中川カネ子

ネタバレ感想「兄弟失格それ上等(愛)」中川カネ子

IMG

NEW 第4話を追記・更新しました(12/01)
大人気!中川カネ子先生の「兄弟失格それ上等」

2巻(増)につづいて、3巻となる(愛)の連載がイアハーツ2018年7月号よりスタートしています

こちらの記事は配信されると最新話を追記していきます

この記事にはネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

「「兄弟失格それ上等」あらすじ

  • 義兄弟ラブ
  • 大学生
  • エロエロ

兄弟失格それ上等

大好きだった女性が父親と再婚することになり失恋した風介

女の子大好き!気持ちいいこと大好き!!な風介は、失恋してやけ酒を飲んだ席の横に座っていた美人を誘ってホテルへといく

しかし、なんと、その美人は父親の再婚相手の息子の芹だった

気持ちよければ男でもOK!と自分が挿入するつもりが・・・

あれよあれよと快楽に流されて処女喪失しちゃう風介

一夜の過ちと思っていたら、両親が海外出張にいってしまったことで、ひとつ屋根の下で自分の処女を奪った相手と暮らすこととなって・・・

日夜、ぐいぐい口説いてくる芹に、すっかり、心は乙女のようにキュンキュンときめいちゃって芹を受け入れそうになる風介なんだけど、芹から「俺、風介のこと好きって言った?」と意地悪を言われて、どっちが先に「好き」というかの意地の張り合いがスタート!

つきあっていないのにエロいことをするふたりの関係性が楽しめる1巻なのです

兄弟失格それ上等(増)

ナンバリングがありませんが、実質上の2巻です

ひとつ屋根の下のセフレのような関係は続行中!どっちが先に「好き」というかの意地の張り合いが続く中、風介に高校時代からなついている男の子が近づいてくる。

嫉妬丸出しで、芹は風介に気をつけるように言うんだけど、風介は意地をはって、その男の子にホイホイついていっちゃうんです

しかし、一見、おとなしそうで無害に見えたこの男の子のバックについている先輩がちょっとやばかった!

危険なところを芹に助けられ、意地のはりあいをやめて、ようやく告白してくっつくふたりなのです

オススメポイント!

この作品の面白いところは・・・

女の子が大好きでヤリチンでマイペースに生きている風介が実は「面倒見のいいお兄ちゃん気質」

そして、嫉妬深くて意地悪で素直じゃない攻めの芹が、実は、甘えたさんという・・・

見た目や言動を裏切る二人が持つ本質部分が、喧嘩しながらも、根っこの部分では「お似合い」ってところにキュンってくるんですよね

あと、中川カネ子先生といえば、その大胆なエロ描写に定評のある先生で、リアル寄りの描写がすごく人気の先生です

大胆に体を重ねるふたりのエロ描写にも注目したい作品なんです

「兄弟失格それ上等(愛)」第1話(ネタバレ有)

「イアハーツ2018年7月号」にて掲載。ページ数は32P

幼い時に接点があった?芹と風介

冒頭は、幼い芹がまだ赤ん坊の四葉が泣きやまず困っているシーンからスタートです

なかなか泣き止まない四葉に、芹が泣き出しそうになってると、そこに同じく幼い子ども姿の風介が声をかけてくる

四葉を笑わす風介

名前も名乗らず立ち去っていく風介を「お兄ちゃんよりやさしい」と思う芹

どうも、この時が、本当の初対面のような芹と風介ですが・・・

これが、今後、ストーリーにどう生かされてくるのでしょうか?

新しい訪問者が芹と風介のおじゃま虫に!

場面は、大学生の芹と風介へと移ります

付き合い始めで、一番、ソワソワ!ドキドキする時期のようです

でも、このふたり、付き合う前から、やることはしっかりやっていますから、お家で、ちゅっちゅして、むふふと気分を盛り上げちゃっています

しかし!これからがいいところ!!という時に、再び芹の弟の四葉が登場!!

そして「僕!今日からココに住みます」宣言をするのです

実は芹は三人兄弟

上に兄。下に四葉がいますが、母親の再婚についてきたのは芹だけでした

なのに、四葉は、「さびしい」と母親に頼んで、この家へ移り住む了承を得たようです

「さびしい」ってうるうる泣くブラコンの四葉の姿に、お人好しの風介はほだされて、一緒に住んでいいっていうのですが、その後に風介に見せる四葉の悪い顔ったら!

確実に確信犯です!

夜、四葉がお風呂に入っている間に、さっきの続きをしようとイチャコラしだすふたり

「声がでないよう抑えると逆に盛り上がっちゃうね」といい雰囲気になったのに・・・

四葉の邪魔で再びエロ中断!

風介は勃ちあがったブツを見て「どうすんの?これ?」状態となっちゃいます

ようやくくっついて・・・ようやくイチャコララブラブできるふたりの元に現れた小姑・四葉!!

