アキラ

「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」11巻 ネタバレ感想

IMG

こんにちは!

こちらの記事では、アキラ先生の「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」分冊版の11巻の紹介しています

この記事にはネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

「分冊版」の11巻の紹介記事です

紙書籍の6巻に収録される内容と思われます

「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」の今までのあらすじ

  • 体も心も恋愛不感症のヒロイン
  • エロテクはあるのに本気で恋愛したことない男

登場人物紹介

星名朱里
星名朱里
この物語のヒロイン!美人でスタイルもいいOLさん
だけど、不感症で、今までつきあってきた相手は、みんな前戯でギブアップ!
つきあっていた北島に浮気され、ただいま、課長の家で同居中!
弟の学費を払っている
浅倉浩之(課長)
浅倉浩之(課長)
会社では厳しく不愛想な課長
だけど、そのルックスから女子社員に人気がある
昔は相当のやんちゃをしていたみたいで、エロテクにむちゃくちゃ自信がある
堀部清治
堀部清治
自分のエロテクに自信があるイケメンだけど
朱里を感じさせることができず、執着しちゃう
北島
北島
朱里の元カレ
朱里のために、エッチできるまでずっと待っていたけれど、寂しくて、つい浮気してしまった・・・
早坂京子
早坂京子
課長の元カノ

あらすじはこんな感じ!

美人でスタイルもいい朱里は、男性からものすごくもてるけど

身体の方は、そのルックスを裏切って、かなりの不感症女

そんな彼女が、彼氏に浮気されて浅倉課長に転がり込む羽目に!

そして、課長から、「不感症の女なんていない」と言われ

課長のゴッドハンドで、感じる身体になるための訓練をスタートさせる

課長のがんばりのおかげで、ちょっとずつ、ちょっとずつ・・・

朱里の体は感じる身体へと変化をしていく!

いつしか朱里は体だけじゃなく心も課長に惹かれ始めて・・・

課長の元カノの登場で、ようやくつきあうことになったふたりだけど?

お互いが恋愛不感症同士で!

なかなかスムーズにいかないようで・・・

紙書籍の単行本を試し読みしてみる
海ホタル
海ホタル
紙書籍の1巻には「分冊版」の1巻と2巻が収録です
海ホタル
海ホタル
紙書籍の2巻には「分冊版」の3巻と4巻が収録です

【分冊版】恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー 11巻のネタバレ紹介

分冊版の11巻には、第31話~33話が収録されています

第31話 「エレベーターでお仕置き!?」

朱里のベッドを買いにインテリア家具屋さんへやってきた課長と朱里

課長の選ぶベッドの値段の高さにビビる朱里

同じ会社で働いていて、この給料の格差はなに?!となるんだけど

実は、課長の給料でだって、今しているおしゃれないい暮らしはできない

課長は、早くから家を出たくて、若いころから割のいい仕事を紹介してもらい、その時からコツコツとお金を貯めてきたんだと話す

「どうして、早く家を出たかったんですか?」と聞く朱里

「うちの両親は厳しくて・・・」と話し始める課長

課長の親は、一流の高校、大学へ行って・・・・となんでも「一流」であることを望む親らしく

父は厳格だけど無口

母は、典型的な教育母で、ふたりで仲良く会話をしているのを見たことがないと話す

家のためのお見合い結婚で、世間体を気にして離婚もできない形だけの夫婦

課長は、親の引いたレールの上を歩きたくないとわざと成績を落とし、今の会社に入ったそうで・・・

そんな課長と親の折り合いは悪いのです

朱里は「課長が結婚したいと思わない原因はそのせいですか?」と聞く

課長は「愛し合っている夫婦ってものがどういうものなのか・・・俺には想像ができない」と答える

だけど、自分がまともな恋愛ができないことを親のせいにするつもりはない・・・と言います

そう話す課長に「課長のことをもっと知りたいです。教えてくださいね」という朱里

課長は、うれしそうな顔で「星名のこともな」と答える

 

そして、課長がベッドを注文している間、朱里は男性とぶつかる

ぶつかった相手を見て驚く朱里

相手の男性も「朱里!」と驚いている

この男性・・・実は、朱里の元カレの橋田くん

朱里は「まだ建築のお仕事をしてるの?」と聞く

橋田くんは「今は実家の仕事を手伝ってるんだよ」と答える

ふたりが喋っているのに気付いた課長は、いつもは「星名」呼びなのに、「朱里」と下の名前で呼んで近づいてくる

朱里は、課長に、橋田くんを、昔つきあっていた相手だと紹介する

けれど、橋田くんには、課長をどういう風に紹介するか一瞬言いよどむ

それに気づいた課長は、朱里の肩を抱いて「浅倉です」と自己紹介する

その態度に橋田くんは「彼氏さんですよね?」と聞く

課長は、きっぱりと「そうです!」と答える

橋田くんは「じゃあ、俺行くわ!」とその場を立ち去ろうとするが

最後に「また!すぐに会えるかも!」と意味深な一言を残す

朱里に「なんか軽そうな男だな!」という課長

朱里は「意外に真面目でいい人ですよ」と答える

課長の機嫌は激ワルに!

そして、エレベーターに乗りこんだ途端、朱里に濃厚なキスをしてくる

焦る朱里だけど、課長は、彼氏って紹介しなかったお仕置きだ!と朱里の胸元をあらわにする

朱里は、うそっ!こんなところで!と驚くけど、エレベーターが止まる寸前でやめてくれる課長

課長の機嫌は悪いまま・・・

翌日になり、機嫌の悪い課長の態度に頭を悩ます朱里

そんな中、「今年の慰安旅行の宿が決まりました!」と報告が入る

「今年は、箱根の温泉旅館!橋田屋に行きまーす!」という社員!

