吉田実加

シリーズ3作目「こいつはダメだと知っている vie ensemble」吉田実加

IMG

NEW第5話後編を更新しました(3/13)

吉田美加先生の「こいつはダメだと知っている」のシリーズ3作目の連載がスタートしました!!

「vie ensemble」とは、フランス語で「ともに人生を歩む」「一緒の命」という意味があるそうです

ロマンチックな言葉ですよね!

甘いラストを期待して、連載を追いかけたいと思います

この記事にはネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

こちらの記事は配信されると最新話を追記していきます

目次

「こいつはダメだと知っている」の今までのあらすじ

「こいつはダメだと知っている vie ensemble」はシリーズ3作目

美容院を舞台に主人公二人の恋が描かれている

1巻では主人公の晶と清水の出会いからくっつくまで描かれています

2巻では、自分がゲイであるという引け目を感じた晶が自ら清水に別れを告げるという展開を経てのハピエン

美容院の同僚たちにもふたりがつきあっているとカミングアウトする大円満のラストが楽しめます

魅力は、オス感あふれる攻めと、女顔で面倒見のいいお兄ちゃんタイプのふたりの掛け合い

言いたいことをズバズバいえるふたりの関係にキュンってできます

あと、エロね!

受けである晶もエロに積極的なので、そこも楽しめます

こいつはダメだと知っている

発売日:2017/11/17

読み応え
ときめき度
エロさ

Renta!

BookLive!

こいつはダメだと知っている crossroads

発売日:2019/01/17

読み応え
ときめき度
エロさ

Renta!

BookLive!

こいつはダメだと知っている vie ensemble 第1話(ネタバレ有)

look!
こいつはダメだと知っている vie ensemble 第1話

大人気☆美容師シリーズ、新章スタート!美容師の久坂晶は、交際している清水憲と、独立して一緒に店を開こうと誓い合っている。二人の恋と夢を応援する店長やスタッフに囲まれ、穏やかな雰囲気の美容室に、新人美容師の長澤芦佳が入店することに。人見知りで警戒心の強い芦佳は、晶にだけは懐いているものの、清水には私怨を抱いていることがわかり!?【全45ページ】

Renta!

BookLive!

新居探しも独立も難航しているようです

シーンは晶を育てた祖父と祖母が、晶から届いた手紙を読むシーンからスタートです

手紙には「二人に紹介したい人がいる」と書かれている

そして・・・

手紙を出した晶のいる美容院へとシーンが移ります

閉店後、掃除をしながら「じいちゃんたち、手紙をもう読んだかな・・・」とドキドキしている晶

後ろでは、同僚たちが清水に「新居は決まったんですかー」とニヤニヤ聞いている

けれど、男二人のルームシェアということから新居選びが難航しているみたい

彼氏と一緒に住んでいる中川はどうしているんだ?と話をふる清水

中川くんは、マンションのオーナーが親の知り合いだと説明し

相談してみましょうか?と言ってくれる

それを聞いていた晶は、「新居選びよりも店の独立が先だろ」って清水に言う

どうも、独立の準備も難航している様子・・・

新キャラが登場!晶を女の子だと思っている?

外看板を片付けに行く晶

晶が外に出ると、晶の名前を呼んでしがみついてくる男がいる

晶は「芦佳(ろか)」と驚く

晶よりかなり大きい図体の男・芦佳は、晶が新店に手伝いに行っていた時のスタッフで、明日から、晶のいるお店に移動してくる

晶の前だと威勢のいい芦佳だけど

お店のスタッフにあいさつをしよう。とみんなの前に連れていくと

いきなり小さくなって晶の後ろに隠れちゃう

どうも、ものすごーーーーーい人見知りさんみたい

そして・・・

清水にあいさつされた芦佳は、清水のことをどこかで見た顔だなって思うんです

そして、そのまま清水と晶は帰るけど、芦佳はほかのメンバーとご飯に誘われます

そして・・・無口で人見知りゆえにひたすら飲むしかない芦佳

酔った勢いで、「こん中に晶狙いのやつ・・・いる?」って聞いちゃう

驚くメンバーたち

「芦佳っちって・・・ゲイなの?」と聞く章雄

芦佳は「んなワケないだろ!きもちわるいこというな!」って答える

「でも、晶さん男だけど?」と言われ、驚く芦佳

芦佳は、女顔の晶のことを、本物の女の子だと思っていたんですね!!

