羽純ハナ

羽純ハナ「レムナント―獣人オメガバース― 3巻」ネタバレ感想

IMG

NEW 「レムナント―獣人オメガバース― (13)」追記しました(9/07)

こんにちは!海ホタルです

こちらは「レムナント―獣人オメガバース―」ジュダ✕ダート編の2巻の続きを追いかけている記事です

あの2巻の続きが気になる方はどうぞ!

この記事にはネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

こちらの記事は配信されると最新話を追記していきます

【未読の方のために】今までのあらすじ

「ペンデュラム―獣人オメガバース―」という作品があり、そちらのスピンオフ作品となります

個人的には、「ペンデュラム」より、ジュダ✕ダート編の「レムナント」のほうが好きです

ジュダ✕ダート編の見どころは・・・やはり、意に沿わない相手と番関係を結んでしまったという最悪の出会いから、いつの間にか、心の底では惹かれ合っているというラブ展開

けれど、お互い素直な性格じゃないので、未だ、「相手は自分のことを嫌い」だと誤解している

お互い、側にいたい。側においておきたい。と思うほど恋い焦がれているのに、そんな気持ちが相手には全く伝わっていないという歯がゆさがとにかく読んでいてドキドキするんです

あと、孤児だったダートが、お金持ちのアルファである獣人ジュダと「運命の番」だったという部分もオメガバースらしい夢のある設定だと思います

「運命の番同士」だと周りから言われても、未だ、それを認めないふたり

2巻では、安価な抑制剤を飲んできたダートがその副作用で発情期が止まり、妊娠が出来ない状態となってしまった

でも、ジュダの側にいたいダートは、そのことを告げず、誘発剤を使うことで発情期がこなくなったことを誤魔化しています

さらに、2巻ラストの第10話ではお金持ちのパーティに連れてこられたダートが、娼館からの営業で来た孤児院時代の友達・フリオを見つけたとことでEND!

気になる続きがこちらとなります

「レムナント―獣人オメガバース―」電子版バラ売りはこちらから

レムナント―獣人オメガバース―

読み応え
ときめき度
エロさ

Renta!

海ホタル
海ホタル
「レムナント -獣人オメガバース-」のコミック版は電子化されていません。電子で読むなら「バラ売り」でのみとなります。
コミック版「ペンデュラム -獣人オメガバース-」は電子化されています

レムナント―獣人オメガバース― (11)(ネタバレ有)

look!
レムナント―獣人オメガバース― (11)

「ペンデュラム―獣人オメガバース―」スピンオフ・ジュダ×ダート編、ついに電子連載開始!【全36ページ】

Renta!

