中川カネ子

「自惚れミイラとり」第6話~ 中川カネ子 ネタバレ感想

IMG

こんにちは!海ホタルです

シーモア電子コミック大賞2022にてランクインした大人気BL「自惚れミイラとり」

ふたりがくっついた第5話で完結したと思っていたら・・・

続いています!

残念イケメンとフェミニン男子の恋を描いたコミカルBL!

主人公の心の中のツッコミがすごく楽しい作品です!

連載を追いかけてみたいと思います

この記事にはネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

こちらの記事は配信されると最新話を追記していきます

「自惚れミイラとり」第6話(ネタバレ有)

look!
自惚れミイラとり 6

自惚れミイラとり 6

「自惚れミイラとり」第6話

自分よりモテる容姿端麗の美少年、そんな勇生が忠犬のように自分だけを慕い、熱い眼差しを向けてくる…、こんな気持ちのイイことはない!! この10年間、勇生からの好意に慢心していたハルだけど――。

シーモア

Renta!

勇生を狙う新キャラが登場!?焦る陽久!

女相手のエッチには自信があった陽久

だけど、大本命の勇生とつきあえることになって、改めて、本当に勇生のことを気持ちよくさせられているのか自信がなくなる

なぜ・・・ここまで不安になったかというと・・・

それは、勇生が新人の教育係になったからだ!

新人の名前は雨宮笑斗(あまみや えみと)

教育係となった勇生は、雨宮につきっきりになる!

飲みの席でも、勇生と陽久の間に座る雨宮・・・

勇生の優しさを一身に受ける雨宮が邪魔で邪魔で仕方ない陽久!

僕、恋人がいるから・・・

「雨宮には気をつけろ」と勇生に忠告するが、天然な勇生は「なにいってるんですか?男同士ですよ」と笑って相手にしない

海ホタル
海ホタル
のんきな勇生に、必死に忠告をする陽久がかっこ悪すぎて面白すぎる!

 

陽久から忠告を受けた後、勇生は、倉庫で雨宮とふたりきりになる

そして、やたらと雨宮の距離が近いことに気づく

気のせいかな?と思う勇生だけど・・・

高い棚に置いてある箱を取ろうとした時、箱が落ちてきそうになり、雨宮に助けてもらう

雨宮との距離がグッと縮まる

雨宮は勇生の唇をやさしく指でタッチしてきて・・・

怖くなって、思わず、「僕、恋人がいるから・・・」と言っちゃう勇生

 

すると、雨宮は笑いだして!

「相手は、北園(陽久)さんだろ。」と、勇生のことを見下す表情になる

え?なんで知ってるの?とキョトンとした顔になる勇生

雨宮は、「その顔やめてもらえます?腹立つんで!」といじわるな顔に!

雨宮は、勇生みたいなかわいいだけのやつはタイプじゃない。オレの狙いは、北園(陽久)さんです。と言うのです

勇生がほかの男に取られたくないと、自分のテクでメロメロにしたい陽久

ネットの情報だけでは足りないと「肛門疾患マニュアル」なる専門書を読んでいます!

相変わらずの残念さ・・・

努力の右斜め上方向!

新キャラの雨宮は、けっこう腹黒系・・・

そもそも北園に近づくために勇生のことを利用する気だったみたい

新キャラの登場で、どうなるのか?楽しみです

「自惚れミイラとり」第7話(ネタバレ有)

look!
自惚れミイラとり 7

自惚れミイラとり 7

「自惚れミイラとり」第7話

自分よりモテる容姿端麗の美少年、そんな勇生が忠犬のように自分だけを慕い、熱い眼差しを向けてくる…、こんな気持ちのイイことはない!! この10年間、勇生からの好意に慢心していたハルだけど――。

シーモア

Renta!

雨宮にとっての陽久とは・・・

陽久がどんなに完璧な男なのか!

全身で熱く語りだす雨宮

海ホタル
海ホタル
雨宮から見たら、陽久は、完璧な外見を持った正統派イケメン!なのにキザじゃないおちゃめな一面を併せ持つ中毒性を持つパーフェクトな男性らしい

え・・・あの残念イケメンが?と笑ってしまう

雨宮の熱い陽久語りを聞いた勇生は「わかる」と同意する

どんなに陽久がかっこいいか!勇生も語りだす

陽久のかっこよさを語るふたりは一瞬だけ意気投合!

しかし、我にかえった雨宮が「あほんだらー---」と激高し「俺はおまえのライバルやっちゅーねん」と叫ぶ

 

そして、陽久とずっと一緒にいる勇生のことをストーカー呼ばわり

さらに、陽久を落とす宣言!

ニヤニヤしながら陽久を縛って抱く妄想を語る

海ホタル
海ホタル
勇生は、変な妄想ではる先輩を汚さないでー!と大騒ぎ!

最後に、ピンクのカーディガンを羽織る勇生のことを「女のそれより痛い」とディスって倉庫を出ていく雨宮

雨宮の本当の顔を見た勇生は、陽久のいうとおり危険な人だった~!と震えてる・・・

僕が先輩を守る!

その日、陽久と飲みに行く勇生

元気がない勇生を心配する陽久

やさしい陽久の姿に感動しうるうるする勇生

そして、「僕だってカレシなんだから!はる先輩のことを僕が守る!」と決意!!

 

翌日、黒のカーディガンを着ていく勇生

それを見た雨宮が「単純すぎへん?」と呆れるが、勇生は「これは敵対表明だから」と答える

心の中では、臨戦態勢のふたり・・・でも、顔は笑顔!