清水のことを想いだした芦佳はいきなり暴力を!

晶が女の子じゃないと知りショックの芦佳

翌日、晶のシャツをめくって胸が真っ平らなことを確認して、ガクリ・・・と膝をついている

そして、この日、お店に天野くんがやってくる

清水に髪を切ってもらいにきたみたい

受付のとき天野君は清水に「婚約おめでとう!」と花束を渡す

和やかな会話をするふたり

そこにやってくるのが芦佳

芦佳は、天野君を見て「大地」と声をかける

清水が「知り合いか?」と聞くと、天野が「詩子の弟だよ」と答える

けれど、清水は、詩子が誰かわからないみたい

天野は、詩子は、自分の婚約者だった子だと説明するんだけど

芦佳が、いきなり清水をなぐって・・・

そして、「思い出した。大地とねーちゃんの結婚をブチ壊しやがったクソ野郎」と言うんです

えええ!!!

なんか、とんでもないトラブルメーカーが新キャラで登場してきたな!

芦佳くん・・・なんていうか・・・ちょっと失礼な子っぽい?

晶に再会した時も、後ろからだきついて「ひっどいペチャパイ」ってぼそりと言ってるし・・・

たぶん、テレカクシなんでしょうけど・・・

この時点では、晶のことを女の子だと思っているなら、そんな相手の心を傷つけるようなことを言っちゃいかんと思う!

清水のことも、いきなり殴っちゃうしさ!

詩子さんは、天野の元恋人なんですよね

で、清水に恋をして、天野を振っちゃったんです

それで天野と清水が仲たがいしていた時期があるんですね

詩子さんは、清水に相手にされないことを弟の芦佳に愚痴っていたみたい・・・

一方的に清水が悪いって印象を芦佳が持っている可能性大です!

あと、晶と清水のエチシーンありです!

いやー・・・相変わらず、大きく開脚する足ですねー!ニヤニヤ・・・

ふたりのイチャコラが楽しめます

こいつはダメだと知っている vie ensemble 第2話前編(ネタバレ有)

look!
こいつはダメだと知っている vie ensemble 第2話前編

【配信限定特典2P付き】新人美容師・芦佳VS清水!濡れる晶の理由は!?メインキャラ集合の第2話前編♪【全30ページ】

Renta!

清水に謝らない芦佳

お客さんも店にいるのに、いきなり清水を殴った芦佳

自分の姉は大地との結婚をやめてまで、あんたを選んだのに!!と怒ってる

横にいた大地は「あれは詩子(芦佳の姉」の一方的な片思いだった!」と清水を擁護

けど、名前も覚えてもらえないまま振られた芦佳の姉はいまだに元気がないそうで・・・

荒ぶる芦佳

店長が「どんな理由があっても暴力はダメだ」と芦佳を叱るんだけど、芦佳は決して清水に謝らず・・・

大地から聞く清水との昔話

店からの帰り道

清水と晶と大地の三人で帰るんだけど

晶は清水に「身から出たサビ」と冷たい

大地は、清水は本当に悪くない。と晶に言って、清水のことをかばう

晶は、そんなことで清水を嫌いになったりしない。と笑ってる

そして、昔の清水の話を聞かせてほしい。と言います

昔、自分が仕事で厳しくされて凹んでいた時に清水がさりげなく励ましてくれたエピソードを話す大地

大地は「清水は不器用だけど、誰よりも優しかった」といいます

清水と芦佳を仲直りさせようと芦佳の特訓を行うことになるが・・・

翌日・・・

店で険悪ムードの清水と芦佳

晶は、芦佳と仲良くするよう清水に言うけど

清水は「あいつは絶望的に仕事ができねーから使いたくない」とバッサリ

でも・・・

確かに芦佳は失敗ばかりで・・・

それを見た晶は芦佳を店が終わった後に特訓することにします

ふたりが居残りして特訓している時に、店に顔を出したのが裕也

裕也の持ってきてくれた差し入れをパクパク食べる晶

そして、裕也が晶に頼まれていた商圏分析の資料を渡す

それを見ていた芦佳は、「清水と独立するの?」と驚いている

芦佳は、「なんであんなクソ野郎と!」むっちゃ不機嫌に!

