S井ミツル

S井ミツル「めぐみとつぐみ 3巻」ネタバレ感想

IMG

NEW16話を追記・更新しました(11/24)

こんにちは!海ホタルです

「めぐみとつぐみ」!!

いよいよ!!3巻収録予定の連載がスタートしました!!

いや~・・・

あの衝撃の出会いから、ついに、おつきあいにたどり着いたふたりのその後が楽しみで仕方ありません!

では!連載を追いかけてみましょう!

こちらの記事は配信されると最新話を追記していきます


この記事にはネタバレ及びオチが含まれています。閲覧の際にはご注意ください

「めぐみとつぐみ」はこういうお話です

  • オメガバース
  • 高校生
  • ヤンキー受け

従来の「オメガバース」とは、こうあるべきセオリーを斜め上からぶった切った話題作!

海ホタル
海ホタル
笑えるオメガバースを求めているなら、とりあえず読んどけ!

主人公は、「ヒートは気合でなんとかするぜ!」という破天荒なオメガのつぐみと、お金持ちの家に生まれて反発心でちょっとぐれてるけど、基本、真面目なアルファの恵

恵は、ハチャメチャなヤンキーのつぐみに振り回され、いつしか、目が離せなくなる!

つぐみに恋をした恵!!

けど、相手は、動物のごとく直感で生きる男のつぐみで~!!

恵は、おつきあいするまで、すっごい苦労するんですね~・・・しみじみ・・・

2巻でようやく「おつきあい」ができることになったふたりですが!

このふたりにトラブルが起こらないわけない!ということで!!

期待の3巻です

1巻の試し読みはこちらから

コミックのレビューはこちらから!!

2巻の試し読みはこちらから

コミックのレビューはこちらから!!

「めぐみとつぐみ」第12話

「Qpa vol.101~キュン」にて掲載。
Qpa vol.101〜キュン

Qpa vol.101〜キュン

なんやかんやとラブラブなふたり

つぐみと両思いになってから、1週間!

見たいテレビがあると恵の家にやってくるつぐみ

恵は、自分の横でテレビをみてるつぐみをチラチラ見ながら「これは、お家デートなんだよな!今度こそ、浮かれていいんだよ!」とドキドキしてる

しかーーーーし!!!

テレビを熱心に見るつぐみは!!!

3時間無言!!!

つぐみが、期待どおりの展開が起こらないとがっかりした時

つぐみが恵の肩を借りるように頭を傾けてきて!!

いきなりのつぐみのデレに恵はドキドキする!

ここで、空いてる手でつぐみをなでなでしたら・・・?

いつものごとく、「触んな!」と拒否される?と思いながらも、思い切って、つぐみの頭を撫でてみる恵

そしたら!

つぐみは恵にされるがまま!怒らない!!

「この感じならいけるんじゃね?」と思って、エッチなことをしようと誘ってみる

とたんに、バッと殺気立つつぐみ

「キモイこと言ってんじゃねーーーー」と怒るつぐみだけど

恵は負けじと、チュッチュしだす

抵抗するつぐみだけど、恵も「負けねえ!」となにがなんでもいい雰囲気に持って行こうとがんばる!

つぐみは抵抗するものの、以前のような頑固さがなく、そのまま、恵を受け入れちゃう!

事後・・・

念のため「嫌だった?」と聞く恵

本気で嫌だったら、てめえの首を絞め殺してる!と答えるつぐみ

つぐみの答えに「嫌じゃないんだ~」とうれしくなる恵

海ホタル
海ホタル
いや~・・・なんやかんや言って、ちゃんと、ラブラブだわ~

そんな恵につぐみが「でも、番になっても、なにも変わらないな」と言って!

それを聞いて「は?」となる恵

ここで、恵は、つぐみが「番になった」と勘違いしていることを知る

親には報告した方がいい・・・と言われて

恵は、つぐみの両親の元へ行き、平謝りしてる

つぐみの両親は、「番になった」とつぐみから報告を受けていたが、一向にあいさつにこない恵にイライラしていたみたいで、むっちゃ怒ってる!

つぐみは、まだ番関係ではないけど、ゆくゆくは、番になりたいと思っています。とあいさつします

つぐみの親の春告(はるつぐ)は「まだ高校生なのに!」と大反対!

