夏下冬

オメガバース「私立帝城学園-四逸-」2巻 夏下冬 ネタバレ感想

IMG

NEW第9~10話を更新・追記しました(2/29)

「私立帝城学園-四逸-」 情報まとめ
  • コミック1巻が2019年4月24日発売
1巻には1話~5話までが収録されています

こんにちは!海ホタルです

こちらの記事では、夏下冬先生の「私立帝城学園-四逸-」2巻に収録されると予想される連載を追いかけています

こちらの記事は配信されると最新話を追記していきます

この記事にはネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

「私立帝城学園-四逸-」はこんなお話です

  • オメガバース
  • ギムナジウムっぽい
  • 登場人物が多い

将来エリートになるアルファが集まる「私立帝城学園」

その学園に入って、将来エリートになって「オメガにとって生きやすい社会を作りたいという」と恋人の那治に振られた春太

那治の高い志に二度惚れした春太は

振られたものの、彼を支えるためにこの学園へと那治を追って入学するのです

そこで春太が目にしたのは、一緒の学び舎にいるのにオメガが下に見られる現実

特に、「四逸」と呼ばれるアルファの4人がこの学校では大きな権力を持っていて、その4人に気に入られたいとオメガもアルファもみんな必死になっている

失敗ばかりするけど、根がまっすぐで明るい春太は、この「四逸」の中の葵木に目をかけてもらえるようになるのですが・・・

春太の心はいつだって那治でいっぱい

那治も、実は、春太と別れたくて別れたわけじゃないことが判明し・・・

けれど、春太は、いつも自分を助けてくれる葵木のことも意識しだしていて・・・

この3人の先の展開がすごく気になるコミックなのです

「私立帝城学園-四逸-」第6話(ネタバレ有)

「オメガバースプロジェクト シーズン6-1」にて掲載。
オメガバース プロジェクト−シーズン6−1

オメガバース プロジェクト−シーズン6−1

気分転換に「乗馬合宿」へ参加した春太

那治の胸で不甲斐なく泣いてしまった・・・

恥ずかしくて・・・なさけなくて・・・気持ちが不安定になる春太

そんな春太を「乗馬合宿」に誘ってくれる葵木

春太は「乗馬合宿」に参加することになる

けど・・・馬さえも自分のいうことを聞いてくれず・・・春太の気持ちはどん底に!

そんな春太の目の前にさっそうと馬に乗るかっこいい葵木の姿が・・・

葵木から馬に乗るためのコツを教えてもらって、俄然、馬に乗る気もちが意欲が湧いてくる

葵木と一緒に遭難した春太!

そして、合宿3日目・・・

葵木と組んで馬に乗って散策に行くことになった春太

のんびりと森の中を散策しながら、葵木と会話をしていると

雲行きが怪しくなってくる

そして、いきなり落雷の音が響き

驚いた春太の馬が暴走

春太を乗せたまま勢いよく走り出し、春太は自分の体が馬から落ちる感覚を味わう

そして・・・次に目を覚ますと、そこは小屋の中

暖炉に燃える火が見える

あわてて身を起こすと、春太はすっぽんぽん状態

葵木が「気づいたか?」と声をかけてくれるが・・・

その葵木もすっぽんぽん!!!驚く春太!!

葵木は、濡れた服を乾かしている

低体温症を心配して服を脱がしたみたい・・・

葵木がくしゃみをして、春太は自分にかけてもらっている毛布を葵木に渡そうとする

そしたら、葵木が春太の体ごと毛布にくるまる

裸のまま葵木と密着しし、ドキドキする春太だけど

葵木が鼻を鳴らしているのを見て

「(自分のせいで)ごめんなさい」とシュンとなる

葵木は「状況を読み切れなかった自分の責任でもある」という

春太は「いつも先輩には助けてもらってばかりで・・・もっと強い人間になりたいです」と答える

そして、そのまま葵木の胸の中で眠り出す春太

葵木と春太ターンですね

遭難→裸で密着というなんとも色っぽい展開にドキドキです

こんな時でも冷静な葵木がこれまたかっこいい!