しまいには「俺も連れてけよ!」とまで言い出して・・・

それを聞いた晶は「清水は仕事に関しては厳しいから、もうちょっとできるようになってもらわないと・・・」と言う

そしたら、芦佳は、「文句言わせなーほど仕事できるようになる!」と言い出して

それを聞いた晶は、にこにこして芦佳の頭をなでて「そうだ、その意気だ!」と励ます

晶に頭をなでてもらって満足そうな芦佳

えっとね・・・

普通は晶と清水の距離感の近さを見ていたら、ふたりがつきあっているって気づくと思うんですが・・・

この芦佳・・・絶対に気づいてないよね!!!

一緒に店を出すというカップルの間に堂々と割り込もうとするこの鈍感さ!

芦佳の姉も清水に片思いしちゃって婚約までやめちゃって・・・・と、ちょっと不思議な感じがある女性なんですが

弟も同じ!!

清水にしたら、ほんととんだとばっちりです!

果たして、この芦佳の技術が上がる日がくるのか!?

次回も楽しみですね

こいつはダメだと知っている vie ensemble 第2話後編(ネタバレ有)

look!
こいつはダメだと知っている vie ensemble 第2話後編

晶は仕事の合間にも経営の勉強をしながら、芦佳の練習にも付き合い、疲れが溜まっていた。そのことを知った清水は、芦佳の育成を請け負うと決める。厳しいながらも、腕の立つ清水の指導に、食らいついていく芦佳。しかし、ある事件が起こり――!?【全33ページ】

Renta!

オーバーヒート寸前?晶はがんばりすぎ!

仕事の合間に経営の勉強をしながら、芦佳の面倒まで見ている晶

その晶の疲れが見えたのか裕也は晶を強引に車に乗せて清水の家まで送っていく

裕也は「夢が実現する大事な時なんだから、後輩(芦佳)の育成は誰かにまかせてもいいんじゃないか?」とアドバイスする

けど、晶は「芦佳は俺を慕って店まで移ってきたから」と「やれるところまでやってみる」とガッツポーズを見せる

そして・・・

車の助手席でスマホをチェックする晶

実家からの連絡を待っているみたい

連絡がないことにがっかりしている

 

裕也が晶に話しかけると、晶はぐっすり眠っていて・・・

裕也は晶を抱っこして、清水の家まで運ぶ

インターホンが鳴って、玄関へ行くと、そこには眠る晶を姫だっこしている裕也が姿が!

一気に機嫌が悪くなる清水!!!

裕也は清水に「晶は一人でがんばりすぎるんだから、ちゃんと助けてやれよ」という

芦佳の面倒を見ると言ってくれる清水!けど!!

裕也の言葉にイライラしていた清水だけど

翌日、自分が芦佳に仕事を教えると言ってくれる

それを聞いて喜ぶ晶

こうして清水が芦佳の面倒を見ることになるんだけど

まあ・・・

この芦佳・・・

とてつもなく仕事ができない。覚えが悪い。要領も悪いという・・・

あまりの覚えの悪さに清水が怒っている横で、晶が「成長速度は人それぞれだから」とフォローしてる

芦佳は清水より晶に教わりたいんだけど、清水の仕事の手際のよさにポカンとするしかなくて・・・

そして、清水に負けまいと朝練を始めることにするのです

こうして、疲れがたまっていく芦佳

そしたら、仕事の最中に、お客様に使う薬剤をミスしてしまう

どうもそれはかなり致命的なミスみたいで・・・

ちょっとした騒ぎになり、それを聞きつけた晶が清水のフォローに入ることに

芦佳は自分に手伝わせてほしい!っていうんだけど

晶が「今回は俺たちを信じて任せろ」といい

芦佳は真っ青に!!!!

最後の晶と清水の信頼し合っている空気はサイコーにいい感じでキュンキュンしちゃうんですけど

その横で芦佳は真っ青になっていて・・・

おまけの特典にて芦佳がしたミスがどんなに大変なことなのか説明があったんですけど・・・

「ああ・・・もうこれは・・・わたしなら立ち直れないわ・・・」ってくらい大きな致命的で初歩的なミスでした・・・

まあ・・・清水と晶にまかせておけば、なんとかなるんではないかと思っていますが

それでも、芦佳の心境を考えると・・・

美容師をやめてもおかしくないかもしれません・・・

次回の展開を待ちたいと思います

こいつはダメだと知っている vie ensemble 第3話(ネタバレ有)

look!
こいつはダメだと知っている vie ensemble 第3話

「こんな風に清水と俺の家庭の形が出来ていくんだ――」美容室での事件が一段落したあと、清水と晶は、同棲する部屋の雰囲気を見るため、龍之介と翔太が暮らす部屋に遊びに行くことに。未来の生活に思いを馳せる晶だが、ずっと気になっていたあることを相談し――…。【全36ページ】

Renta!