その横で「今すぐなればいーじゃん」と言う呑気なつぐみ

「生涯のパートナーを簡単に決めちゃダメ!」と大反対の春告

くろじは、つぐみと恵の仲を賛成してる

そして、くろじが、改めて、恵の両親にあいさつに行きたいというのです

けど、恵は、暗い顔をして、父親は、オメガに対して差別的思考を持っているから、父親には話していないことを話す

くろじは、恵の気持ちはわかるけど、だからといって、親を無視して、番を作るのはどうだろう?と言う

「一回、腹を割って話しみて・・・それでだめなら、俺と春告が話に行くから」と言うのです

恵は、つぐみの両親に認めてもらうために、父親と話し合うことにする

新キャラ登場!

後日・・・・

学校の購買にいるつぐみ

ほしかったパンが売り切れてて、むっちゃキレてる

購買からの帰り、廊下で、ヤンキーに絡まれてる男子生徒がいるけど

パンが買えずにイライラしてたつぐみは、ヤンキーに「道ふさぐな」と絡みだし!

絡まれてた男子生徒にも、持ってるパンを寄こせ!と八つ当たりする

周りの友達が「やめろ!」と止めに入って、大騒ぎ状態!

その様子をじっとみてる絡まれてた男子生徒

恵とつぐみのエロシーンがよかったです~!

おしりをぐっと持ち上げる体勢!いいですよね~!うふふ!!

いい感じにラブラブになってきたふたりですが

最後に新キャラが登場するのが気になります

黒髪のメガネキャラくんなのですが・・・

今後、ふたりにどう絡んでくるのかな?

「めぐみとつぐみ」第13話

「Qpa vol.103~キュン」にて掲載。
Qpa vol.103〜キュン

理事長の態度にイライラする恵

父親である理事のもとに行く恵

つぐみのことを認めてもらおうと「話がしたい」と切り出すが

恵の父である理事長は、「あんなオメガとは関わるな」と聞く耳を持たない

理事長の頑なな態度にイライラする恵

靴箱を叩いてイライラをぶつける

それを見ていたスバルが「何荒れているんだよ」と声をかけてくる

恵はスバルに押し倒されそうになった一件からスバルに対して警戒心が生まれて以前のように話しをすることができない

そんな恵を見たスバルは、「諦めない」って言ったけど、「山田(つぐみ)との仲を引き裂く気はないぞ」と言う

だから、前みたいに話をしたいし、悩んでるなら聞く。と言ってくれる

去っていくスバルの背中を見て、まいった・・・って感じの恵

新キャラが再び登場!

一方、つぐみの方は、期末テストが終わって浮かれて鉄パイプを教室で振り回してる

教室の窓に鉄パイプが当たり、ガラスが割れ、怒った先生に追いかけられることになるつぐみ

つぐみが逃げた場所には、前回、ヤンキーに絡まれていた男子生徒がいて・・・

つぐみを追いかけてきた先生に「ここに男子生徒はこなかったか!?」と聞かれた男の子は、つぐみが逃げ込んだ先とは別の方向を先生に教える

先生が去った後に、ひょこっと出てきて「サンキュー」とお礼を言うつぐみ

男子生徒は「君はいつも騒がしいんだな」と呆れてる

そして「君・・・オメガだよな・・・山田つぐみって有名だよ。目立つのって嫌じゃないのか?」と聞いてくる

「オメガは弱い立場だろ」という男子生徒

つぐみは「あ?!」って態度で「俺は俺が何であろうと、強ぇったら強ぇ」と言いきる

その堂々としたつぐみの態度に男子生徒は、ハッて顔になる

「俺の番」と紹介されて浮かれる恵

学校の門のところに恵と合流するつぐみ

そこに、さっきの男子生徒がつぐみを追いかけてきて

「俺は特進2年の坂下伊波・・・さっきの山田、かっこいいと思った!俺も、山田みたいに強くなりたい!仲良くなりたい」とつぐみに言う

目の前でそれを見ていた恵は「は!?」と怖い顔

横から、つぐみに「知り合いか?」と聞く

伊波も恵を見て「誰だ」と言い返す

伊波に「知り合いか?」と尋ねられたつぐみは「こいつは俺の番だ」と答える

つぐみに「番」と紹介された恵のテンションはあがる

海ホタル
海ホタル
恵の周りに「俺の番」ハートマークが飛び交う~!笑!