でもって、こんな時でも、自分に厳しい春太のまじめさがなんともいいと思います7

ほんと・・・この春太は、ドジっ子なんだけど、頑張り屋さんだから応援したくなるキャラなんですよね~

遭難したふたりの距離が、縮まるといいなと思います

私立帝城学園-四逸-[番外編 -お子様はα-2](ネタバレ有)

「オメガバースプロジェクト シーズン6-2」にて掲載。
オメガバース プロジェクト−シーズン6−2

オメガバース プロジェクト−シーズン6−2

海ホタル
海ホタル
「奥様はα」で登場した隆臣と一昌の番外編となっています
奥様はα

奥様はα

子供のために社交ダンスをするふたり

隆臣と一昌とふたりの子供の昌巨が「お遊戯会」と聞いてやってきた場所は、舞踏会が開かれそうな華やかな部屋

先生から「まずはお父さんとお母さんにお手本を見せてもらいましょう」と合図をされ

踊り出す隆臣と一昌

どちらがリードするか?と話しながら踊るふたりだけど

どちらも息子の昌巨にいいところを見せたい

けれど・・・

一昌は社交ダンス初心者

社交ダンスを踊ったことがある隆臣がグイっと一昌の腰を寄せ

リードをとる

一昌の鼻に自分の鼻をツンとし「昌巨にいいところ見せたいものな」と言われ

一昌はぐぬぬ・・・という感じで、隆臣の鼻をガブリ!

そして・・・

次は子供たちが踊ることになるのですが

子供の昌巨は、まっさきに「ちーちゃん」のもとへといき、鼻をツンとくっつける

一昌は、「隆臣の真似してる!カワイイ」と笑っているけど

その横で、隆臣は持っているティーカップを揺らすほど動揺しているという・・・

昌巨といつも一緒にいる一昌は、息子が大好きな「ちーちゃん」の存在を知っていたけど

隆臣は、初めて知ったみたい

息子の初恋に動揺する隆臣!

親ばかぶりがほほえましいですね(^^♪

私立帝城学園-四逸-第7話(ネタバレ有)

「オメガバースプロジェクト シーズン6-3」にて掲載。
オメガバース プロジェクト−シーズン6−3

オメガバース プロジェクト−シーズン6−3

新キャラの登場!

葵木と一緒に遭難した春太

ふたりは何事もなく無事、学園に帰ってくることができる

海ホタル
海ホタル
!!!!
あの状況で!!!
なにごともなかったんかい!!!と思わずつっこみを入れたくなる!

いやいや・・・・葵木は紳士ですからね・・・

当たり前か?!

でも!!!期待したのに!!!!

気分を新たに学園生活に戻った春太

那治とも以前のように接することができる!と、目の前にいる那治に声をかけようとするけど

いざ、声をかけようとすると、那治に泣きついてしまった自分がフラッシュバックする

那治から逃げる春太

「どうしよう・・・」と暗くなりながら廊下を歩く

すると、那治が出てきた部屋からピアノの音が聞こえて・・・

その部屋のドアをそっとあける春太

すると、その部屋にいたのは那治の兄の那都(なつ)がいる

春太は、顔見知りのようで、那都を見てうれしそう!!!

海ホタル
海ホタル
突然登場した那都

もともとこの学園の生徒だそうで、一時帰国で学園に戻ってきたって言っている

どこかに留学していたのかな?

回想シーンへ!那都・那治・春太の出会い

ふたりは、湖畔にいき、話をします

春太は、那治と別れたことを那都に報告し

那都は「弟のことをどうか悪く思わないでほしい」と言う

春太は、自分がどんなに情けないか・・・那都に弱音を吐く

那都は「那治は春太のことをそんな風に思っていないよ・・・一緒に育ってきた自分が言うんだから間違いないよ」といい

ここから、那治と那都と春太の出会いの回想が始まります

春太が小学生時代、近所にだれも住んでいない廃墟のような大きなお屋敷があって、そこから夜な夜なピアノの音がする・・・お化けを見た。という噂が流れる

それが本当なのかどうか?

証拠をつかもう!と春太は夜の廃墟となったお屋敷へと忍び込むのです

夜・・・・お屋敷の中へと入った春太は、ピアノの音に導かれて部屋へと入っていく

そこにはピアノを弾く一人の少年がいて

忍び込んできた春太にとびかかってくる少年が!

この時、ピアノを弾いていたのが那都で

春太にとびかかってきたのが那治

どうも、那都は父親からピアノを弾くことを禁止されていて

この廃屋にあるピアノを見つけて、夜な夜な弾いていたみたい

那治は、兄がピアノを弾きたい気持ちを応援していて

春太に「誰にも言わないで」とお願いする

春太は「誰にも言わないよ」と笑う

翌日、学校で、春太は友達から「バッカみたい」とからかわれるが

那治と那都と友達になれて、むっちゃうれしそう!

けれど・・・・3人で遊んだこの廃屋のお屋敷が解体されることになって・・・・・

えええ!!!!

ここにきて!!!!

いきなりの過去ターンですか???

しかも!

那治の兄がいきなり登場するという・・・・

物語はどういう方向に進んでいるのか?さっぱりわかりませんヨ???

