GO毛力

GO毛力 「寡黙な親友がただのムッツリでした」ネタバレ感想

IMG

NEW 第三話を追記しました(12/11)

こんにちは!GO毛力先生がLiamコミックスさんの方で連載している「寡黙な親友がただのムッツリでした」が、なかなかおもしろくてオススメです

GO毛力先生は今までも「面白いよ!」と読者様からおすすめされたことが多かったのですが、なかなか読む機会がなくて・・・

でも!オススメされたとおり!!

読むと!かなりテンポの良い面白いBLでした!

この記事にはネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

こちらの記事は配信されると最新話を追記していきます

「寡黙な親友がただのムッツリでした」第1話(ネタバレ有)

look!
寡黙な親友がただのムッツリでした 第1話

満員電車で性欲ゲージがマックス!?頼む…耐えてくれ~~!(泣)【全33ページ】

Renta!

「性欲ゲージ」とは?なんぞやそれ?

「性欲ゲージ」とは、この物語の主人公・渋谷桜大がある朝、突然見えるようになった、人様の性欲を表したメーター!

それは渋谷にしか見えていないゲージなんですね

第1話では、ある朝、突然、その性欲ゲージが見えるようになった渋谷が、親友である慎(まき)の性欲ゲージを見ると、メーターMAX状態であわあわしているんです

しかも・・・慎のメーターには「ムラムラムラムラ」という文字まで入っている!!(←笑!)

しかし!!そのメーターの状態が間違いかのように涼しい顔をしている慎!!

渋谷も、「もしかして、このメーターが性欲度合いっていうのは間違いじゃないのか?」と思うのですが・・・

単純に慎はむっつりだったのです!!!

なぜ?渋谷に性欲ゲージが見えるようになったのか?

第1話の冒頭・・・

SNSで知り合った女の子が、実は「オッサン」で・・・親友の慎を誘い「ヤケシコ」をすることにした渋谷

男ふたりでAV鑑賞をスタートさせます

渋谷はAVを見ながらムラムラし始めますが、ポーカーフェイスの慎はよくわからない

そんな慎に「渋谷は・・・すぐ出るよね。顔に」と言われて、下半身に足を擦り付けられる渋谷

渋谷は涙目になって「ぐりぐりすんのはなしだろ・・・」と言います

すると、「俺帰って抜くわ」と慎は帰っちゃうんです

渋谷は、結局、慎が勃っていたかどうかはわからないまま・・・

その夜・・・渋谷は、夜空に流れる星に「エロい彼女ができますように・・・」ってお願いするんですね

そしたら・・・翌朝から、人様の性欲ゲージが見えるようになっていたんです

友達思いの渋谷は慎を犯罪者にしたくないと一緒に…ムフフ

涼しい顔をしているのに、常に性欲ゲージMAXの慎を心配する渋谷

そんな渋谷は、学校帰りの電車の中で痴漢に会います

その痴漢してきたおっさんの性欲ゲージは、割れている状態だったんですね

それを見た渋谷は、性欲ゲージが割れると、性犯罪を起こしちゃうんだ・・・・と思うのです

痴漢から助けてくれたのは慎

しかし、慎の性欲ゲージは相変わらずMAX状態!!

これが、割れたら・・・・

親友を犯罪者にするわけにはいかない!とにかく「抜いて」メーターを減らすんだ!!!と使命感に燃えた渋谷は、途中の駅で降りて、トイレの中に慎を連れ込みます

「とにかくお前は抜け!」とトイレを出ようとする渋谷の手をグイッと引き寄せトイレに連れ込む慎

慎は渋谷のベルトを緩め、コーフンした渋谷のブツを出ししごき出します

完全にスイッチが入った慎のコーフンしている表情を見て、渋谷は、「逃げたりしねえよ!俺ら友達だろ」と一緒に兜合わせでフィニッシュしちゃうのです

しゅるしゅる~って減っていく慎のメーター

渋谷は「おお!」と感動の表情でそのメーターを見ています

しかし・・・渋谷が、感動してふにゃっとした笑顔で慎に「よかった・・・」と言うと・・・

慎のメーターギュンッって上がり再びMAX状態に!!

なにが面白いって「性欲ゲージ」が見えるっていう設定ですよね第1話から、慎が渋谷のことを「特別大事」に思っている感じは読者にはダダ漏れです

しかし、渋谷は本気で友達として、性欲ゲージMAXの慎の心配をしているというふたりの温度差が読んでいて面白いです

とことん涼しい顔の慎の表情の変化に注目したいですね!

テンポがいいし、渋谷の変顔にも注目です

この後、気持ちが近づいていく感じの展開になっていくのかな?

とても楽しみな作品です

「寡黙な親友がただのムッツリでした」第2話(ネタバレ有)

look!
寡黙な親友がただのムッツリでした 第2話

満員電車で性欲ゲージがマックス!?頼む…耐えてくれ~~!(泣)【全33ページ】

Renta!

気まずさから仲違いしちゃう慎と渋谷

まさか・・・まさかの・・・友達の慎と兜合わせで一緒にフィニッシュしてしまった渋谷

そりゃ、翌日、どんな顔をして会えばいいのかわからないですよね

しかし・・・その渋谷の緊張を他所に、慎は相変わらずのポーカーフェイス

そして、相変わらず、そのポーカーフェイスの顔の横には、「ムラムラムラムラ・・・・」という文字付きの性欲ゲージ付き!

その性欲ゲージに「慎は常にMAX状態がデフォルトなんだ・・・だとしたら、ムラムラしつつも平静を保ってたってことだよな・・・」と気づき、その理性の強さに感動さえもする渋谷

が!!

渋谷の性欲ゲージにヒビが入っているのに気づいてします!!!

