キフウタツミ

「僕が歩く君の軌跡」37話~ ネタバレ感想

IMG

こんにちは!海ホタルです

こちらでは、キフウタツミ先生の「僕が歩く君の軌跡」の37話以降の紹介をしています

この記事にはネタバレが含まれています。ネタバレNGの方は閲覧にご注意をお願いします

「僕が歩く君の軌跡」はこんなお話です

  • 主人公の過去に謎あり

登場人物紹介

木崎蓮
木崎蓮
主人公。「鳴瀬一世」というペンネームで小説を書いてる。
子供の頃、事故に遭って足が不自由になり、車椅子生活をしている
槙 凛太郎
槙 凛太郎
介助ヘルパー。
クレーム客だった木崎のわがままをやさしく受け止めてくれた

僕が歩く君の軌跡 37話 僕が歩く君の軌跡 37話 俺は勘が良い方なんだ…(ネタバレ有)

look!
僕が歩く君の軌跡 37話 俺は勘が良い方なんだ…

デジタル先行連載第37話。「貴方は先生の味方ですか?」少しずつ埋められていく空白の時―…。

BookLive!

ebookjapan

行方不明になった兄を心配する巴恵

海ホタル
海ホタル
巴恵視点です

兄が木崎夫婦殺害・息子誘拐事件の重要参考人となった

あのビビりがそんなことできるはずがないと行方不明となった兄の心配をする巴恵

そんな中、兄から郵便物が届く

封を開けると、兄が大事にしていた父親からの形見の本が入っていた

海ホタル
海ホタル
三原先生が蓮に貸してボロボロになった本です。お父さんの形見だったんですね

 

本と一緒に手紙が入っていて、手紙には「この本を蓮くんに渡してほしい」と書いてあった

本をめくると、兄の字で「またあの場所で星をみよう」と書いてある

メッセージを見て、どういう意味だろう?と考える巴恵

蓮と会う巴恵

巴恵は雑誌の記事をたよりに蓮が入院している病院へやってくる

受付で追い返され、中庭で蓮に会えないかと待つ巴恵

車椅子の蓮が中庭に出てくる

蓮に話しかける巴恵

「三原先生の弟なんだけど・・・」

振り返る蓮

蓮は警戒してるが、本を見せると、本を奪ってボロボロ泣き出す

一体、なにがあったのか話してほしい。という巴恵

蓮は、三原先生と一緒にいたけど、事故のせいで途中からの記憶があやふやだと答える

本に書いてある三原先生からのメッセージを見る蓮

「次に先生に会えるまで大事に持っています」という蓮

蓮と話した巴恵は、父親の形見の本を手放すってことは、もしかして、兄は、もうこの世にはいないのかもしれない・・・と思うのです

ここにきて巴恵視点!?

しかも、やっぱり三原先生は死んでるという匂わせモノローグ!

蓮と三原先生は再会できないんでしょうか?

僕が歩く君の軌跡 38話

読みましたらこちらに追記します