雨宿りイベントで葵木と春太の距離が一気に縮むかと思われたんですが・・・それもなかったし???

那治は那治で、会長にロックオンされた状態のまま

会長・・・ほんとグイグイいくなー・・・

那治には春太と幸せになってほしいんですけど!!!

あ・・・

那治と葵木・・・どっちも応援しているので!!!

ラブの部分の進展を早く見たいです

私立帝城学園-四逸-第8話(ネタバレ有)

「オメガバースプロジェクト シーズン6-5」にて掲載。

廃屋屋敷が解体されることになり・・・

那都がピアノを弾ける唯一の場所だった廃屋屋敷の取り壊しを知って

ショックの3人

「きっと父に見つかったんだ・・・ここは、もう諦めよう・・・」という那治

納得ができない春太は

「お父さんのせいなら、お父さんにお願いしてよ!」という

「なんで、そんな簡単に諦めちゃうんだよ!」という春太に

何も知らないくせに!と怒りが湧く那治

「僕たちのことなにも知らないくせに!」とプルプル泣きながら叫ぶのです

ひとりでもこの場所を守ろうとする春太

春太は、大事なこの場所を守ろうと

解体業者が来る日にひとりで屋敷の中に立てこもる

そして、業者の人間が中に入ろうとすると小麦粉爆弾を投げつけたり

爆竹を慣らしたりして

解体の邪魔をする

大人たちの目をすり抜け奮闘する春太

邪魔し続ければ、きっと、この場所を守れると信じている

一方・・・春太にひどいことを言った那治

那都に「謝りに行こう」と誘われ春太の家へと向かう

そして、春太のお父さんから

春太がやっていることを知らされるのです

那都と那治は、廃屋屋敷へとかけつけます

大人相手にひとりで戦っている春太だけど

相手は大人

最初は冷静に「おじちゃんたちも仕事だからさ・・・出ておいで~」って感じだったんだけど

イライラしてきた業者たちが、ついに力づくと春太をつかまえます

春太のピンチに表れた那治

「永南の息子です」と自分が有名議員の息子であることを業者に伝えて

「一晩だけ解体を待ってほしい」とお願いするのです

シーンは、ピアノのある部屋へ

ここを守ることができなかった春太は泣きっぱなし

その春太の隣に座って慰める那治

「今日で最後だよ」と一緒に那都のピアノを聞こうと言ってくれる

でも、春太はふえっふえって泣くのが止まらない

「僕たちのためにありがとう・・・ここはもうすぐなくなるけど、思い出はこれからも作っていこう・・・兄さんのピアノは僕が守っていくから・・・」というのです

春太は、自分も協力する!という

そんな春太のほっぺにちゅっとする那治

春太は、ぶわわわわ・・・・と赤くなって

那治の口にちゅっとしかえすのです

那治は笑って・・・

最後のページでは、笑いながら那都のピアノを聞くふたりの姿が・・・・

那治と春太の過去編でした!

ふたりの絆の深さがよくわかるエピソードなのですが・・・

なら、なぜ、那治は春太を振る~~~???と納得しない気持ちがフツフツと湧いてくる結局、那治はお父さんには逆らうことができないってこと?

この流れでいくと、やはり、最後は那治と春太がくっつく?

もやもやが続きますが

次回の展開を待つしかないですね・・・

私立帝城学園-四逸-第9話(ネタバレ有)