友人との再会

お金持ちのパーティ先で、お金持ちのアルファを楽しませるための道具として娼館から呼ばれた娼婦(オメガ)たち

その中に孤児院時代の友人・フリオの姿を見つけるダート

ダートは、客とフリオをつけていき、部屋に入る直前に客の頭に花瓶を振り落とし気絶させます

その場からフリオの手をひっぱり、人気のない別室へと逃げこむふたり

突然現れた昔の友人の姿に、「会いたかった」と涙を流すフリオ

ダートも「お前を助けられなくてごめん!」とフリオを抱きしめます

フリオを逃がすダート

ダートの身なりから、彼が昔とは違うことに気づくフリオ

ダートは、恥ずかしそうに、あの後、「番」ができたことを話します

誰かに、ジュダのことを話すのは初めてで、こそばゆい気恥ずかしさを感じるダート

ダートは、フリオに「ここから逃げるよう」言います

けれど、フリオは、自分は娼館を転々とさせられていて、もはや、自分のケイヤクがどうなっているのかもわからない状況で、逃げたら大変なことになる。と怯えます

フリオの話から、以前、フィルが「売られたオメガは簡単に逃げられないよう 何十にもケイヤクを重ねられて娼館を転々とさせられる」と言っていたことを思いだすダート

ダートはウィルならフリオを助けてくれると、ウィルのもとへと行かせることにします

フリオを屋敷から逃がすダート

そして、自分は時間稼ぎのために、フリオのつけていた首輪をつけ、さっき気絶させたアルファの元へと戻るのです

間一髪!危ないところに登場したのがジュダ

逃げたオメガを探して大声を出しているさっきの客の元へと行くダート

彼に「自分が相手をしてもいい」と声をかけます

客がその気になってダートの肌を触るのですが、触られた先から、ダートの中で気持ち悪さが広がります

冷や汗が出てくるダート

しかし、客は容赦なくダートにハアハアしだします

そこに現れるのがジュダ

「俺の番になにをする」と威嚇をします

客は「そいつが誘ってきたんだ!」と捨てセリフを吐き逃げ出します

静かな口調のジュダに動揺するダート

ダートは、ジュダが「俺の番」だと言ってくれたことを嬉しく思います。

同時に、フリオのこと。この状況をどう説明しようかと思いますが、とっさにこの状況の説明する言葉が出てこない

先にジュダから「さっき(モブアルファの捨てセリフ)のは本当なのか?」と聞かれてしまいます

その静かな質問の仕方に、「もっと怒ってもいいはずなのに・・・」と動揺してしまうダート

緊張で心が跳ね上がり、言葉がうまく出てこない

それがダートの返事だと思っだジュダは「よくわかった」と言います

そして「お前との契約はもう終わりだ」と言うのです

いやー・・・またもや勘違いループに突入していますね!!でも、まあ、フリオ本人もいることだし、そこまで大事なケンカにはならないのではないかと思っています

あと「契約は終わり」って、アルファが首筋をかんだオメガを捨てるのはダメでしょって思います

最後のコマでは、「ガーンッ」って効果音をつけたくなるダートの顔に胸が痛い・・・

次回、この誤解が解けるといいのにね!!

レムナント―獣人オメガバース― (12)(ネタバレ有)

look!
レムナント―獣人オメガバース― (12)

「ペンデュラム―獣人オメガバース―」スピンオフ・ジュダ×ダート編、ついに電子連載開始!【全36ページ】

Renta!

ジュダとの関係を「変える時がきている」と思うダート

ジュダから「お前との契約はもう終わりだ」とついに見捨てられてしまったダート

妹を失い、居場所を失い、たどり着いた「運命の番」のジュダでさえも自分の可愛げのなさから失うことになった

独りじゃだめなのは俺の方なのに・・・俺の未来はずっと前からジュダにしか繋がってないのに・・・と孤独を感じるダート

妊娠できないことを告げずに嘘をつき続け側にいたダートは、「でも、これでジュダを解放できる」と立ち上がります

屋敷を歩いていると執事のバロンから声をかけられる

ジュダがどうしているかと聞くと、ジュダはすでにでかけていないと答えるバロン

バロンは、ダートにお茶を出し、「体の調子はどうか?」と話し始めます

いきなり、体調のことをきかれ、焦るジュダ

バロンは、ダートが病院通いをしていることを知っていたんですね

見守っているつもりだったが、やはり、一度、ジュダ様と話し合ったほうがいいと言います

バロンからも見捨てられたと思ったダートは「お前までオレに引導を渡す気か?」と聞く

バロンは、なんのことか?という顔をし、話を続けます

先日、ルアードがトネリア卿から「一刻も早く跡継ぎを残すように」と言われたこと。

いつ矛先がジュダに向くかわからないこと。

だから、一度、ふたりで今後について話し合ったほうがいいというのです

ダートは、周りのものを心配させる危うさが自分とジュダにはあり、そして、カイとルアードの関係のように、自分たちも変わりだす時がきていると思うのです

ジュダにとって本当にほしいものは?ウィルの質問に思い浮かぶのは・・・

その頃ジュダは、ウィルの家にきている

ウィルの家には、昨夜、ダートがパーティから逃したフリオがいる

そして、フリオから昨夜、なにがあったのかを聞くジュダ

誤解してダートに別れの言葉を言ったことに、一瞬、胸動かされるような描写がここで入ります

しかし、「これ以上、ダートを自分のもとに縛っても、ダートは幸せにはなれない。」とウィルに話します

ウィルは「じゃあ、ベラ(←ダートの妹)のことはどうするんだ?」と聞く

実は、ジュダがベラの身を安全な場所へと移していたんですね

しかし、それをダートには言っていない

なぜなら、妹がダートとの再会を望んでいないから

もし、ダートの言えば、なにがなんでも妹に会おうとする

そして、妹さえ見つかれば、自分のことなど用済みになる

そこで、自分の言葉に「はっ」とするジュダ

ジュダの頭には、ダートが見せたいろいろな姿が浮かびます

ウィルは、昔亡くなったジュダの恋人のオメガの話をします

亡くなった恋人に対しての感情と、今、ダートに対して抱いている感情

そして、今、お前の欲しいものはなんなのか?とジュダに問うのです

ジュダの頭に浮かぶのは、ただひとり・・・

ダートの姿なんですね

カイの発情が始まる!!

