ユノイチカ

「夜明けの唄 2巻」第6話 ネタバレ感想

IMG

こんにちは!

こちらの記事では「夜明けの唄」第6話を紹介しています

1巻の試し読みはこちらから

海岸づたいにアルトを探す

海にさらわれたアルトを海岸づたいで探す村人たち

そこには、シマとスシュカもいる

そこにエルヴァさまがやってきて、今の状況を聞く

スシュカはエルヴァとは初対面

アルトの従姉弟だとあいさつをするスシュカ

しかし、エルヴァは興味なさそう

ムッとなるスシュカ

マニエルの元へ向かうコノエたち

一方、レティとコノエは各村を回ってアルトを探していた

アルトを見かけたという情報を手にし、そこから、南の覡の元にいたと知るふたり

マニエルの元へ向かう

朝方出たと聞いてコノエはアルトの後を追う

「忘れたい」「忘れるな!」

アルトは、マニエルに託された手紙を届けにソーニャの家へやってきていた

ソーニャの家では村人たちが集まりにぎやかに歌い踊っていて・・・・

何事かと思えば、ソーニャの結婚式だという

アルトは花嫁姿のソーニャに会う

マニエリからの手紙を渡すアルト

苦しそうな顔をして「あの子のことは忘れたい」と答えるソーニャ

アルトは、手紙を強引に渡して「読め!忘れるな!」と怒る

ソーニャの元から飛び出すと結婚式を祝う陽気な村人たちにつかまり、一緒に祝おうと誘われるアルト

シマとスシュカを休ませて、ひとりで探すエルヴァさま

シマとスシュカとエルヴァさまたちも、アルトを見た人はいないか村人たちに聞きまわっている

似顔絵を描く人にアルトの画を描いてもらい、それを片手に捜索しつづけようとするが、時間は夕方になっている

エルヴァさまは、シマとスシュカに休むように言い、自分は夜目が聞くからこのまま探すという

酒場に行き、乱暴される

似顔絵片手に、アルトの行方を探すエルヴァ

夜になり酒場が開き、いろんな村人たちがそこに入っていくのを見たエルヴァさまは、「ここなら、なにか知っている奴がいるかも・・・」と思う

しかし、大勢の人たちのいる空間になど入ったことはないエルヴァ

緊張しながら店に入り、店主に、似顔絵を見せる

カウンターに座っている男に声をかけられビビるエルヴァさま

店主は、エルヴァに家に帰るようにいう

「困った顔してうろうろしていたら、いいカモだ」という店主

そう言われた先から、男たちがエルヴァに近寄ってきて声をかけてくる

エルヴァのかぶっているフードに手をかける男たち

エルヴァの生意気な態度に乱暴になる

だけど、エルヴァは、思いきりやり返す

男たちが、生意気だとエルヴァさまの手を掴んだとき、エルヴァさまの手袋が外れる

黒くなった手を見た男たちはざわつく

エルヴァ様は「ベタベタ触るなと言っただろう・・・呪いだ・・・感染したかもな」という

どよめく客たち

エルヴァは、人探しをしていると言い、アルトの特徴を叫ぶ

「昼間、結婚式をしている庭で見かけた」という情報を得て、その家へ向かうエルヴァさま

再会!

その頃・・・警察(警史)たちもエルヴァを探してて、結婚式が行われた庭で後片付けをしているアルトを見つけていた

警察官たちに囲まれるアルト

警察官の後ろからエルヴァ様が現れて!

心配かけてすみません

スシュカとシマが泊まっている宿へ移動するアルトとエルヴァ様

アルトの無事な姿にシマとスシュカは喜んでいる

機嫌が悪いエルヴァさまを見て、どうしよう・・・怒っている・・・と思うアルト

早々に部屋に入ってしまったエルヴァさまに会いに行く

エルヴァさまの背中に向かって謝るアルト

「俺、一応、手紙も出したんですけど・・・」

「なにも届いてねえよ」

 

エルヴァさまの機嫌の悪い声に、お説教されると緊張するアルト

するとエルヴァさまは「俺より先に死んだらゆるさねえ」と言って

エルヴァさまが怒っているんじゃないと気づいたアルトは、エルヴァさまを背中から抱きしめて「心配かけてすみませんでした」とあやまるのです

文章では伝わりにくいのですが・・・

やはり、最後、アルトが「すみません」と言った後、エルヴァさまが「クソッ・・・バカ野郎」って言うシーンが、むちゃくちゃ胸にグッときます

エルヴァさま~

超心配で眠れなかったんですよね~

なのに「バカ野郎」って言っちゃう!

この素直になれない愛!!!

で、それをちゃんとわかっているアルト!

ふたりの関係性が素敵すぎます

look!
夜明けの唄 第6話 再会

夜明けの唄 第6話 再会

夜明けの唄 第6話 再会
海に溺れたアルトを助けたのは・・・
\お得な100円レンタル/
Renta!