それを聞いた朱里は、思わず席をたつ

橋田くんが昨日別れ際に言った「またすぐに会えるかも」というセリフ

あれは、こういうことだったんだ!!!と焦るのです

第32話 「社員旅行は危険がいっぱい」

箱根までの電車の中でも、ずっと機嫌の悪い課長

旅館に着くと、朱里の元カレの橋田くんが、「ようこそ!いらっしゃいませ」と言ってみんなを出迎えてくれる

たくさんいる社員の中に埋もれている朱里に気づいてウィンクをする橋田

朱里はペコッと頭を下げる

それを見ていた課長の顔がさらに不機嫌に!

その視線を感じ、汗だくになる朱里

 

浴衣に着替えて、夕食まで、自由行動で楽しむ朱里

浴衣姿の朱里に、男子社員たちは目が釘付け

「最近、話しかけやすくなったよな!」と朱里に積極的に話しかける男性社員たち

けど、課長が、後ろから邪魔をする

課長は、最近、朱里に声をかける男性社員が増えてきていることにイライラしている

けど・・・実は、課長の方も、女性社員たちから「課長って、表情柔らかくなったよね~」とハートマークを飛ばされている

海ホタル
海ホタル
課長も朱里もモテモテ度アップ!なのに、どちらも無自覚!

 

風呂上がりに、女性社員たちから囲まれた課長

「旅の記念に一緒に写真を撮っていいですか?」と腕をぎゅっとつかまれる

ここぞとばかりに密着する女子社員たち

それを見ていた朱里はムッとする

食事中も女子社員に囲まれる課長

朱里は、ムカムカして、食事の席を立って外の空気を吸いに行く

その朱里の後をついてきたのが課長

課長に声をかけられ驚く朱里

朱里は「女子と一緒に写真なんて撮っちゃって、デレデレ鼻の下伸ばしてましたよね!」と嫌味を言う

朱里の嫉妬に驚く課長

ニコニコして「ドライな星名が嫉妬するなんて、恋愛偏差値が上がったな」という

朱里は、真っ赤になってしまう

そんな朱里にキスをしてくれる課長

朱里は、みんなにはないしょの関係だけど、今だけは、この人が自分の彼氏だとみんなに言いたい!って思っちゃう

ようやく仲直りができたふたり

朱里は、自分のことを最初に恋愛不感症だと言ったのは橋田くんだと課長に話す

課長は、「前にも言ったけど、不感症の人間なんていない」と答える

「きっと、なにかしらのトラウマや原因があって、感じ方の差は人それぞれで基準が違うだけだ」という課長

自分や星名の場合は、外見からのイメージが先行して、つきあったら、「思っていた人とは違う」といわれたことでの「人間不信」ってところかな?と話す

朱里は「本当の自分を好きになってもらうって、難しいことかもしれないですね」という

そして、課長の抱き着いて「課長に出会えてよかった」と思うのです

第33話 「元カレの告白」

朱里は、部屋に携帯を忘れてきたので取りに行きます。と課長と別れる

ひとりで歩く朱里に声をかけてきたのが橋田くん

橋田くんは、同じ会社の人とつきあっているのか・・・と朱里に言う

朱里は、見られてた!と顔を青くするけど

橋田くんは「お客様の個人的なことは、誰にも喋らないよ」と言ってくれる

橋田くんは、朱里にちょっと見てほしいものがあると、今、増設中のと天風呂付の部屋に連れていく

雰囲気がいい感じの露天風呂を見て「素敵!」という朱里

橋田くんは子供みたいにうれしそうに「そう!?」という

設計図を見せて、「もっと光がはいってくるようにしたいんだ!」と話す

設計図を見た朱里は「でも、せっかくの景色が台無しになっちゃうかも・・・」と答える

橋田くんは「そうかー」と、朱里が率直な意見を言ってくれて助かった!という言う

朱里は、建築の仕事が好きだった橋田くんが、旅館の仕事を継いだと知って驚いた。と話す

橋田くんは、こうして建築の世界で学んだことも生きてるし、今も悪くないよって答える

橋田の態度に「大和・・・変わったね」という朱里

昔はプライドが高くて融通が利かなくて頑固だったけど・・・と話す朱里

耳が痛い橋田くん

でも、それが芯の強さでもあったし、大和のいいところでもあって、自分はそういうところが好きだった・・・と話す朱里

橋田くんは、そういう朱里に「おれたち・・・もう一度、やり直せないかな?」というのです

朱里のことを抱きしめる橋田くん

朱里は、自分には付き合っている人がいる!というけど、橋田くんは「もう一度チャンスがほしい!」と引き下がらない

そこに、なかなか戻ってこない朱里を心配し戻ってきた課長が登場

「なにをやってるんだ」と冷たい声で言う

課長は、橋田くんに「そいつを離せ!」と言って

朱里を自分の方へと抱き寄せ、橋田君の前で濃厚なキスをする

そして「過去の男かなにか知らないが、今は俺の女なんだよ」という課長

課長は、朱里の手を取って、橋田の前から立ち去るが

朱里に向って「まさかお前からこんな仕打ちを受けるとは思っていなかった」という

課長の傷ついた顔に、朱里はドキッとする

翌日・・・社員旅行のスケジュールは箱根の観光となっている

それに参加している課長

だけど、朱里は気持ちが上がらず参加していなくて・・・

朱里の元カレの登場です!

課長は、朱里の「恋愛偏差値」があがった!言っていますが

それは課長も一緒ですよね!

以前までの彼女だったら、元カレが登場したくらいで嫉妬なんてしなかったのでは???