やかん

「女体化した僕を騎士様達がねらってます」3巻 やかん/原作:祈みさき

IMG

NEW第19話を追記しました(6/23)

こんにちは!

「女体化した僕を騎士様達がねらってます」の2巻が先日発売されました!

紙書籍の方は購入していないので、何話まで収録されているのか気になりますが・・・

でも、15話からは3巻収録ではないかと・・・思っています・・・

紙書籍はこちらからどうぞ!

第15話のネタバレ

look!
女体化した僕を騎士様達がねらってます ―男に戻る為には抱かれるしかありません!― 15
呪いを受けて女の子になってしまった司書のアルト。一度男に戻るためには、男と交わらなければならない!?第15巻【全33ページ】

Renta!

異物挿入あり!館長がコワイ!アルト大ピンチ!!!

館長の目の前で女体化してしまったアルト

驚く館長だけど、以前、ロイドから「呪い」について尋ねられたことがあって、アルトが「呪い」の被害者だとすぐに理解する

アルトは、館長が同情してくれた?と一瞬ホッとするんだけど

館長は「お仕置きの続きをしよう。君の躰をじっくり調べさせてもらうよ」と怪しい顔を見せる

そのままアルトのチクビを刺激しだす館長

アルトは、あの二人以外に触られるのは嫌なのに・・・と思いながらも感じてしまう声が出てしまう

館長は悪い顔を見せながら「呪いで変化した躰がどうなっているのか確認しよう」とアルトの秘部をまるで実験観察するかのようにじっくり指で開けたり押したり出し入れしたりしだす

アルトの秘部は密があふれ出す

館長はアルトに「あの二人は君の呪いを解く気はなかったんじゃない?」と言う

「君は騙されていたんだ」という館長

館長がアルトに口づけしようとすると、アルトは、館長に思い切り頭突きをする

そして「あんたに何がわかるんだ!ロイドとリューンは本気で僕の呪いを解こうとしてた!」と怒りをぶつける

反抗するアルトの姿が面白いといわんばかりに「壊しがいがある」という館長

館長は試験管を取り出し、アルトの穴に突っ込む

増やされていく試験管

怖くなって、プルプル震えながら「抜いて」と頼むアルト

館長は「試験管が割れてガラスまみれになったら、誰も挿入できないね」と愉快そうに言う

アルトは泣きながら「ごめんなさい」と言うんだけど

館長は「じゃあ、お仕置きには別のものを使ってあげよう・・・・何を挿れてほしい?」とアルトに聞くのです

アルトは涙を流しながら「館長のを挿れてください」と答える

そのまま館長に犯されるアルト

そのころ・・・ロイドとリューンはアルトがいないことに気づいて探し始めてて・・・

うわーーーー・・・・・

すみません・・・

わたし、異物挿入はダメなんですよ・・・・

だから、ちょっと、この回は読むのがきつかった・・・

館長!サディストだったわー・・・

アルトがかわいそうすぎる!!

館長が挿入するまでにロイドたちが助けにきてくれるって展開を期待していたんですが

みごとに裏切られてしまいましたーーー・・・ちーーーーん(涙)

第16話のネタバレ

look!
女体化した僕を騎士様達がねらってます ―男に戻る為には抱かれるしかありません!― 15
呪いを受けて女の子になってしまった司書のアルト。一度男に戻るためには、男と交わらなければならない!?第16巻【全27ページ】

Renta!

男の躰に戻っても・・・館長からの責めは終わらない

アルトの中でイった館長

アルトは男の子の躰に戻ります

「これで解放される・・・」と思うアルト

しかし、館長はアルトの真っ平らな胸を見て「こっちの方がいいね」とそのままアルトの後孔に指を入れる

驚くアルト

「やめて」というけど、館長に前立腺を刺激され、あっという間にビクリとイってしまう

前立腺の感覚と自分が精を放ったことに驚くアルト

館長はアルトの反応を見て愉快そうに「ここが男のいいところだって知らなかった?」とさらに前立腺を刺激する

二度目は、中だけでイッてしまうアルト

立て続けに2度、高みに昇りつめたアルトはハアハア状態

そんなアルトに「ご褒美をあげよう」という館長

「以前、なぜ私が結婚しないか聞いたね?」「それはね・・・こういうことだよ」とアルトのブツを自分の中へと入れる

アルト!ビビる!