そして、伊波に「俺の弟子になりたいのか?」と聞くつぐみ

つぐみの言葉に微妙な空気が流れる・・・

少し間を開けて「そんな感じかな」と答える伊波

ギュッとしてほしい!

シーンは、カラオケに来ているつぐみと恵

伊波の登場にイライラしてる恵

つぐみに「あんまり、奴に近づくなよ!」と言うけど、つぐみは「?」って感じ!

「それより・・・」と、つぐみは恵が元気がないことを心配する

恵は、父親につぐみのことを話そうとしたけど上手くいかなかった・・・と話す

恵は「だから今、すげー嫌な気持ちでさ・・・だから、ギュってしてほしいな・・・」とつぐみに言う

つぐみは「ギュッ」って意味がよくわからない

そんなつぐみを見て、恵がつぐみのことをギュッとする

恵にぎゅっとされて「?」って感じのつぐみ

恵は、つぐみをぎゅっとしているだけで、心が落ち着くんだ・・・と言う

つぐみのちゅっとする恵

つぐみは、再び「?」

つぐみに「なんでだよ?」と聞かれた恵は「深い意味はない・・・好きになるって、とにかく相手に触れたいって思うもんなんだよ」と赤くなりながら説明する

だけど、つぐみはピンとこないみたい

そして、恵が「好きだぜ」ってもう一回キスをしようとしたら・・・

そこで、カラオケのスタッフが注文した料理を持ってきて!ってオチで~!

新キャラの名前がわかりました!

特進って・・・つぐみの通う学校に、特進クラスなんてあるんだ!って思った!

恵が自分のことを「九重学園の九重恵だ」と自己紹介したとき

「!」って反応を見せたので、もしかしたら、なにかあるのかもしれません

今回は、つぐみに「番だ」と紹介された恵のテンションの爆上げぶりがおもしろかったです

「めぐみとつぐみ」第14話

「Qpa vol.105~キュン」にて掲載。
Qpa vol.105〜キュン

つぐみについてきた伊波に恵はイライラ

夏休みに入ったつぐみたち

恵はつぐみと付き合うことになってからの初めての夏休みに夏らしいイベントを一緒に楽しみたいと胸を膨らませている

しかし、つぐみの方は、夏休みの補習に大きなためいきをついていた

終業式後、つぐみに声をかけてくる伊波

「夏休みだし、この後、ついていってもいい?」という伊波に

「弟子をとるつもりなはい!」というつぐみ

そしたら伊波が「山田(つぐみ)は最強で無敵って噂で聞いた」と言ってきて!

それを聞いたつぐみは、勝手に「子分になりたんだな!」と勘違いし、「じゃあ!ついてこいよ!」という

 

終業式後、恵とデートをする約束をしていたつぐみ

おのずと、伊波が二人の待ち合わせ場所についてくることになって!

つぐみとの待ち合わせ場所に現れた伊波を睨む恵

つぐみに「こいつには近寄るなって言ったよな!」というけれど

つぐみは「こいつ、子分になりたんだって!」と恵の言うことを聞かない

フードコートでご飯を食べる3人

つぐみを挟んで張り合うふたりだけど、つぐみはどこ吹く風状態で!

マイペースにふたりを置いて、水を取りに行っちゃう

伊波とふたりになった恵は「子分だ弟子だと言ってるけど、おまえはそういうつもりじゃねーんだろ!?」と聞く

伊波は「“俺はなんであろうと強い”と言った山田が眩しく見えたのは事実だよ」と答える

伊波の返事に「は?」となる恵

伊波は「だけど・・・九重(恵)が言うように、一目ぼれっていうやつなのかもな」という

恵は、顔に怒りマークを付け「俺たちは番だから、絡むだけ無駄だ」という

伊波は、席に戻ってきたつぐみに「本当に番なのか?」と聞く

つぐみは「違う」と答えて

伊波は、ふたりが「番関係」なのではなく「ただの恋人同士」だと強調する

恵は伊波の態度にイライラ!

そんなふたりを前にしてマイペースに、伊波はベータなのか?と聞くつぐみ

伊波は、自分は「ベータ」だと答えて!

