ユノイチカ

「夜明けの唄 4巻」第15話 ネタバレ感想

IMG

こんにちは!

「夜明けの唄」が、早くも4巻に突入です!

発刊ペースが早くてうれしい!!!

ほんと、ありがたい・・・ほんと、すごい作家さんだと尊敬しています・・・

では、第15話の紹介です

海ホタル
海ホタル
この作品は、登場シーンも会話シーンも多いので、おおまかな感じで紹介をしています

詳しい内容を知りたい方は、ぜひ、本誌の方で確認をしてみてくださいね

「夜明けの唄」第15話 ネタバレ感想

look!
夜明けの唄 第16話 会合

\先行配信/
シーモア

領主と妻

領主さまとニナは赤ん坊を連れて海の近くでピクニックをしている

海の匂いを大きく吸い込み幸せそうなニナ

領主さまが「マーメイドは、海に帰りたいと思わないのか?」と聞く

ニナは、やっと手に入れた足と声・・・好きな人と赤ちゃん・・・・帰りたいとは思わない。と答える

領主さまは、ニナの目的のために、俺を頼ればいいのに・・・という

二ナの目的のためなら、島民たちに、夜の海へ行くよう号令を出そう。と言う領主さま

ニナは「うー--ん・・・」って顔

 

その時、ふたりの近くを、たまたま東の覡であるラウナが通りかかる

ラウナは、領主に軽くあいさつをし、そのまま歩きつづける

 

ラウナを見た領主は、自分が知らないところで、いろいろ何かが起こってて、それは、今までになかったことだ。と話す

ニナは、あなたは、自分の介入を望まず、事態を見届けたいだけ・・・だから、わたしはあなたを頼らないの。と言う

領主は、ニナの答えに納得した様子

海ホタル
海ホタル
やはり、ニナは、黒海が人間になった女性ってことですよね?
領主は、それを知っててニナを奥さんにし、子供まで作っちゃったってことですよね?

なんというか・・・二人の出会いが気になるわ~

開かれる会合

エルヴァ様の覡小屋で、ジュノ・レティ・コノエ・、マニエリ・アルト・エルヴァさまが集まって、なぜ、島の外の人間がこの島にいるのか?情報共有をしている最中に、ラウナがやってくる

みんなは、ラウナのことを警戒するが、ラウナが次々と、今、起こっていることを言い当てる

すべて、黒海が見せるヴィジョンで見たと言うラウナ

双子のダナを助けたいラウナは、この会合に参加をしたいと言う

 

タブレットを使いながら、現状を説明するジュノ

島の上半分である北側には、島民たちは立ち入ることができない

領主さまからは、自然をそのまま残すためだと説明されているが、実は、北側の海には港があり、そこで島の外から物資を受け取っている

そして、島の外の人間は、黒海には襲われない

さらに、世界中の地図から、この島の存在は消し去られ、外の世界の人間はこの島の存在を知らない

レティの家は、世界的に有名なかなりの大富豪だが、なぜか、この島の領主に従っていて、なぜ、自分の家がこの島の領主の言いなりなのか?それを調べるために島へやってきた

コノエは、秘密を探るため、修道院へ忍び込み、大巫女だけが触れる資料を調べた

そしたら、一部の資料がなくなっていることがわかる

なくなっている資料の中に、この島の秘密があると言うコノエ

ラウナは、自分たちが黒海と戦っている時に見るヴィジョンが、その秘密なのではないかと言う

ラウナは、あのビジョンは未来と過去が混在している「海が持ってる記憶情報だと思う」と話す

ラウナの予想を聞き、みんなが驚く

それを聞いたエルヴァさまは、自分が昔見た、ビジョンを思い出す・・・(体中に墨痣が広がった覡のヴィジョンです←コミック1巻)

あれは、一体、なんだったんだ?幻覚じゃないとしたら?と考える

さらに、アルトは、黒海が人間の体を乗っ取ることを見たとみんなに話す

 

会合が終わり帰るラウナ

帰り際、ラウナは、アルトに「あなたは何者?」と尋ねる

ラウナの言葉がひっかかるアルトは、もし、島の外へ出たら?なにか情報が手に入るのではないか?と考えるが、エルヴァさまを置いて外へはいけない。と思うのです

情報がきれいに整理された回でした!!!

黒海に乗っ取られた人間が子供も産めるとしたら・・・?

ニナは、アルトの父親を知っていると言ってたし、アルトの父親が黒海に乗っ取られた人間だったのかもしれません

でも、生まれた子供(アルト)は、黒海の記憶を受け継いでいない・・・

でもでも、ニナは、アルトが黒海の記憶を受け継いでいると信じてて、アルトに記憶がないかもと聞いてショックを受けてる

そういえば、コミック1巻で黒海に落ちたアルトは「役目を果たせ」という声を聞いている

つまり、黒海に乗っ取られた人間は、黒海の記憶を引き継ぎ、なにかの使命を果たす目的がある

その目的がなんなのかというと・・・

領主さまが、島民たちに夜の海へ行けと命令することもできると言っていることから、島民たちを黒海の餌食にすることなのでは?

島民たちの体を乗っ取って自由になるってことなのかもしれないと思います・・・

 

そして、世界中の地図から、この島の姿を消すほどの力を持っている領主さま!

領主さまは一体なにもの?

レティの家は大富豪なのですが、そのレティの家が領主さまに従わないといけない

つまり、権力や金よりも大きい力を持ってるってことですよね?

もしかして、黒海を世界中に開放する力を持ってるとか?!

いや、島民たちを黒海の餌食にして、世界に放つってことなのかも!

しかし、個人的に、領主さまがあまり好きじゃないので、この人に、そんなすごい権力があるなんてなんかいやだわーって思っちゃいます

外の世界にいくことを考えたアルト・・・エルヴァさまから離れることができないから諦めたみたいだけど・・・もしかして、外の世界へいくのかな?

次回の展開を待ちたいと思います

1巻の試し読みはこちらから