ユノイチカ

「夜明けの唄 2巻」第9話 ネタバレ感想

IMG

こんにちは!

こちらの記事では「夜明けの唄」第9話を紹介しています

「夜明けの唄 2巻」第9話 ネタバレ感想

look!
夜明けの唄 第9話 賓客
村の収穫祭にやってきた男は・・・

 

\先行配信/
シーモア

村の収穫祭へ行く

村の収穫祭にエルヴァさまを誘うアルト

気乗りしないアルト様

明るく「デートをしましょう」と誘われて、「デート」という言葉に反応するアルト様

 

顔や髪が隠れるフード付きの服を着て村へ行く

いろんな出店が並び、広場ではダンスが行われ、村人たちが和気あいあいとにぎわう収穫祭

その様子を落ち着いた表情で見ているエルヴァ様

エルヴァさまの反応に、「興味ありませんか?」と尋ねるアルト

エルヴァさまは「楽しそうな奴らの姿を見るのは悪くない」と答える

エルヴァさまに寄り添って「エルヴァさまが守っている人たちです」と話すアルト

村人たちに囲まれるエルヴァさま

アルトがエルヴァさまを連れて、祭りの中を歩くと、一斉に村人たちが寄ってくる

覡さまの姿に「え?初めて見た」「お祭りは初めてですか?」と話しかけてくる村人たち

村人たちに囲まれたエルヴァさまは困惑ぎみ

そんな中に、アルトが特別扱いしているエルヴァさまに会いたかった。という女の子がいる

名前はアンナ

この女の子はアルトのことが好きみたいで、アルトが特別扱いをするエルヴァさまがどんな人が気になっていたみたい

シヨンを見て微妙な反応をするエルヴァさま

収穫祭の開催のあいさつが壇上の上ではじまる

それを聞いている村人たち

領主のシヨンが登場する

拍手で迎えられる領主のシヨン

壇上から村人たちを見渡すシヨン

その中にエルヴァの姿を見つける

エルヴァさまのほうは、シヨンの姿を見てショックを受けているみたい・・・

心配するアルトだけど・・・

海ホタル
海ホタル
覡になるまえのエルヴァさまは、シヨンのお屋敷にいたことがありました

シヨンとエルヴァは同じ年のはずだけど・・・

シヨンだけが大人の男性になっていて・・・

エルヴァさまは、自分だけが取り残された気がしてショックを受けたのかな?

初めての体験!

アンナから「ダンスを踊ろう」と声をかけられるアルト

ひとりになったエルヴァさまに声をかけたのがシマ

「エルヴァさまも踊りましょう~」とエルヴァさまの手を取る

エルヴァさまは「やったことがない」と困っているが、強引にダンスの輪に連れていくシマ

見よう見まねでダンスのステップを真似るエルヴァさま

海ホタル
海ホタル
エルヴァさま!むっちゃ困りつつ、必死に真似ている~!かわいい~!

 

音楽が変わる

「じゃあ、次は隣の人と手を繋いで~」と掛け声が聞こえる

隣の人って?俺が?誰と手をつなぐ?とおっかなびっくりのエルヴァさま

宙に浮いたエルヴァさまの手を握ったのはアルト

右手をアルト・・・左手をシマと繋いで踊るエルヴァさま

 