子供の姿をしてても、心は兄の芹を独り占めしたいおじゃま虫です

四葉は、悪気がないっていうのが憎めないキャラなんですよねー

しかし・・・

エレクトしたブツを放置された風介の気持ちを考えるとかなり気の毒です

新しいおじゃま虫の登場に、今後、どう展開していくのでしょうか?

「兄弟失格それ上等(愛)」第2話

イアハーツ2018年9月号に掲載。ページ数は32P

四葉と風介にやきもちを焼く芹

風介の皿に嫌いな食べ物をどんどん入れていく四葉

風介はおおらかな性格なので、気にせずどんどん食べていく

しかし、四葉が、風介のことを「残飯係」と言い、風介に「おらおら」文句を言われている

でも四葉も「ギャーギャー」言い返しています

そんなふたりの様子を面白くなく見ているのが、風介ラブの芹

相手は、10歳の子供だと、一生懸命、嫉妬心を抑え込んでいます

新キャラの登場!キラキラしたこの男の正体は!?

四葉と風介が一緒に留守番をしていると、訪ねてくる男がいる

キラキラしたビジュアルの男に、目がつぶれそうになる風介

その男性に「梅兄!」と抱きつく四葉

どうも、このキラキラした美形男性は、芹と四葉の兄のようです

芹に用事があって風介の家にやってきたようですが、芹が留守と聞いて、そのまま帰ってしまいます

親の会社を継がない芹?芹にいきなり抱きつく男!

そして、夜中に帰ってきた芹

進路のことでOBや先生に会っていたという芹に、「親の会社にはいらねーの?」と聞く風介

にっこり笑う芹に、風介は、母親側についてきた分、複雑な事情があるのかな?と思います

そして・・・・

エロ展開になるのですが、今度はインターホンの連打の音に邪魔をされます

イライラしながら勢いよく玄関扉をあける風介

そこに立っていたのは先日現れた芹兄の「梅」

梅は風介の後ろに立っている芹の姿を見ると、わなわなと震えだし、「うわぁぁぁぁーーーーん」と芹に抱きつくのです

状況についていけない風介のマヌケヅラが最後のコマとなっています(←笑)

実は・・・エロに突入するぞ!!って展開が2回も投下されています!

しかし!2回とも、エロにいきつけません!!!笑!!!

風介の「付き合う前のほうがヤッていたよな俺ら」という凶悪な顔が笑えます

第2話の見どころは風介の顔の100面相ですね!

主に・・・怒ってるか、泣いているか、拗ねているか・・・なんですけど!

コミカルなギャグ顔が必見です

第2話で登場した芹兄の今後の動向も気になります

「兄弟失格それ上等(愛)」第3話(ネタバレ有)

イアハーツ2018年11月号に掲載です。

ダメダメ梅の姿に驚く風介

芹の実の兄「梅」がしくしく泣いて癇癪を起こしている

「こ・・・こんな、お兄ちゃんにトップなんて務まるわけっ・・・無理なのに~!速攻で会社潰しちゃうもん!!!」

その梅のダメダメぶりに第一印象のイケメン兄の姿は外面だったことに気づく風介

グズグズ泣く兄をイライラしながら戒める芹

えーーーん。えーーーーん。って泣く梅が、ようやく、後ろに立っている風介に気づく

だが、すでにイケメンを装う気はないみたい

グズグズ泣く兄に「それで、用件は何?」と呆れながら言う芹

すると、梅は「芹くんに次期社長の座を引き受けて欲しいの!!」と絶叫する

まさかの話しに風介は脱力しながら「え?芹、社長になんの?」と聞く

兄のたわごとに呆れている芹

「風介にその姿を見られてもいいの?」って聞くのですが、もう、梅も開き直っちゃって、「芹くんの兄なら、俺のお兄ちゃんでもあるでしょ!」とすごいことを言い出す

それには芹もキレて、「風介は俺だけのお兄ちゃんなんだよ」と叫ぶ

止まらない兄弟げんかに呆れる風介

しかし、そこに、さらに四葉が帰ってきて・・・

梅は、ダメダメモードからいきなりキラキライケメン兄キャラに変身!

キラキラ効果音を背負い四葉と会話をするのです

風介は、梅のその二面性にプルプルプル・・・・

頼りの芹も、風介には見向きもせずに四葉と梅の相手をしている

「なれるなら社長やってみれば?」風介の言葉に力をもらう芹

深夜・・・

川の字になって眠る四葉・芹・梅

その姿をふすまの隙間からのぞく風介

別に、あの川の字に入りたいわけではない・・・

しかしあからさまな仲間はずれはさびしい!!

それに芹からの説明がなにひとつない!!!