ビビる渋谷!

そして、「慎は自分の許容値の変化に気づけていない!もし我慢し続けてプッツンいったら・・・・」と思います

そして「昨日みたいに突然 理性飛びかけても・・・また手くらい貸してやるから」と慎に声をかけるのです

しかし、慎からは「昨日はごめん・・・」と謝罪が入り、「自分でなんとかするから」と言われてしまうのです

その慎の言葉に、渋谷は、クワッと目を見開き「人のち○こ握っといて!!なんだよ!」と叫んじゃいます

ここからは仲違いモードで、一緒にいるのに口はきかないふたり・・・

意外にも早くも挿入シーンがきます

心配した友達たちがふたりの空気を和らげようと水をかけるいたずらをします

水浸しになるふたり

びしゃびしゃになったシャツからは渋谷のチクビが透けている

すると、途端に、慎のメーターがMAXいっぱいに!!

それを見た渋谷は「えらいこっちゃ!」と慎に駆け寄ります

が・・・駆け寄るときに毛躓いて慎の胸に飛び込んでしまう

慎のゲージがひびが入り、メーターが破壊寸前に!!!

焦る渋谷は、慎を保健室に連れていき慎の股間を見る

すると、そこはギンギン状態!!

渋谷は「慎のピンチに気づいてやれるのは俺だけだ!あいつは大事な親友だ!」と改めて思うのです

そんな熱い友情に胸をいっぱいにする渋谷の気持ちを知りもせず、慎は、保健室のベッドの上で渋谷のチクビを責めだします

まるでセックスしているかのような状況についていくのが精一杯の渋谷

慎は、渋谷のおしりに自分のブツを擦り付ける

それを、「慎が理性で挿入を我慢しようとしている」と勘違いする渋谷

だから、「もう我慢しなくてもいい。全部俺がうけとめてやる」と言っちゃうのです

そこからは、挿入有りのエロターンに突入!

ふたり、共に果て・・・慎のゲージメーターはしゅるしゅる~って減っていく

渋谷はそれを見て「ミッション成功!」と思うのです

いやー・・・早くも挿入ターンがきましたね

けど!気持ちは通じ合っていません!

むしろ!ちぐはぐ状態!!笑!!

ほんと、受けの渋谷の「友達の慎を犯罪者にしたくないっ」って必死さが微笑ましくて笑えるんですよ

そして、知らず知らずに、慎を煽る言葉を言っちゃっているんですね

残念なのは、攻めの気持ちが全然わからないことかな?

後で、実は・・・ってわかると面白いかもなって思います

そこの部分を期待したいですね

「寡黙な親友がただのムッツリでした」第3話(ネタバレ有)

look!
寡黙な親友がただのムッツリでした 第2話

一階には親がいるのに性欲ゲージがマックス!?頼む…耐えてくれ~~!(泣)【全33ページ】

Renta!

正しい方向に性欲を発散させようと合コンに行くことになるが・・・

親友が犯罪者にさせないため、自分の尻を差し出した渋谷

尻の痛みに「いくらなんでもやりすぎた!!」と羞恥から反省しちゃう

慎のためになんとかしなければ・・・と思っていたら、タイミングよく合コンの誘いがくる

そもそも、自分はこの性欲ゲージが見える能力を使い彼女を作る!という目的があったことを思い出した渋谷

合コンに行けば、慎にも彼女ができて、一石二鳥!と慎と合コンに行くことになるのです

慎の方は、渋谷に力いっぱい「俺たち親友だろ!」と言われ浮かない顔

そして・・・

合コンで慎が女の子にむっちゃもてることが判明

モテている慎を見て、安心すると共にもやっとした気持ちが広がる渋谷

渋谷の部屋でついついエロ展開に!

合コンで親しくなった女の子と番号を交換できた渋谷

だけど、そんなことより、慎が誰かと連絡交換したかの方が気になって仕方ない

彼女ができたら、自分とエチしたようにエチするのかな?と想像していたら、自然の自分の下半身に手が伸びて・・・

しかし!

そこに慎が渋谷の部屋へと入ってくる

正気に戻る渋谷

「俺、今!こいつで抜こうとしてた!!!」とガクガク震える渋谷

そんな渋谷の気持ちなど知らない慎は、合コンで知り合った女の子とつきあうの?と聞いてくる

渋谷は「まあ・・・ちょっとやりとりしていかないと・・・」と返事をする

渋谷の返事に気がない表情で「ふーん」と答える慎

渋谷も「慎こそどうなんだよ?」と聞く

慎は「いないよ」と答える

慎のその返事にほっとする渋谷

つい、口から「じゃあさ・・・彼女できるまで、また抜きあいっこする?」と言っちゃう

自分で言った言葉に「わーーーー!!!」ってなっちゃう渋谷

慎は「声抑えられる?」と渋谷に近づいてきて・・・

ここからエロターンに突入です

前回、尻の痛みがすごかったことから、「挿入まではしない」と思っている渋谷だけど、慎から「挿れたい」ってお願いされるとキュンってきて断れない

体は苦しいのに、慎に求められていると思ったら、体中のいろんなところがキュンキュンしちゃうのです

最後のコマは階下にいる親からの呼声

渋谷が真っ赤になって「わーーー!!!」となっているとこで次回に続くです

慎がほんと無表情でなにを考えているかわからないんですけど、その中でも、渋谷の一言に機嫌が悪くなったり、うれしくなったりしている部分がよかったです

渋谷の方は相変わらずから回っていて面白いです!

体を重ねちゃったことで、慎のことを意識し始めているのがよかったです

次回の展開も楽しみです

「寡黙な親友がただのムッツリでした」第4話

次回の配信日は未定です

配信され次第、こちらの追記していきます