砂糖いちご

「前線基地から愛を込めて」ゴールデンドロップの記憶 ネタバレ感想

IMG

受けがちょっとエッチで

攻めは受けへの執着がすごくって

そういうBLが大好きな方が楽しめるこちらの「前線基地から愛を込めて」

第1話~第10話がまとまった「コミック版 1」

第11話~第23話がまとまった「コミック版 2」の配信がされたので

その続きとなる第24話からの連載を追いかけていきたいと思います

「前線基地から愛を込めて」の紹介

  • ファンタジーBL
  • あまあま

舞台はアークヴェルデ王国の国境近くの前線基地

研究者であるルイは、どんな怪我でも即座に治せる回復器を発明したが、その研究結果を上司に奪われ、口封じに前線基地へと飛ばされてしまった

そこで、ルイのことを敵視する金髪碧眼のシーザー団長と出会う

そして、ひょんなことからシーザー団長と同室になり、同じベッドで寝ることに・・・

自分を毛嫌いしている男なのに・・・その美しい見目麗しい寝顔にムラムラってきちゃうルイ

思わず身体をくっつけ、シーザーの匂いをクンクン・・・

すると・・・

寝たふりしていたシーザーがガバッと起きて「何をしてるんだ!あんたは!!」とルイを組み引く体勢になっちゃう

シーザーもルイのことを少なからず意識していたみたいで・・・

あれよあれよと深い関係になっちゃうんです

そんなふたりが、いろんなトラブルや事件を乗り越えて、絆をどんどん深めていくのが楽しめるBLコミックとなっています

魅力は・・・

やはり!ふたりのエロ!!

受けのルイは、ムラって気持ちを素直に口にするし、攻めのシーザーはどんだけ性欲が余ってるねん!ってほど毎夜のごとくルイを求める

そんなふたりが身の回りに起きるトラブルに係わっている間はなかなかベッドインできない!という焦らしプレイもありつつ

仲直りエロはとっても濃厚!というご褒美を楽しめるBLコミックとなっています

新章ごとに、ルイが新キャラにモテモテになっちゃうのも注目!

とっても、楽しく楽しめる激アマBLコミックとなっています

本編1~10話に加え、過去に同人誌として発表された「箱の中身」を収録!!【全295ページ】
本編11~23話に加え、描き下ろしおまけ漫画「葡萄酒とアップルパイ」を収録!!【全412ページ】

「前線基地から愛を込めて」第24話(ネタバレ有り)

look!
前線基地から愛を込めて 24話

タルタさんが団長って大丈夫なんだろうか……。【全34ページ】

Renta!

王都へ帰ることになったシーザー

隣国との休戦状態が終わったら・・・

この基地も解散となるかもしれない・・・というお話がコミックの2巻の最後で出ていますが・・・

それに続く第24話では、

ついに隣国との停戦が決定します

基地自体は国境警備のために残りますが、貴族であるシーザー団長は、王都に戻ることになる

シーザー団長は、ルイに今後どうしたいか?を聞きます

けど、ルイには、任期中の仕事を放棄して、シーザーについていくことが即座に決断ができない

シーザーは、煮え切らないルイに時間を与えます

ルイだって、シーザーと離れたくないけれど・・・でも、依存はしたくない・・・

そういう感情をどう伝えればシーザーに伝わるのか?と考えます

ローフォードと回復器の密輸について話すルイ

そして、シーンは、ロイフォードと話すルイへ

ロイフォードの側にはレザがいる(←スピンオフ「ルビイは極夜、星を目指す」有り

ルイはロイフォードから回復器の密輸品が出回っていることをきく

それだけでなく、偽物を売っている悪者もいるらしく

その話を聞き、心を痛めるルイ

降ってわいた話で王都へ移動となるルイ

星がきれいな夜

シーザーはルイを外へと連れ出す

満点の夜空を見て、出会った頃の話をするふたり

シーザーは、「ルイとのことは一生続くと思っている。だが・・・もし・・・」と真剣な顔をして話し出す

ルイはシーザーに「任期が終わったら王都へ移動できないか打診してみます。きっと追いかけますから」という

ルイの言葉に安心するシーザー

お互い「浮気しないよう」言い合います

そして・・・

エロターンに突入!

明日の朝仕事があるルイのために「長引かないようにする」というシーザーはルイの気持ちいいところを的確に責めてくる

ルイはあっという間に昇天

「こんなに俺の全部を知られてしまってどうしよう・・・・」って思っている

そして・・・

シーザーは王都へと移動し、ルイはひとり残されることに・・・

けど、そんなルイに王都の研究所から「王都に戻らないか?」と連絡がくる

話を聞くと、ルイが好んで飲んでいる花紅茶を栽培したいという依頼者がいるらしく、花紅茶の品種改良に取り組んでいる家の補助をしてほしいらしい

ルイは、喜んでその話を引き受ける

そして・・・

舞台は王都へ

最後のシーンでは、表紙に登場している男の子が、割れた紅茶のカップで手をけがした母親(←心ここにあらずって感じ)を抱きしめている

「ジュリ」と呼ばれる男の子

「僕は大丈夫。お母さんみたいにはならない」と涙ぐんでいるけど・・・

表紙がいきなりカントリー調で驚きました!(笑)

表紙の右の男の子が今回の新キャラのようですが、第一話の段階では全く先が見えない感じとなっています

第一話の見どころは・・・

ここにきて、まだ不安なシーザー団長ですねー

ルイがこのまま別れると言い出さないかとヒヤヒヤしていますよー!!

ルイのこととなると冷静になれないシーザー団長が好きです!

あと、髪を切ったロイフォードとレザがちらりと登場しています!

次回の展開を楽しみにしたいと思います