みちのくアタミ

みちのくアタミ「アダムの助骨 2巻」ネタバレ感想

IMG

こんにちは!海ホタルです

こちらの記事では「アダムの肋骨 2巻」に収録されるであろう内容の連載を追いかけています

関連情報

こちらの記事は配信されると最新話を追記していきます

この記事にはネタバレ及びオチが含まれています。閲覧の際にはご注意ください

今までのあらすじが気になる方はこちらをチェック!
IMG
みちのくアタミ「アダムの助骨」ネタバレ感想みちのくアタミ先生が「イアハーツ」にて連載中の「アダムの助骨」のネタバレ感想記事です...

「アダムの助骨」第6話

イァハーツ2019年7月号にて掲載です

光太郎が悠真にちょっかいを出すと現れるレイ

カズハと一緒に光太郎の元へ行く悠真

光太郎にカズハに

「今までの生い立ちも含めて症状を話してほしい。」と聞く

カズハはネグレストだった母との幼少期の話を語る

つらい思い出を語るカズハの手に自分の手を添えて「大丈夫か?」と聞く悠真

同時に悠真は、当時のことを思い出す

カズハから離れた場所に引っ越すことになった悠真は

幼ないながらにカズハをひとりぼっちにしちゃだめだと思って、カズハの元へと戻らなきゃ!と迷子になったことがあったのだ

「なんで忘れてたんだろう・・・」と胸を痛める悠真

光太郎に「主人格は君?」と聞かれ

「はい」と答えるカズハ

その答えに悠真はショックを受ける

「カズハもレイも元は同じ人間なのに、なんでこんなに動揺してるんだ・・・」と思う悠真

さらに光太郎が「ここに来たってことは君はこの病気を治したいってことでいいかな?」と確認する

カズハは「治すというより・・・僕以外の人格が出ないようにできたらいいな・・・と・・・・」と答える

レイのことを考え動揺してしまう悠真

光太郎は、薬を処方してくれる

そして、「確認しておきたいことがある」と、いきなり悠真をひざに抱っこし、よしよししだし、ちゅぅぅぅぅってくちびるを突き出す

全力拒否する悠真

すると、レイの人格が出てきて「何やってんだよ!」と光太郎に抱っこされている悠真を自分の方へと引き寄せる

光太郎は「君がレイかな?」と確認する

カズハの中にいたレイは、今いる場所などがいまいちわかってないみたい

機嫌を悪くし、悠真の手をひっぱり部屋を出ていくのです

光太郎が「カギは悠真か・・・」とぼそりと言う

次から次へと出てくる人格に呆れるしかない悠真

寮に戻ったレイと悠真

レイは機嫌が悪いまま「この病気を治して、俺の人格を消したかった?」と聞くレイ

悠真は力いっぱい「おまえが消えるのは嫌だ」という

悠真が真剣な表情にレイは気持ちが和らいだのか悠真にキスをする

レイからのキスに答える悠真

レイは、悠真のおしりをさすさすしだす

悠真は、それにはちょっと抵抗があるみたいで「またそこ・・・やだ・・・」という

その一言で、悠真とカズハの間になにかあったと感づくレイ

またもや機嫌が悪くなったレイは悠真のズボンをむきっとずり下ろし、そのまま悠真の大事な部分をれろって舐めだす

その感触に「ぎょえええええーーーー!!!」って反応の悠真

悠真は「汚いからーーーー!!!!」と大声で拒否!!!

すると・・・

その大声をきっかけにレイが四季に入れ替わる

目の前にある悠真のおしりに驚く四季

「ぎょええええ!!!!」って感じで、洗面所にかけこみ何度もうがいをし「おええええええ・・・・」っとなる

「はーーーーやだ!大人って不潔すぎる!!!」と口を拭く四季

そして、歩き出した拍子に足がツルリ・・・べちんっと前のめりでこけてしまう

途端に、別の人格が現れて・・・

それを横で見ている悠真は、呆れて「はは・・・」と笑うしかないって感じ・・・

全体にコミカルです

悠馬のお尻はプリンって感じだし・・・

自分がしていたことにショックな四季の悲痛な顔が面白すぎ!!!

次から次と現れる人格に、「ははは・・」と呆れる悠真の気持ちがすごくわかる!

しかし・・・

主人格はカズハでしたねー・・・

レイと悠真のことを応援している身としては、なんともいえない気持ちになりました・・・

本当にどっちかが消えないとダメなのかな?

次回の展開を楽しみにしたいと思います

「アダムの助骨」第7話

読み次第追記予定です

おすすめ「みちのくアタミ」先生作品

こっちむいて、愛

こっちむいて、愛

腐男子高校生活

腐男子高校生活

レッドべリルにさよなら 1

レッドべリルにさよなら 1