協力をしてくれない
都合が悪くなると逃げるタイプの男性
足立
シングルマザー
教師
ときめきがないプライベートに嫌気がさしている
そんな時・・・高校時代につきあってた武頼と再会し・・・
恋愛したい気持ちを充足しようと・・・
真山篤郎
コミュ障男子
他人とのかかわりを面倒に思っていたが、純と出会って変わっていく

IMG
既婚子供なし妻の出口のない憂鬱「それでも愛を誓いますか」萩原ケイク「それでも愛を誓いますか」の連載を追いかけています。ネタバレ記事です...
IMG
ネタバレ感想「それでも愛を誓いますか」5~8話 萩原ケイク真山は告白を決意!?「それでも愛を誓いますか?」のネタバレ感想!...
IMG
ネタバレ感想「それでも愛を誓いますか」9~12話 萩原ケイク浮気がばれた武頼!家に帰りたくない純!「それでも愛を誓いますか?」のネタバレ感想!...
IMG
ネタバレ感想「それでも愛を誓いますか」13~16話 萩原ケイク荻原ケイク先生の「それでも愛を誓いますか?」ネタバレ感想記事。純より自分の方が武頼にふさわしいと思う足立の匂わせに気づいた純は…...
IMG
ネタバレ感想「それでも愛を誓いますか」17話~ 萩原ケイク荻原ケイク先生の「それでも愛を誓いますか?」ネタバレ感想記事。...
IMG
ネタバレ感想「それでも愛を誓いますか」21~24話 萩原ケイク鮮烈に描かれる「35歳の壁」!荻原ケイク先生の「それでも愛を誓いますか?」ネタバレ感想記事。...

「それでも愛を誓いますか」第25話

海ホタル
海ホタル
めちゃコミさんの77~79話にあたります

なんで言いたいことを我慢するのよ?

研修3日目

研修がはじまる前に赤城と話す純

2人の前には、子持ちのワーママがいて、子供の面倒を見ている人に、子供への薬の飲ませ方を電話で必死に説明している

それを見た赤城は「子育てしてて出張って大変ですね」といい、「僕には、そもそも結婚そのものが大変そうに見えますよ」という

純は「結婚って、いいところもありますよ」と答える

「結婚しているんですか!」と驚く赤城

 

赤城と純が話す様子を遠くから見ている真山

ノアが「年齢なんて気にしないで!話しかけなよ!」と横から言っているが、真山は「そういう問題じゃないから・・・」と取り合わない

ノアは、なんで、自分の気持ちを言葉にしないのよ!とイライラ!

 

赤城は、次はボブカットの女の子と話し始めて!

それを見ていた土屋さんは、むっちゃ不機嫌顔!

海ホタル
海ホタル
土屋さんは、この研修で赤城と出会って、ワンナイトラブを楽しんだ女の子ですね!

真山とノアはつきあっていない

土屋さんに「相談したことがある」と言われ、部屋へ呼び出される純

「なんなんだろう?」と土屋さんの部屋へ行くと、ノアも呼び出されていた

ノアと純がそろったところで、「彼氏がいるのに赤城と浮気しちゃいましたぁぁぁ」と爆弾発言をする土屋

ええ!!!ってびっくりの純

土屋には、社内恋愛をしているカレシがいるらしい

ノアは「研修終わったら、もう会うことないのに・・・なにを悩んでいるの?」と答える

海ホタル
海ホタル
土屋は東北オフィス。赤城は東京オフィスです

土屋さんは、「赤城さんのことを好きになってきちゃって・・・」と答える

「なのに!赤城は、別の子と仲良くしているんですよ!!!」と荒ぶる土屋

純とノアの会話を聞いていて「ガールズトークだ・・・懐かしい・・・」と思う純

 

そこで、土屋が「池内さん(ノア)は、真山くんとつきあってるんでしょ?」と聞く

ドキッとする純

ノアは「ありえない」と答えて!