失敗を乗り越えて再びやる気になる芦佳

芦佳は、清水を見返すつもりでがんばってきたのに、今回のミスで、さすがに清水に見限られる

晶の独立についていく以前の問題だ・・・

下手したら訴訟問題に?・・・と青くなる

だけど、清水がお客様に「最善を尽くす。俺が責任を持つ」と強い言葉を言って

なんとかお客様の髪をサラサラなすてきな状態へとするのです

お客様も大満足し帰っていく

そして、清水に見限られる覚悟をしていた芦佳に

清水は「二度目はないぞ」とだけ言う

大失敗したのに怒られもしなかった芦佳は「それだけ?」と拍子抜け

だけど、清水は「責任の所在なんてどうでもいい。大事なのは“客に満足して帰ってもらうことだ”」という

芦佳は、晶が言っていた「せっかく同じ店で働く仲間なんだから助け合おうぜ」と言っていた言葉を思い出す

そして、清水に、「さっきのお客さんがきたら、またヘルプに入りたい」というのです

そんな二人を見て、「雨降って地固まる・・・かな」とほほえましく思っている晶

そして・・・

清水と芦佳の特訓はその後も続くことに!

先に帰ることになった清水と晶を見て、芦佳は改めて「晶の独立に絶対についていく」と闘志を燃やすのです

第3話では、ようやく清水と芦佳が仲直りできたって感じですかね?

しかし・・・芦佳・・・

自分の失敗でお客様が大変な時に・・・

まず、自分の心配をしているという・・・

なんていうか、本当に器が小さい子です

でも、本当にこういう目にあったら、やっぱり、自分のことを第一に考えちゃうものなのかな?

こいつはダメだと知っている vie ensemble 第4話(ネタバレ有)

look!
こいつはダメだと知っている vie ensemble 第4話

「何? 男同士でヤッてんの?」晶のエールと清水の指導によって、技術を上達させていく芦佳。かつては美容室のスタッフにも壁を作っていたが、 職場のアットホームな雰囲気に打ち解けていった。そんなある日、芦佳は仕事帰りに衝撃的な場面に出くわして!?

Renta!

晶と清水のキスを見た芦佳は!

一人り居残り練習の後、家へと帰る芦佳

すると、目の前に歩く清水と晶を見つける

後ろ姿からもイチャコラしている二人を見て、声をかけようとする芦佳だけど

その時、晶と清水がキスをして

芦佳はかなり驚くのです

そして、翌日

晶に「昨日、晶と清水がキスしているのを見た」という芦佳

怖い顔で「男同士でヤッてるの?」と聞かれ

晶は返事に困る

それを見ていた清水が「だったらなんだ?なにか問題があるか?」と聞く

芦佳は、女癖が悪かった清水が晶にまで手を出したと勘違いし怒りだす

周りのスタッフが芦佳の暴走を止めるんだけど

芦佳は「晶は女の代わりにされて悔しくねえのかよ!」と言っちゃう

晶を清水から離そうとする芦佳だけど

晶が「俺が、ゲイなんだ」」と告白して

芦佳はむちゃくちゃショックを受ける

「最悪・・・俺、店辞める」といい店を飛び出していく芦佳

晶は芦佳から「気持ち悪い」と言われ、相当ショックを受けている

帰り道・・・

雨が降っているのに傘もささずに帰る晶

そんな晶に傘に入るように声をかける清水

晶は「ほっといて欲しい!」って癇癪を起すけど

その時、雨にすべってこけちゃうのです

脚をひねった晶

清水は晶のことを背負って帰ってくれる

清水は、背中にいる晶に「黙って泣きたいだけ泣け」という

晶は、清水の不器用なやさしさに涙があふれだす

「好きなやつに“気持ち悪い”って言われるのは・・・しんどいよ」という晶

そして・・・

晶が思うのは自分を育てた祖父母のこと

手紙を書いても返信はこないまま・・・・

祖父母もじぶんのことを“気持ち悪い”って思っている?と不安になる晶なのです

うわーーーー・・・

芦佳って、ある意味、晶に惚れていると思うんですけど無自覚なのが始末が悪いんですよね・・・

でも、もともと「同性同士はありえない」って考えの持ち主だから

自分の中の気持ちにも気づかないんだなーって妙に納得してしまいました

でも・・・

芦佳は単細胞なところがあるから、すぐに反省して帰ってきそう・・・

かわいそうなのは、大好きな後輩に傷つけられた晶!