さびしくひとりキッチンで水を飲む風介

すると、そこに芹がやってくる

二人が眠るのを待っていたという芹

芹も風介不足だったみたいで、そっこー、風介を抱っこして座る

風介は芹から梅の話をききます

梅にとっての逃げ場所は昔から芹だけだったようで・・・

梅の依存が強くなり、芹は、茉莉花(芹・母)が再婚するときに茉莉花と一緒に生まれ育った家を出たんですね

かなり参っている芹の様子に、風介は、さらりと「社長になれんなら、なってみてもいーんじゃないの?」という

「社長、かっこいいじゃん」

「悩む必要なくね?」

風介のその言葉に笑い出す芹

「ほんとそーだね」といいます

風介の言葉で芹はふっきれたみたい・・・

ここからがエロターンに突入です

ずっと、邪魔者が入ってなかなか結合できずにいたふたりですが、キッチンのテーブルで交わり合っちゃう

「声、気をつけてね」と言いながら好き放題の芹

そして・・・ラストは・・・

風介に出版社から電話が入り・・・・芹には、お見合い話が浮上するのです

いやー・・・梅・・・ほんま駄目っ子だ!!

これが兄というのは、芹も大変そうです

第3話は結合シーンがありです

相変わらずリアルチンコ描く先生ですよねー!

何度見ても、凝視しちゃうわー!笑!

すでにカップルであるふたりの甘えろを楽しめます

「兄弟失格それ上等(愛)」第4話(ネタバレ有)

イアハーツ2019年1月号に掲載です。34Pです

風介が書いた小説が書籍化?

風介のもとへとやってきた冴えないふたりが登場!

コーフンして「出版社から連絡がきた」というけど、風介にはなにがなんだかわからない

この冴えない二人は風介の漫研友達

風介は恋愛小説を書いていたみたいで、その小説をこのふたりが、投稿サイトに公開し、風介が知らない間に、女子高生の間で話題になっていたそうで・・・

なんと!出版社から書籍化の話がきたそうで!!

他人事のように聞いていた風介も、「書籍化」の言葉にようやく事態が飲み込め大声で驚く

出版社にはなんて返信するか聞かれるが、風介は、あまり欲がないみたい

「俺、これからデートで忙しい」とふたりに任せると言って去っていくのです

一方芹は、父親に会っているが・・・

芹との待ち合わせ場所にきた風介

けれど、いつも先に待っている芹の姿はそこになく・・・

その時、芹は、会社を継ぐことを父に報告し、ソッコー、お見合い話を進められていました

芹は「見合いする気はない」と断固拒否ですが・・・・

この父・・・かなり強引な人みたいで・・・

「見合いは決定事項」と芹に言い渡すのです

まさか芹がそんな目にあっているとはつゆ知らず・・・

待ち合わせをすっぽかされ家へと帰ってきた風介

芹とデートしたかった!じれてじれてのエロ展開期待してたのに!!と芹のベッドの上で怒りで暴れてる

そして、ベッドに染み付いている、芹の匂いに気づき、コーフンしだす風介

そのままソロプレイをしだしちゃいますが、久しぶりのソロプレイは、芹に開発された体には物足りなくて・・・

自分で自分の後穴を慰めるんですが、芹の不在を実感するばかり・・・

芹の見合いを邪魔しに行く風介

翌日になっても帰ってこない芹

四葉の元へと向かうと、四葉は超不機嫌で風介にいらいらをぶつけてきます

風介は、なにかあったのか?ってなる

すると、四葉から、「芹がお見合いする」という言葉が!

しかも!今日!!!

それを聞いた風介は怒り心頭の嫉妬の顔!!

見合いを邪魔してやる!と四葉を連れて、芹が見合いをしているホテルへと向かう

ホテルのロビーでは、梅兄も心配してウロウロしている

心配するだけで行動にでない梅の姿にこれまたキレる風介

梅兄と四葉をひきつれて、芹のお見合いしている部屋を勢いよく開けます

すると、そこには芹にお似合いの美人さんがいて・・・・

いやいや・・

芹・父・・・・

すごい強引な人ですよ

芹の話をなにひとつ聞かず、にこにこしながら話を進めてる!

昨日の今日で見合いをセッティングって段取りよすぎでしょ!!笑!!

風介も出版社からの書籍化の話を人任せにしちゃったけど・・・

これ、後でどこかでつながってくるんでしょうか?

風介はほんと欲がないですよね?

しかし・・・いつの間に、恋愛小説など書いていたんでしょう?

自分の乙女心の昇華させていたんですかね?笑!

次回の展開に期待したいと思います

「兄弟失格それ上等(愛)」第5話

第4話は、11月30日発売の「イアハーツ 1月号」にて掲載予定となっています

読み次第こちらにアップさせていただきます

おすすめ!「中川カネ子」作品