その感覚に「ふえ・・・!?!?」って感じ!!

館長はうっとりした顔をし、ベッドをギシギシ揺らす

あっという間に果てるアルト

うれしそうな顔をした館長は「何度でもイキなさい」とまた腰を動き始める

全部を搾り取られているような感覚になるアルト

ロイドとリューンが助けにやってきて

そこで・・・

バンッと大きな音を立ててドアが開けられて

リューンとロイドが入ってくる

ベッドの上にいる裸のアルトを見て頭に血が上るロイド

館長をなぐる

ロイドは倒れた館長の胸倉をつかむんだけど

リューンがロイドの暴力を止める

リューンが「そいつは殴っても無駄だ」と叫び

館長は愉快そうに「殴っても無駄だ」と笑う

リューンが「叔父さんは殴られると喜ぶぞ!」

海ホタル
海ホタル
どうも・・・館長・・・ドMみたいです

呪いの術式を誰が書いたのか?ようやくわかる!

館長は「わたしは君たちと同じことをしただけだよ。いや・・・男としての悦びを教えてあげた分、甥っ子たちより深い関係になってしまったかな?」という(←楽しそう!)

ロイドもリューンもアルトも・・・

顔がピキピキピキ・・・ッって感じになっちゃう

館長からアルトの手枷の鍵を受け取るリューン

二人の会話からリューンが館長の甥っ子だと知るアルト

リューンは自分の叔父である館長が男の子大好きのヘンタイのどMと知っていたみたいで

「僕がもっとしっかりアルトに忠告していたら・・・」と反省している

そんなリューンを見て、館長は、呆れたように「リューンもしつこいねぇ・・・11年前、わたしが筆おろしをしてあげたことをまだ根にもっているのかい?」と言う

その発言に、驚いて目を見開くロイドとアルト

リューンが、「あれは未遂だった!」とむっちゃ怒ってる!

館長は、陽気な感じで「そうだったね!」あははは!!!って笑っている

館長の真実の姿を知ったアルトが「変態だ!」と叫んでる

館長に「僕の躰どう思いました?」と聞き

呪いの術式を館長に見せる

それを見た館長は「なぜ・・・君たちはすぐに私のところにこなかったのかな?」という

「この呪いはわたしが作ったものだよ」というのです

前回・・・

けっこうシリアスな感じの展開をしていたのですが

今回は

全体にコミカルな感じ?になっています

いやー・・・

館長がネコって・・・

しかも、「DT」好きのヘンタイという事実に衝撃を受けましたよ!!!

アルトのブツを自分に入れて、うっとり顔の館長が面白すぎです!!!

さらに、衝撃だったのは

アルトが前立腺の感覚を知らなかったことだよね・・・

ええ!!

ロイドとリューンって・・・・

下手やん!下手なんやん!!!!って思いました!!!(笑)

前立腺を知らずにアルトの後孔につっこんでいたとは!?

後孔を刺激されたほうが圧倒的に気持ちよさそうなアルトの反応にも注目です!

次回の展開も楽しみにしたいと思います

第17話のネタバレ

look!
女体化した僕を騎士様達がねらってます ―男に戻る為には抱かれるしかありません!― 17
呪いを受けて女の子になってしまった司書のアルト。一度男に戻るためには、男と交わらなければならない!?【全31ページ】

Renta!

ヘンタイ館長の態度のイライラするアルト

館長が術式を作ったと知り驚くアルトたち

どうしてあんな呪いを作ったのか?と聞くと

館長は「戯れに作れると思ったからだよ」と答える

ショコラの作り方は行程が多く繊細で難しい

つくるのに集中力が必要なショコラは術具として最適だったと語る館長

「なぜ?わざわざ性別が変わるなんて呪いを作ったのか?」と聞くと

「純然たる趣味だ」とどや顔でいう館長

実際、アルトを凌辱してみて、自分の嗜好は間違ってなかった!とキラキラしながら答えるのです

その答えに、むちゃくちゃイライラしているアルト

館長は、自分が作った術式が盗まれたのは私の責任だ・・・と謝ります

が!