清水がほんとうにいい男で~!

いい彼氏を持ってよかったね!

こいつはダメだと知っている vie ensemble 第5話 前編(ネタバレ有)

look!
こいつはダメだと知っている vie ensemble 第5話 前編

祖父母に清水を紹介するため、釧路に帰郷した晶。晶の様子を見て心配した清水は、晶と同郷の野田裕也、友人の天野大地に頼んで旅行に同伴してもらうことに。晶の過去、そして未来に続く重要な旅路、前編――。

Renta!

晶の帰省に清水・野田・天野も同行!

シーンは釧路湿原!

雄大な光景に天野くんが「おおっ!」って感じで感動している

天野の横には野田

高校時代にこの場所に晶ときたことがある野田は、当時を思い出している

海ホタル
海ホタル
晶を好きだったころの思い出に野田はなんともいえない表情をしていて・・・
天野くんが、そんな野田のことを見つめています

そんなふたりを呼びに来たのが清水

数日前・・・・

祖父母に男の恋人がいると手紙を出した晶

ようやく祖父から電話がかかってきて

電話で、お友達や野田くんを連れて北海道においで!と言われて、天野くんと野田を誘って帰省したようです

けれど、いつも電話をくれるのは祖母の方だったのに今回は祖父からの電話だったこと

結局、電話では恋人である清水についてなにも言ってくれなかったこと

それを晶はすごく気にしていて

体調を崩したままでの帰省となる

祖父は「関係ない」といってくれるが・・・

晶が体調を崩しているから、観光をせずに、先に清水と晶のふたりで晶の家へ行くことにする

緊張している晶は、タクシーの中で吐いてしまって

祖父母の家に着くころにはぐったり状態・・・

ぐったり状態の晶を迎える祖父母

布団を用意してくれて、すぐに寝かせてくれる

ぐったりしている晶の横につきそって言葉をかける清水を見つめる祖母

そして・・・

祖父は、清水に渡したいものがあると部屋へ招いてくれる

部屋へはいると、晶の七五三の写真が飾ってあって!

その晶はきれいな女の子の着物姿で?

本当に晶なのか?確認するようにじっと見る清水

そんな清水に祖父が晶の両親が亡くなった時の話をしだす

晶の母親は晶を生んですぐに亡くなり

父親は晶が3つの時に肺炎で亡くなってしまった

立て続けに大事なふたりを亡くしたことで祖母はあちこちに神頼みをし

心を病んでしまったという

男の子を7つまで女の子の格好で育てるのは魔除けになるそうで

晶も7つまで女の子の格好をして育てたそうです

晶が女の子の格好をした小さい頃の写真を見て「違和感ねえな」という清水

祖父も、笑って「似合っているだろう」という

けど、祖母のほうは、今ではそうやって育てたことを後悔しているみたい・・・

祖父は「私は関係ないと思ってる」といって

清水になにかを渡そうとする

女の子の格好をして育てたからゲイになってしまったと祖母は後悔しているってことみたい・・・

祖母は反対している感じではないです

やさしい人柄ゆえに、自分を責めちゃってるって感じ!

晶がゲイだと受け入れるのに時間がかかっているって感じです!

野田くんは、まだまだ晶のことをふっきりきれないみたい・・・

ほんとねー・・・

この頃(高校生時代)、ふたりは両思いだったんだよねー

野田が逃げなければ、今、晶の隣にいたのは野田だったかもしれないのに・・・

野田の新しい恋の予感は?

野田も幸せになってほしいですよねー

こいつはダメだと知っている vie ensemble 第5話後編(ネタバレ有)

look!
こいつはダメだと知っている vie ensemble 第5話 後編

育ての親である祖父母に清水を紹介するため、北海道・釧路に帰郷した晶。晶の様子を見て心配した清水は、晶と同郷の野田裕也、友人の天野大地に頼んで旅行に同伴してもらうことに。晶の過去、そして未来に続く重要な旅路、後編――。【全35ページ】

Renta!