踊り終えたエルヴァさまは、はじめての経験にドキドキした顔をしている

いい雰囲気のところでお邪魔虫が・・・

アルトは、自分の名前を呼ぶアンナに気づいて、エルヴァさまの手を握って走り出す

工房の事務所にたどり着いた二人

「踊って・・・走って・・・こんなにはしゃいだのは初めてだ」と笑うエルヴァさま

エルヴァさまの笑顔がうれしいアルト

エルヴァさまのフードを取って、手袋を外す

アルトに触れられたエルヴァさまは、「デート」と言ったアルトの気持ちを推し量ろうとする

アルトは、以前は、みんなにエルヴァさまを知ってほしかったけれど、今は、エルヴァさまを独り占めしたい気持ちがあるんです。とエルヴァさまの手に口づける

そして、エルヴァさまが、自分のことを受け入れるって言ってくれたことを、どういう意味なのか?と聞くアルト

アルトは、エルヴァさまのやさしさに付け入るような真似はしたくないと言う

「ダメならダメではっきりって下さい」というアルト

エルヴァさまは「ダメじゃねえよ」と恥ずかし気な顔

「口をくっつけるくらい・・・できる」というエルヴァさまに、うわーーーーって顔になるアルト

いい雰囲気になって、キスをしそうな距離まで近づくふたり

そこに入ってきたのが領主のシヨン

「エルヴァと話がしたい」というのです

上からな態度のシヨン

アルトは、部屋から出て扉の外で待つことに・・・

大人になったシヨンを目の前にして緊張するエルヴァさま

シヨンは、覡は歳をとらないと聞いていたのに、成長しているエルヴァに興味津々といった様子で・・・

エルヴァさまの顔に触れながら「痣は?体を見たい」というシヨン

アルトは「はあ?」って感じで、痣は指先だけだ!とシヨンから離れる

興味深そうにアルトの指先を触るシヨン

アルトは「さわるな・・・不躾だぞ」という

シヨンは「お前の口からそんな言葉を聞くなんて驚いたな」と答える

いい歳になったし結婚するか?相手を探そう。男としての機能はあるのか?と失礼な質問をどんどんぶつけるシヨン

シヨンの失礼な質問に、はあ?って顔になるアルト

「それとも、おまえは、うんと年上の男性の方がよかったりするのかな?」というシヨン

「愛してくれるのであれば、誰でもいいのかな?例えば、外で盗み聞ぎしている子供とか・・・」

「不愉快だ!」と怒るエルヴァさま

シヨンは、妻が妊娠中で、しばらくの間、この村にある別荘に滞在すると話す

アルトのことを評判のいい青年だと聞いた妻が会いたがっている。屋敷に招待してもいいかな?と聞くシヨン

勝手にしろ!と言って、部屋を出ていくエルヴァさま

そのエルヴァさまに、エルヴァの母親が死んだことを話すシヨン

エルヴァさまの母親

歩くエルヴァさまについていくアルト

エルヴァさまは、死んだ母親は、自分の本当の母親じゃないことを話す

自分の子供を亡くし、おかしくなって、勝手にエルヴァさまのことを自分の子供だと勘違いした女だと説明する

 

アルトは、シヨンが言っていた「年上の男の方がいいか?」という言葉が気になっている

エルヴァさまは「シヨンの勘違いだ」と話す

 

シヨンのエルヴァさまに対する失礼な態度を許せないと怒るアルト

エルヴァは、シヨンの屋敷にいた頃の自分は、チビでなにもできない馬鹿だったから、シヨンはああいう態度なんだ。と話す

悲しい顔になるアルトに、せっかくのデートなんだし楽しませろ。というエルヴァさま

 

そして・・・

別れぎわ、今日のおみやげをエルヴァさまに渡すアルト

おみやげを見ているアルトにすかさずキスをする

照れるエルヴァさま

いじわるなシヨン

自分の屋敷に戻ったシヨンはごきげん

妊娠している妻に「あの従順で無知で哀れだったエルヴァがわたしに反抗したんだ」と笑っている

シヨンの妻は、アルトに会えたかどうかを気にしている

シヨンが屋敷に招いたよ。というと、うれしそうに「たのしみ」と答える妻

気になるコノエ

そして、コノエが登場

誰と話しているかは不明

シヨンが南にある別荘にいると聞いて、本邸には誰もいない。チャンスだと誰かと話している

シヨンが、むちゃくちゃ失礼な男でびっくりしました!

エルヴァさまがシヨンの家にいた頃から、いじわるだったみたいですね・・・

弱者だったエルヴァさまをバカにして遊んでいたって感じです

 

シヨンが「大人の男の方がいいか?」というシーンでは、小さいエルヴァさまが誰かと一緒にいる画が入っています

これは、どういう意味なんだろう・・・と気になります

画を見る限り、シヨンの屋敷にいた大人の男性から特別扱いされていたって感じに見えますが・・・

エルヴァさま自身は、性的なことに無知って感じだし・・・性的にいたずらされてたってわけでもないと思うんですが・・・

ちょっと気になる絵です

 

アルトとエルヴァさまの雰囲気は、とってもいい感じで~

じわじわと近づいて行っている感じが胸キュンでした~

 

アンナは、アルトのことがとっても好きみたいで!

エルヴァさまのことが気に入らないみたい!

これも、今後の展開につながってくるのかな?

最後に登場したコノエも気になります

シヨンの本邸になにかあるんですかね?

覡や海の怪物の謎につながるものなのかな?

次回の展開を待ちたいと思います

1巻の試し読みはこちらから