やかん

「女体化した僕を騎士様達がねらってます」22話/やかん/原作:祈みさき

IMG

こんにちは!

「女体化した僕を騎士様達がねらってます」第22話の紹介です

リューンとロイドに愛されて幸せいっぱいのアルト

では、紹介に行ってみましょう

紙書籍はこちらからどうぞ!

第22話のネタバレ

look!
女体化した僕を騎士様達がねらってます ―男に戻る為には抱かれるしかありません!― 22
呪いを受けて女の子になってしまった司書のアルト。一度男に戻るためには、男と交わらなければならない!?
Renta!

実家の家族に二人を会わせたい

大学でヴィゼル教授の助手として仕事をし、家に帰ればやさしい恋人たちが笑顔で迎えてくれる

充実した日々に幸せいっぱいのアルトだが、自分たち3人にこれ以上家族が増えないことが寂しい

ある日、エッチの後、それを口にしちゃうアルト

翌日、こんなに愛されているのに、それ以上を望む自分に自己嫌悪する

が!

その日、ロイドが犬を、リューンは猫を連れて帰ってきて!

アルトに「新しい家族」と言ってプレゼントする

幸せでいっぱいのアルト

二倍あふれる愛に溺れて、自分もふたりにたくさんの愛をあげたいと思うのです

アルトは、自分の家族にこの2人を会わせたいと思う

でも、実家は遠いし、もうしばらくは無理だよね・・・と思っている

力をつけよう

ヴィゼルの従者であるヨハンがアルトを迎えにやってくる

「ヴィゼル様が呼んでいます。」と言われ、連れていかれたのは王宮

なぜ?王宮に?と困惑するアルトだが、ヴィゼルは、国王とむちゃくちゃ親しい仲だった(←たぶん、できてる的な意味で親しい間柄)

ヴィゼルに言われた「誰にも有無を言わせない富と権力を手に入れなさい」と言われた一言を思い出すアルト

あれは、ヴィゼル本人の生き方を教えてくれようとしていたんだ・・・と思う

海ホタル
海ホタル
まさに、ヴィゼル本人が、世界最高峰の頭脳と、そして、王政府と言う巨大な後ろ盾を持っている

今のアルトは、学生たちの信頼を得れず、愛する2人は「男娼をかこっている」と陰口をたたかれている

それは、自分がまだ未熟だからなのだと考えるアルト

出世をしようと心の決めるのです

後継者にしたいと考えている

ヨハンと会話するアルト

ヨハンは、解放奴隷だったが、ヴィゼルに引き取られ、それから7年間、ヴィゼルのもとで働いていると言う

ヴィゼルさまは、恐ろしい方ですが、同時にやさしんです。と話すヨハン

アルトのことを後継者にとお考えです。とヨハンに言われ、驚くアルト

でも、ヴィゼルは、「血のつながりより、自分が選んだ人間にすべてをたくしたい」と言っていた

その道を切り開くのは自分自身だと思うアルト

望むところだと気合を入れる

そんなアルトを見たヨハンは、ヴィゼルがアルトには闇社会に接触をさせないことを知っていて、よほど、アルトのことを大切にしているのだろうと思う

この作品は絵ノベル化・タテコミ化されています