ムラムラきてトイレでムフフ!

伊波は、先に帰り、つぐみと恵で買い物に行くんだけど、恵は、イライラしっぱなし

イライラする恵のことをきょとんとした顔で見るつぐみの鈍感さが一層イライラを募らせる

でも、こういう腹が立つ奴なんだ・・・とわかってても、つぐみが好きな恵

隣にいる恵の耳を触ると、つぐみが「何すんだよ!」と怒る

いたずら心が湧いてきた恵は、つぐみの腰を自分に引き寄せ、そのまま手をつぐみの胸あたりに持っていきサスサスする

そのまま背後からつぐみの耳をペロリ

つぐみは真っ赤になってハアハアになりながらも、恵を突き放す

そのつぐみの顔を見ていたら!恵はムラムラしてきて!

そのまま人気の少ないトイレへとつぐみを連れ込み、自分の硬くなった股間をつぐみの当てる

トイレの中で、盛るふたり!

トイレの外には伊波がいて!

トイレのエチシーンで、前だけの刺激じゃ足りず、自分で自分の後孔をいじりだすつぐみはなんともエロいいです!

そんなことされたら、前を触りっこするだけのつもりだった恵も、つぐみの後ろをいじりたくなるよね~(笑)

あと、伊波は、自称ベータだというけど、本当にベータなのかな?

気になります!

「めぐみとつぐみ」第15話

「Qpa vol.106~キュン」にて掲載。
Qpa vol.106〜キュン

Qpa vol.106〜キュン

伊波とは関わるな

改めてつぐみに「伊波とは関わるな」という恵

伊波から宣戦布告されたことを話すが、つぐみは「勘違いじゃねーの?」と真剣に取り合わない

さらに、俺が伊波より弱いと思うのか?とたくましい筋肉をみせてきて!

恵は、確かに、つぐみがベータである伊波に力で負けるとは思わないけれど・・・と思っている

そう思いつつも心配でたまらない恵!

大型プールに行く恵とつぐみ

それから数日後・・・

つぐみたち一家は、末っ子のすずめちゃんにせがまれて大型アトラクションプールへと遊びに行くことに!

恵も誘われて、みんなでウキウキとプールへ出かけます

行きの車の中で、つぐみのスマホに伊波から電話が入る

電話に出るつぐみを見て、気になって仕方ない恵

伊波からの電話は「プールのチケットが2枚手に入ったんだけど・・・」というもので!

つぐみは「俺たちも今からプールに行くんだ」と答える

伊波は、タイミングの悪さに困って、電話を切るが

電話を切った後、このままだと夏休み明けには忘れられてしまう!と思ってて・・・・

 

そして、プールではしゃぐつぐみたち

水着の女の子が目に入った恵は、そういや、俺って元々は女の方が好きだったんだよなー・・・と思い出す

でも、今は、隣にいるつぐみのことしか見えない

恵は「誘ってくれてありがとう」という

そしたら、つぐみがにっこり笑って「すげえ!楽しい!」と答えて!

つぐみの笑顔に「わ!笑った!!!」と大コーフンする恵

つぐみは、おれが笑ったらなんか文句あんのかーって怖い顔になる

恵は、見たことない顔するからびっくりしたんだよ・・・あ~もう~・・・ほんとすげえな・・・と真っ赤になって・・・「すき」って言うのです

すごくいいムードなのに・・・

つぐみは恵のことを冷たい目で見て~!

つぐみは、ここは笑顔で「俺も」っていう場面だぜ!と叫ぶ!!!

つぐみは、そんな恵に、このプールの名物のパフェをおごってやるという

80%offのクーポンがあるから更衣室に取りに行ってくるというつぐみ

恵は、つぐみにおごってもらえると思ってうれしくて足をバタバタさせている~

つぐみが更衣室に行くと・・・

そこには着替えている伊波がいる

伊波は、びっくりして脱ぎ始めていた服を再び着る

つぐみは、伊波がひとりで遊びに来たときいて「へー」って感じ

伊波は、水にぬれたつぐみの裸を見てドキドキして、思わず手を伸ばすんだけど、つぐみはその伊波の手をつかんで、伊波の背中へとグッと回す

腕をひねる形になって「いたたた!」となる伊波

つぐみは「あ・・・わりぃ」と謝る

伊波も「ごめん・・・」と言って、自分は他人と付き合うのが苦手で、どうも値踏みされているような気分になって、仲良くしたくてもどう接していいのかわからなくて、距離感がわからないんだ・・・という