「オメガバースプロジェクト シーズン6-6」にて掲載。

那治に対する感情は「憧れ」だと指摘された春太

シーンは、那都と春太が一緒に喋っている湖畔からです

昔話に、「そんあこともあったねぇ・・・・」と話すふたり

そこに後ろから「お前のそれは恋っていうのか?」と声がする

春太が振り返るとサングラス生徒会長がいて・・・

驚く春太

サングラス生徒会長は「いいことを教えてやるよ」と言って

「お前が那治に抱いている感情は、恋じゃなくて憧れだと思う」と春太に言うのです

「そんなこと(ない)!」と言い返す春太

だけど、生徒会長は「本当に好きだったら将来に向けて集中したいって言ってるあいつの言葉を尊重するだろ」といい

さらに、春太が、いつも那治を自分を比べていることを指摘する

「お前はあいつと一緒にいる時の自分のことが好きか?」と問うサングラス生徒会長

春太は、その言葉になにも言い返すことができない

自室に戻って、ベッドの上で悩む春太

考えすぎてつらくなってきて、もうすぐ冬休みで帰省が控えているからと荷造りをしだす

荷造りの最中に、以前、葵木から借りたハンカチが出てくる

「新しいのを買って返そう・・・」と街に出る

那治に対する感情は「憧れ」だと指摘された春太

ハンカチを買う最中、ウィンドウに並ぶ万年筆のインクが目に入る春太

ふと、葵木の姿が頭によぎり、「深海」という名前の万年筆インクを買うのです

寮に帰り、葵木の部屋を訪ねた春太は、葵木にお礼を言って、ハンカチと万年筆インクを渡す

「これは先輩に似合う色じゃないかと思って・・・」と万年筆インクを渡す春太

葵木は、ほほえんで「ありがとう・・・大事にするよ」と答える

葵木の表情に赤くなる春太

葵木は試し書きするから・・・と言って、春太にお茶をいれてくれる

万年筆を走らす音が部屋に響き、温かいお茶を飲む春太

春太は、葵木に「先輩は、誰かに憧れたことがありますか?」と聞く

葵木は「あるな」と答える

「それを恋愛だって思ったことは?」と聞く春太

「そう思ったとしても不思議じゃなかった・・・」と答える葵木

そして

「恋愛であっても憧れであっても相手に抱いた気持ちは嘘じゃない・・・どちらでも大事なものだ」というのです

葵木のその一言を受け止める春太

私立帝城学園-四逸-第10話(ネタバレ有)

「オメガバースプロジェクト シーズン6-6」にて掲載。

那治への気持ちは「憧れ」だったと伝えた春太

学園が冬季休暇に入る

春太は父親の帰国タイミングで帰る予定で、年末まで寮に残ることに!

友人を見送った後に、街を歩く春太

そこで、那治とばったりと会う

那治に誘わて一緒に食事をし、那都が帰ってきた話で盛り上がる春太と那治

那治は、「兄さんの音源を一緒に聞かない?」と自室に春太を招く

ベッドに座る春太のヨコに座る那治

春太は那治との距離に緊張している

そして、ひとつのイヤホンを分け合って、一緒に那都のピアノを聞くんだけど

春太は、こうして、横に座って一緒に音楽を聴いていると子どもの頃を思い出すのです

そして、イヤホンを外し

「おれは、那治になりたかったのかな・・・」と話しだす

 

子どもの頃、自分をかばって大人にはむかっていった那治

那都のために必死にがんばっている那治

那治は、いつだって自分以外の誰かのために頑張っている・・・

自分の胸にある那治にある気持ちを「憧れだ」と言われた時

どうしていいかわからなくなったけど

でも、那治に対うる思いは嘘じゃないから、今なら、那治と別れたことを受け入られると思う・・・と話すのです

春太の言葉を黙って聞いていた那治は、春太の手に自分の手を置いて

「本当に、ただの憧れ?」と聞く

春太は、自分は、いつだって那治と自分を比べている・・・俺は、那治になりたかっただけなんだ・・・と答えるのです

那治は、春太が自分に向ける感情が「恋」ではなく「憧れ」だとわかっていた・・・と話し

「それでも僕は春太のことが好きだよ」と春太に言うのです

春太は那治を傷つけた・・・と胸が痛くなる

そして、「こんなことになるんだったら手放すんじゃなかった」と那治は春太のことを押し倒す!!

「那治・・・ごめん」という春太

「本当は別れたくなかった!」という那治

那治・・・・発情?顔がほてって、目がぎらぎらしだす

「春太がほしい」と言って強引にキスをする那治

春太も発情がはじまって

あっという間にズボンにシミが広がる

恥ずかしくて背中を丸くし体を小さくする春太

那治は、その春太に覆いかぶさり、そのまま春太のスラックスをずり下げて、春太の敏感な場所を指で刺激しだし・・・

えっとですね・・・

現在、わたしは、那治と春太を応援しているので

この展開はちょっとつらかったな・・・

世の中には、「恋人の好きなところは?」と聞かれて「尊敬できるところです」って答えるカップルってたくさんいるじゃん!

それも立派な恋じゃん!

なんとか春太に考え直してもらいたい・・・

 

「私立帝城学園-四逸-」第11話(ネタバレ有)

読み次第こちらに追記予定です

夏下冬先生おすすめコミック
海ホタル
海ホタル
夏下冬先生が出しているオメガバースBLです

「オメガバースBL」なのですが、従来の「オメガバース」とは一味ちがうところが人気となっています

アルファ同士で見合い結婚

なのに、アルファゆえにお互いに挿入が譲れない

好きだからこそ、相手を支配したいというアルファのふたり

奥様が頼った場所は・・・・セックスカウンセラー!!!

こんな流れあり?という面白さがあった作品です

海ホタル
海ホタル
ちょっとおバカな売り専ボーイの恋する姿がとっても面白かった作品です

ふたりの恋が真面目な恋に展開していく流れにとってもキュンってくる作品です