純はノアと真山がつきあっていなことを知る

「二股すれば?」というノア

「二股」という言葉に、純は、浮気していた武頼を攻めた過去を思い出す

土屋さんから「純須さん(純)はどう思います?」と聞かれ

純は「難しいね・・・ふたりとも若いから・・・」と答える

 

土屋の部屋から出て、一緒に廊下を歩くノアと純

ノアは「純須さん(純)って、年齢のことを気にしすぎじゃないですか?」という

 

ノア「純須さんを見ていると、歳をとることが悪いことのように思えてきます」

 

ノアの若さを眩しいと思う純

同時に、自分にも、こんな風にイキがって、とんがっていた頃があった・・・と思うのです

そんなとんがっていた自分の話を、あの頃の先輩はどんなふうに聞いてくれたっけ?

当時いた先輩は、仕事ができて、明るくて、なにごとにも動じなくて、純の憧れの先輩だった

わたしも、あの先輩みたいに憧れられるような・・・誰かを勇気づけられる人間になりたたいなって思う純

 

「言いたいことがあるのに我慢するとか!信じられない!」というノア

純は、静かに「そういう人もいるんだよ」と答える

ノアは「言わなかったら損するだけです!」と言う

純は「いろいろあるんだよ・・・」と答える

純の言う「いろいろ」がわからないノア

 

ノアを通して、自分はちゃんと20代を終わらせてきたんだ・・・若さに嫉妬なんてしなくていい・・・と思える純

若さに嫉妬をしなくていい!

研修最終日がやってくる

司会者が、研修の感想を発表してもらいましょう~と言う

純は・・・

自分は35歳で勇気を出して就活しました。と語りだす

年齢制限で応募できなかったり、書類で落ちたりして、初めて年齢が怖いと感じたと言って

だから、20代前半の人たちが同期だと正直、気圧されますが、いい刺激をもらいました

また、明日からがんばります・・・と言うのです

純の感想を聞いていた真山の中に、昔、自分に向かって「また明日」とあいさつをした純の姿が思い起こされる

真山の告白・・・その時、純は・・・

研修が終わって、打ち上げで横浜まで遊びにやってくる一同たち

みんな、2人乗りのVRアトラクションに乗ろう!と盛り上がってアトラクションに入っていく

アトラクションに乗らない純と真山はふたりでみんなが出てくるのを待つことになる

久しぶりに真山に話しかけられて驚く純

真山は、「聞いてくれますか?」と言ってマスクを取って話し出す

「純さんを好きになったきっかけは、純さんが“また明日”と言ってくれたからなんです」と話し始める真山

中学生の頃から、人とのかかわりあい方がわからなくてずっとひとりでいた真山

そんな自分に「また明日」と言ってくれた・・・

それは、「また会いたい」と言われたようで、本当にうれしかった・・・

そして、かっこつけたいとか・・・悔しいとかって感情が自分の中に生まれて

自分のことがずっと嫌いだったけど、純さんと知り合えて自分が好きになれた

 

真山の笑顔に胸がきゅっとなる純

「困らせてすみません・・・どうにもならないのに・・・」と謝る真山

純は、安立さんとの関係を知って「縁を切って!」「ブロックして!」と泣いて、武頼に詰め寄ったことを思い出す

だから、自分も真山との関係を断ち切らなければならないとわかっているのに、思わず真山の手をつかむ純

 

そのころ・・・会社で残業をしている武頼

急に耳鳴りがしだして、耳を抑えている

そして・・・家には、婦人科系の定期健診の結果が純のもとへ届いてて・・・・

20代には20代に見える景色が合って、30代には30代に見える景色があるんですよね~

どっちの景色もすばらしいものなのですが、つい、比べてしまう気持ちはすごくよくわかります

真山の告白はかっこよかったです

マスク外して、笑った真山の笑顔に胸キュン!

でも、純は、そこで真山の手を握るべきじゃないと思いました!

純が自分の感情に流されたまま行動した結果がどうなるのか?

最後に、耳鳴りがする武頼の姿や、婦人科系の定期健診の結果のはがきが描かれているところを見ると、悪い予感がします

「それでも愛を誓いますか」第26話

読み次第、こちらに追記します

コミック「それでも愛を誓いますか?」絶賛発売中!