和やかな雰囲気に気持ちが安堵し、食欲が戻る晶

晶が目を覚ますと、キッチンでは清水と祖母が一緒に料理を作っていた

清水の見事なフライパン返しを見て「すごいわ。今どきの男の子は料理もできちゃうのね」と感心する祖母

清水は、他にもいいレシピがあれば教わりたいといい

祖母が「それなら晶ちゃんの好物レシピノートがあるわ」と、和気あいあいとしたムード

晶は、その様子を見て、祖父とほくそ笑んでいる

近所の家に裕也たちがテーブルを借りに行き、ついでにカニをもらってくる

祖母もカニを用意していたので、一人一匹ずつ食べてもいいわよってくらいの山盛りになったカニ

それを見てみんなが盛り上がる

その様子を見て、最近食欲がなかった晶のお腹がなって

「久々に、食欲がわいたかも!」という

それを聞いてうれしそうな清水

「晶ちゃんが幸せになれない」という祖母の言葉に!

カニを食べている最中、隣に座る晶のことを気遣ってやたらと声をかける清水

その様子を見ている周りの方が照れてしまう

そしたら、祖母が「お二人はお付き合いしてるんでしょ?」と聞いてきて

「どっちがオンナノコなの?」と爆弾発言!

驚いた祖父が「唐突になんだ!失礼だろう」というけど

祖母は、「どっちがオンナノコなのかは大事なことよ!」と言い切る

晶が「どうしてそんなこと聞くの?」というと

祖母は、「だって・・・晶ちゃんが女の子になったのなら・・・それは、きっと、私が女の子の格好をして育てたせいだから・・・」と言い、晶に頭を下げてひたすら謝るのです

「それは違うよ」と答える晶

自分は、自分のことを「女の子」だと思ったことは一度もない・・・・という

でも、自分は清水が好きだから、清水と家族になりたいと思っていると話す

その言葉にショックを受ける祖母

「家族になるって・・・結婚も子供もできないのよ・・・晶ちゃん、幸せになれないわ!」という祖母

晶は、自分は昔から、今も、不幸だったことなんてないよ・・・それは、ばーちゃんが一番知ってるだろ・・・というけど

祖母は、晶の言葉が受け入れられないみたいで、席を立って出て行ってしまう

祖母に気持ちが伝わらなかったことに気持ちが沈む晶

その晶の姿を見た裕也は、心配そう・・・

裕也は、後片付けが終わった後に、晶にホットコーラを作る

天野は、コーラをホットで飲むの?と驚きながら、裕也の表情を見て、「もしかして・・・」と思っている

結局、祖母とはわかりあえないまま東京へ帰ることに

清水も心配になって晶の部屋へと行く

すると、晶は、窓を開けて座り込んでいた

外は吹雪

雪が部屋に舞い込んで、むちゃくちゃ寒く冷たい

おどろいた清水は「何してる?」と聞く

晶は「火照るから冷やそうと思って・・・」と答える

「やりすぎだ」と窓を閉めさせる清水

晶は、泣きながら「おれ・・・疲れちゃった・・・なにも考えたくない」と答える

清水のこと以外はなにも考えたくないという晶を清水はやさしく抱いてくれる

部屋の外には、ホットコーラを持ってきた裕也がいる

部屋の中の雰囲気を察して、せっかく作ったホットコーラを渡すことなくその場を去っていく

そして、祖母は、そのまま晶に顔を見せることなく

晶は、不安をかかえたまま東京へと戻るのです

晶が、祖母との思い出を思い出すシーンは、思わず涙が・・・

両親はいなくても、祖父母から、すごく愛情をかけてもらって育ててもらったんですよね

祖母には、男同士で家庭を作るって言うのが、どうしても理解ができないみたい

今は、LGBTへの理解が深まってきていますが、それでも、やっぱり理解ができないって人もたくさんいるんだろうなぁ・・・と痛感しました

裕也は、自ら傷つきに行っちゃいましたね~

もう、晶のことは清水に任せておけばいいのに・・・未練があるんでしょうね~

天野くんが、裕也のやさしさに胸キュンしているので・・・

こっちもこっちでなにか進展があればいいのになって思います

こいつはダメだと知っている vie ensemble 第6話

読みましたらこちらに追記予定です

【シリーズ1作目】こいつはダメだと知っている
【シリーズ2作目】こいつはダメだと知っている crossroads