 

一緒にエレベーターに乗る雨宮と勇生

勇生は、「僕たちはバカップルだから、雨宮くんが入る隙なんかないよ」と言う

そしたら、雨宮は「彼氏の目の前で寝取るのが大好きだから、別に、北園(陽久)さんとつきあえなくてもいいねん」と答える

勇生は、なにそれ?と怒るけど、そんな勇生の肩に腕を回して、「正々堂々頑張ろうな」という雨宮

 

その時、エレベーターが開く

そこには陽久が立っていた

くっついている勇生と雨宮を見て、カッとなった陽久が雨宮の胸倉をつかむ

騒ぎになると、「僕は大丈夫なんで!」といって陽久を止める勇生

雨宮にも「ほら!謝って」といい、雨宮に頭を下げさす

一緒に頭を下げる勇生

その時、頭を下げた雨宮が舌舐めずりしている顔が見えて、その表情にゾッとなる

陽久は、「雨宮に困っているなら、俺がなんとかしてやろうか?」という

しかし、雨宮の危険さから陽久のことを遠ざけようと、勇生は「自分で対処できるので大丈夫です」とはっきりと答える

雨宮のイメージ画像で、久しぶりのイケメン陽久を見ました・・・

そうそう・・・陽久は仕事ができるイケメンって設定だったわと思い出しましたよ(笑)

 

そして、雨宮のイメージ画像で、縛られてお尻丸出し状態になっている陽久

あ・・・そっち・・・そっちでイメージしていますか!と笑っちゃいました

 

このイメージ画像を叩きながら「やめてー!」と叫ぶ勇生がかわいすぎです

 

最後は、勇生に「自分で対処できます」と言われた陽久はちょっと傷ついているっぽいかも・・・

どうなっちゃうんでしょう?

「自惚れミイラとり」第8話(ネタバレ有)

look!
自惚れミイラとり 8

自惚れミイラとり 8

「自惚れミイラとり」第8話

自分よりモテる容姿端麗の美少年、そんな勇生が忠犬のように自分だけを慕い、熱い眼差しを向けてくる…、こんな気持ちのイイことはない!! この10年間、勇生からの好意に慢心していたハルだけど――。

シーモア

Renta!

勇生が上に乗って・・・

勇生に「自分で対処できるんで」と言われた陽久はショックすぎて廃人のように真っ白に・・・

だけど、退社しようと歩いているときに勇生がかわいい顔で「一緒に帰りましょう」と話しかけてきて!

一気に血色のいいバラ色の表情になる陽久

 

その日のふたりのエチは、勇生が騎乗位をし、はげしく腰を上下をする

あまりに気持ちよさに陽久も「あ・・・」とエッチな声が出てしまう

そんな陽久を見て「かわいい~」と思った勇生は、陽久の乳首をペロリ

陽久は「いったん、勘弁して・・・」と言うが、その陽久の表情に勇生の気持ちがぎゅぅぅぅん!と上がって、一層、腰を振るのです!

気持ちいい陽久

でも、勇生のアレが固くなっていないことに気づく

「おまえの勃ってないんだけど・・・」という陽久に、勇生は「中が気持ちいいから、勃ってなくても関係ないんです」と答える

陽久は、勇生の答えに納得ができていない

しばらくお昼は別々にしましょう!

翌日、勇生のことをお昼に誘いにやってくる陽久

雨宮は陽久の肩に腕を回し「行きましょう」と言う

勇生は、陽久から雨宮を離そうと必死!

とにかく、先輩から雨宮を遠ざけないと!と、陽久に、「しばらくお昼は別々にしましょう」と言うのです

 

陽久はショックで再び真っ白になる

雨宮にまとわりつかれて困っているゆえの勇生の判断だと我慢する決意をする陽久

会社では一緒にいられないが、家ではラブラブなんだから!と言い聞かせる

 

でも、家でのエッチ中に勇生のアレが勃たないことが気になって仕方ない

自分たちは、もっと会話をするべきじゃないのか?と考え始める

雨宮に直接聞こう

一方、勇生は、会社でも、雨宮の件をどうすべきか悩んでて・・・

喫煙室で悩む勇生に「北園さんに泣きついたらいいのに」と声をかけてくる雨宮

もめるふたり

そこに陽久が登場し、勇生から雨宮を引き離す

 

仮眠室に勇生を連れていく陽久

ちゃんと勇生と話をしなければ・・・と思った陽久は、会話の糸口を見つけようと「最近、ピンクを着ないんだな」と言う

「ブリブリして見えても困るんで」という勇生

陽久は「似合ってるしかわいいよ」と言う

すると「そんな風にいうのは、はる先輩が僕のカレシだからです!」と怒って布団に潜り込む勇生

泣く勇生を見た陽久は、雨宮に直接なにがあったのか聞くことを決意する

 

雨宮を会議室に呼び出した陽久

「おまえ、俺にいうことがあるだろ」と怖い顔の陽久を見て笑う雨宮

自分が勇生に気のあるフリをしているのは、あんたがおこるからです。と悪い顔をする

雨宮の悪い顔が、ほんと、粘着質な蛇のようで気持ち悪いです

いやー・・・こういう気持ち悪さ・・・さすが中川カネ子先生だわーって思っちゃいます

今回、騎乗位をする勇生と、されるがままになっている陽久を見て・・・

あれ?陽久は受けもできそうだなって思いました

素質がありそう!

もしかしてリバ展開がくるのかな?

想像の斜め上をいく中川カネ子先生ですから、3Pという可能性も?!

どういう展開になるのか?

次回に期待したいです

「自惚れミイラとり」第9話(ネタバレ有)

読みましたらこちらの追記予定です