つぐみは「ふーん」って言って、「よくわからないけど、間違ってもいいんじゃね?自分が間違いだと思わないなら、間違いじゃねえよ」と答える

つぐみの答えにドキッとなる伊波

「すごいな・・・」という伊波だけど、つぐみの様子がおかしいことに気づく

自分を抱きかかえるようにしプルプル震えだすつぐみ

伊波は、つぐみから甘い香りがして「なに・・・このフェロモン」という

伊波の言葉につぐみは「お前・・・アルファなのか・・・」と聞いて

つぐみと伊波が大変なことになっている最中!

恵はにこにことつぐみの帰りを待っている(笑)

恵・・・のんびりしている場合じゃねえっつーの!!!

伊波は、やっぱりアルファだったみたい

そういえば、恵とつぐみは「運命の番」じゃなかったような・・・

伊波が、つぐみの「運命の番」だと面白いのになーって思いつつ!

そしたら、話がややことしくなる?とも思いつつ・・・

次回の展開に期待です☆

「めぐみとつぐみ」第16話

「Qpa vol.108 キュン」にて掲載。
Qpa vol.108 キュン

伊波はアルファ!つぐみがピンチ!

「おまえ!アルファなのかよ!」と伊波に言うつぐみ

否定をしない伊波

つぐみは、「なんで嘘をついてんんだ・・・なんで、アルファがあんな底辺校に・・・」と聞く

伊波は、それより抑制剤を!と、つぐみに抑制剤を飲むように言うが

つぐみは「俺はそんなものは飲まない。恵にどうにかしてもらう」と言う

濃くなるつぐみのフェロモンに伊波はムラムラ!

その状態のまま外に出るのは危ないから、俺の持っている抑制剤を飲むようにいう伊波

揉めあい状態になり、一緒に倒れる

つぐみのことを押し倒す格好になった伊波

目の前にあるつぐみの無防備なうなじに引き寄せられ唇を押し当てる

驚いたつぐみは伊波から離れようとするが、発情した身体には力が入らない

このままうなじを噛まれんじゃないかとピンチとなるつぐみ

そこに現れるのがめぐみ

めぐみはつぐみに覆いかぶさっている伊波を思いきりなぐる

そして怖い顔で「なんで、おまえがここにいるんだよ」と威圧

伊波は、「誤解だ!事故でああなったんだ」と言う

めぐみは、「次に俺たちの前に現れたら殺す」と言って、つぐみを別室にあるシャワー個室へと連れていく

「俺たち番になります」宣言!

つぐみに「大丈夫か?」というめぐみ

つぐみがうなじを気にしているのに気づいて、慌てて、つぐみのうなじを見るめぐみ

つぐみのうなじにキスマークがついているのを見て、カッとなって立ち上がるめぐみ

つぐみは、かまれてないから大丈夫だ!と言って、伊波がアルファであることをめぐみに告げる

伊波の嘘に怒りで震えるめぐみ

つぐみは、そんなめぐみにヒートをおさめてほしいとエッチをおねだりする

めぐみは、つぐみのことを抱きながら、自分以外のだれかにつぐみのうなじを噛まれていたかもしれない可能性を考える

めぐみのことを大事にしたい・・・

番になるのは、もう少し大人になってから・・・

そういう考えが甘かったと反省しためぐみは、事後、つぐみに「番になる」ことを提案する

そして、つぐみの両親である春告とくろじに「番になります」宣言し!

番になります宣言をしためぐみとつぐみ

とにかく、つぐみはフラフラしていて危ないから!

後悔するまえに、番になっちゃったほうがいいよ!

しかし、めぐみにむちゃくちゃ反感を買った伊波だけど

どうも憎めないキャラなんだよね・・・

アルファなのに、どうして底辺校に通っているかも不思議だし・・・

そこら辺の事情が今後はっきりすることに期待!

「めぐみとつぐみ」第17話

読みましたらこちらに追記予定です