クギ

「キリング・ストーキング」第4巻 ネタバレ感想

IMG

「キリング・ストーキング」の4巻の紹介記事です

4巻は、ほんと、緊迫シーンが続きます

はい・・・わたしの文章力では、この緊迫感を伝えることはかなり難しいです

海ホタル
海ホタル
紹介を見て、「面白そう!」と思ったら、ぜひ!ポチしていただければ!と思います!!
IMG
「キリング・ストーキング」第1巻 ネタバレ感想話題の韓国発の注目BLコミック!『キリング・ストーキング』1巻の感想記事。ネタバレ有...
IMG
「キリング・ストーキング」第2巻 ネタバレ感想話題の韓国発の注目BLコミック!『キリング・ストーキング』2巻の感想記事。ネタバレ有...
IMG
「キリング・ストーキング」第3巻 ネタバレ感想話題の韓国発の注目BLコミック!『キリング・ストーキング』3巻の感想記事。ネタバレ有...

こちらの記事にはネタバレがあります。ネタバレNGの方は閲覧にご注意をお願いします

「キリング・ストーキング」第4巻(ネタバレ有)

look!
キリング・ストーキング4巻

―決して届けられないこの切ない想いは、やがてストーキングという歪な形に変わってしまった。【全117ページ】

Renta!

ウジンに罪悪感を植え付けるのに成功したサンウ

ウジンの前に、おっさんは「助かった!帰れる!」と喜びで泣いてる

真っ青のウジン

サンウは、うれしそうに拍手をして、おっさんに、ウジンを始末したら帰すよ。という

おっさんは、そんなことできるわけない!と青くなるけど、サンウは、簡単だ。と答える

おっさんは、グズグズ泣きながら、一人じゃできない。と言う

サンウは、手伝ってあげると答える

ウジンが抵抗できないよう、ウジンの両手を背中に回し、テープでぐるぐる巻きにするサンウ

ウジンは、死ぬ恐怖で泣いてる

そして、サンウは、おっさんの両手に巻いているテープを切り、包丁をオッサンの手に持たせる

おっさんは恐怖でガタガタ震えている

サンウは「おうちに帰れるのにうれしくないの?」と聞いて、ウジンを刺すように言うのです

おっさんは、「できない・・・」と言う

サンウは、目隠しをしたらできるよ。と、おっさんの目を布で隠す

そして、「汗がすごいね・・・」と言って、おっさんの包丁を持っている手を拭いてあげ、もう一度包丁を握らせる

そして、包丁を持っている手をテープで固定する

おっさんを壁際に移動させ、ウジンの方から刺されるようにしよう。というサンウ

おっさんは、そこで包丁を持ったままでいいから・・・と声をかけるのです

そして、サンウは、横になっているウジンを抱きかかえる

錯乱して「いやだ!怖い!」と叫ぶウジン

そのウジンに「前を見ろ」というサンウ

ウジンの顔をおっさんにグッと向ける

目を開けたウジンが見たのは、おっさんが刃物をおっさん自身に向けて立っている姿で・・・

そして、サンウは、ウジンの体をおっさんに押し付ける

おっさんは自分で刃物を刺す形になり、ウジンの顔に、おっさんの吐いた血が飛ぶ

恐怖で目を見張るウジン

サンウは「初めて人を殺してみた感想はどうだ?」とウジンに聞く

スンべが再登場!サンウのことを怪しく思い・・・

シーンは、1話で登場した警察官のスンべへ

スンべは縦社会の警察組織でかなり浮いた存在みたいで、先輩たちから理不尽な扱いを受けていた

イライラした感情を常に胸に抱えているスンべ

そんなある日、車で見回り中、もめている二人組を見つける

「どうしましたか?」と声をかけるスンべ

どうも車同士が接触したみたいで、おっさんは、ぶつけた方の若い男に「謝れ!」と激怒している

車をぶつけた若いメガネをかけた男は、「保険会社に任せます」と謝らない

若い男の憮然とした態度におっさんの怒りは爆発!

若い男の胸ぐらをつかむ!

止めるスンべ

スンべは、若い男に向かって「穏便に話をつけましょう」と言うが、若い男は、「被害者はこっちのほうです」と静かに怒っている

しかし、スンべが、「ふたりの車載カメラを回収する」というと、若い男は、おっさんをかばうような発言をし、「双方の過失ってことで保険会社に任せます」と態度を変える

若い男の態度を不審に思うスンべ

車載カメラを回収されるとまずいことがあるのか?と、車載カメラ―のデータを今すぐ渡すように若い男に言う

若い男は、渡すのが嫌だったみたいだけど、スンべは車載カメラ―のデータを回収し、若い男に免許書を見せるように言う

若い男の免許書をスマホで撮るスンべ

そして、署に戻って、怪しい画像がないかチェックをしだす

すると、その中に、雨の中でもめているふたりの男が映っている映像を見つける

ひとりの男が、ひとりの男を車のボンネットの上で殴っている

殴られた男を抱き上げ、去っていく男

スンべは驚いて、さっきの若い男の免許書を確認する

それは、サンウの免許書で、以前、パク刑事と喋っていた男だと気づく

けれど、あの時のサンウと今日のサンウは、風貌がまるで違った

どういうことだ・・・と不審に思うスンべは、それから、サンウの家に頻繁に見回りに行くようになる

サンウは、出かける時、中にいる誰かに声をかけるような素振りを見せている

家の中に誰かいるのか?と思うスンべ

そして、ある日、サンウが出かけた隙に、サンウの家の玄関扉の下にある小さい穴から中をのぞくスンべ

そこから、見える足

引きずられるように移動する足が異様に見えたスンべは、ドアをたたき「警察です」と叫ぶ

すると、スンべの後ろにはサンウが立っていて!

「警察がうちに何の用ですか」とスンべに聞くのです

いや・・・4巻も、ハラハラドキドキです・・・

ウジンとおっさんのシーンですが・・・

ここでサンウはウジンに対して、優しさをちらっと見せている

やはり、ウジンはサンウにとって特別な存在なんだと思います

で、おっさんをウジンに刺させたのは、ウジンを自分と同じ側に引きずり込んだら、自分の元から逃げなくなるだろうというサンウの計算なのかな?と思いました

おっさん・・・不憫・・・なんで、バーでサンウに声をかけちゃったの?

あと、スンべが見たのは、ウジンがサンウの家を逃げようとして雨の中で殴られた時の映像です

あれが、車載カメラに写っていたんですね

スンべは、警察内部にかなり抑圧をかかえているから、サンウ側についたりするんじゃないの?とハラハラです

海ホタル
海ホタル
紙書籍も売っています。電子版と同じ話数が入っているかどうかは不明です!
紙でほしい方はこちらをチェック!