屋敷に戻るジュダ

そのジュダにぶつかってきたのはダート

ダートは、なにかにすごく焦っている

「どうした?」と尋ねるジュダ

ダートは「カイが発情した!」と答えます

そして「カイを運んで欲しい!」とジュダに頼むのです

ここで次回に続いています

「ペンデュラム―獣人オメガバース―」とリンクする部分が出てきましたね

なるほどー。時系列的にはこういう感じだなーって脳内で計算しちゃいました

ダートが男漁りをしていたという誤解が解けてほんとよかったです

それでもなお、強情なジュダでしたが、ウィルの助言が大きく響いています

ここ!!

とてもドラマチックな仕上がりになっていて、読んでいて、キュンってきました

大事なものはちゃんとわかっているんだから、それを手放さないでほしいですね

ダートは、寂しいからこそ強情を張って、いつも物事を悪い方向へと動かすところがあって・・・

ジュダは、自分の弱さを出すのが下手で素直になるのがとても下手で・・・・

うまく噛み合わないふたりがついに噛み合う時がきたのかな?と次回の展開が楽しみです

レムナント―獣人オメガバース― (13)

look!
レムナント―獣人オメガバース― (13)

「ペンデュラム―獣人オメガバース―」スピンオフ・ジュダ×ダート編、ついに電子連載開始!!【全33ページ】

Renta!

ジュダからの「愛している」にキュンときた

発情が始まり、恋い焦がれていたルアードと番になれたカイ

カイの強い「ルアードじゃなきゃ嫌だ」という思いを見たダートは、自分にも、カイのような強い意思があれば、欲情に流されるままジュダと番になることもなかったと思います

屋敷を一人歩いているとジュダがやってくる

ルアードとカイが番になったと聞くジュダ

「当主であるルアードに番が出来たとなると一族のみんなが黙っていない」といい、「これから騒がしくなるが、俺以外のやつから言われたことに耳を貸すな」とダートに言います

何もかも終わりにして出ていくつもりだったダートに、「お前は俺の“番”だ」と言うジュダ

昨夜「契約は終わりだって、お前が言ったんだぞ」というダート

ジュダは、ダートが逃したフリオに会ったこと。ウィルから事情を聞いたことを伝え、誤解して突き放したことを謝るのです

いつも高圧的なジュダの突然の殊勝な態度に、調子が狂ったダートは、「お前がそんなことを言うはずがない」と信じられないとばかりに大声をだす

ジュダは「契約は終わりだ。もうお前をカネで買うことはない。お前を愛している」と告白します

けれど、ダートはジュダに「妊娠できない体」であることを伝えていない

ジュダに求められる言葉と態度にドキドキするダートですが、頭はこの状況に追いつかない

ドクドク高鳴る心臓

嘘をついているという罪悪感も押し寄せて、うれしさと焦りでいっぱいになるのです

ついに、ジュダからの「愛している」の言葉が出ました!

うっうっ・・・・感動です!

ジュダがダートを甘噛するシーンにキュンってきちゃいました

執着さを見せるセリフやゴーインさもよかったです

ベッドに押し倒して、ここからがいいところだぞ!ってところで、バロンがジュダを呼びにきちゃうのが、大変残念でしたが・・・

カイとルアードが番になったことで大変なことが起こりそうな予感もします

次回の展開も楽しみです

レムナント―獣人オメガバース― (14)

第14話の配信は未定です

配信され次第、追記する予定となっています

かわいいジュダとダートの子供に会いたい方は!

ダリア本誌の方では、ジュダとダートのかわいい子供たちの「プチミニョン-獣人おめがばーす-」が連載されています

毎回、数ページのショートマンガなのですが、かわいい子どもたちと仲良し夫婦のジュダとダートに癒やされる内容となっています

ダリア 2018年2月号

ダリア 2018年2月号

ダリア 2018年4月号

ダリア 2018年4月号

ダリア 2018年6月号

ダリア 2018年6月号

ダリア 2018年8月号

ダリア 2018年8月号

海ホタル
海ホタル
当ブログでは、電子派で「ダリア」を購読している方には「マガジン☆WALKER」」をおすすめしています
「マガジン☆WALKER」とは?

マンガ誌、アニメ誌、ゲーム誌、声優誌など80誌以上の人気雑誌が月額500円(税抜)で読み放題となるサービスです。

BL雑誌の取扱いが多いのがいいと思います

 現在取り扱い中のBL雑誌

  • onBLUE
  • ダリア
  • CIEL
  • iHertZ
  • B’s-LOVEY recottia
  • BL☆美少年ブック特濃
  • ルチル
  • カチCOMI
  • COMICフルール
海ホタル
海ホタル
このラインナップが月額500円(税抜)で読み放題!

実際どんな感じなの?と興味を持たれた方は、無料お試し期間を使って試してくださいね