でも、わたしは作っただけで呪いをかけたわけじゃないから恨まれるのはお門違いだよ!とケロリとした顔で言う

アルトの怒りはピーク!!!

ちなみに、この呪いの対価は、「幸せだった時間のすべて」だそうで

呪いをかけた女性は今も昏睡状態であることをアルトは話します

館長は、興味津々という顔で「そう作用するの?面白い!ぜひ、術者の経過観察もしたい」と返事をします

アルトは、事の重大さを研究対象としてしか見ることができない館長にイライラしながらも

自分の呪いを解いてほしい。とお願いします

最初、術は解けない・・・・ととぼけている館長だけど

アルトが館長の大事にしている書物を燃やしはじめたら

あわてて「わかった!呪いを解く」というのです

解呪には準備が必要で最低でも二日かかるそうで

アルトの術を解くのは明日の夕方となる

文官用宿舎の大浴場につかりながら体を休めるアルト

解呪してもらえば明日から女体化せずに済む・・・と考え

今日は女になる最後の夜だと思うのです

ロイドとリューンのことを思い

自分はどちらを選ぶのか・・・と考えるアルト

おおおお!!!!

ついにアルトの呪いが解ける?とドキドキしちゃいました!!

ヘンタイ館長のひどい言葉の数々にイライラするアルトの怒りが怖いのにコミカルで笑えます

怒ってもかわいいんだよね~!

本当にアルトの呪いをとくことができるのか?

次回の展開が楽しみですね

第18話のネタバレ

look!
女体化した僕を騎士様達がねらってます ―男に戻る為には抱かれるしかありません!― 17
呪いを受けて女の子になってしまった司書のアルト。一度男に戻るためには、男と交わらなければならない!?【全37ページ】

Renta!

今夜が最後・・・

女体化する最後の夜・・・

アルトは自らリューンとロイドに抱かれに行く

夜になって最後の夜を惜しむかのように激しくふたりを求めるアルト

「僕のからだをたのしんで!」と高揚した顔でおねだりする

リューンもロイドもアルトの思いに答えるように激しくアルトを抱くのです

呪いが解ければ、もう女体化することもない・・・僕のことを忘れないで!と涙を流すアルト

いよいよ呪いが解ける?

そして・・・

翌日、館長の元に向かう三人

館長は、呪いを解くショコラを用意してくれてて、アルトは、それを飲む

呪いが解けて、日が暮れても女体化をしないアルト

女体化しないことに驚き感激するアルトだけど、同時に胸に痛みが走る

 

そして・・・さらに翌日・・・

文官として働くアルト

もう、リューンとロイドは迎えに来ないんだな・・・・と寂しい気持ちになる

図書館からの帰り道・・・

夜の街をひとりで歩くアルト

自分は下級文官で、リューンとロイドは貴族のエリート軍人・・・

もともと、一緒にいられる関係じゃないんだ・・・と自分に言い聞かせている

そんなアルトの前にリューンとロイドが現れる

リューンとロイドは、アルトを図書館まで迎えに行こうとしていたみたい

アルトは、迎えにきてくれたふたりにドキッとする

リューンは「これから飲みに行こう!」と誘ってくれるけど

アルトは「ロイド様・・・リューン様」とお辞儀をし、「これからは個人的に図書館に会いに来るのは控えてもらえませんか?」という

ロイドは「なんだよ!それ!」と怒るけど

リューンが、そんなロイドを止めて、「少し時間を置こう」と言う

アルトは「失礼します」と二人の前から去っていくのです

第19話のネタバレ

look!
女体化した僕を騎士様達がねらってます ―男に戻る為には抱かれるしかありません!― 17
呪いを受けて女の子になってしまった司書のアルト。一度男に戻るためには、男と交わらなければならない!?【全31ページ】

Renta!

アルトの香り

リューンとロイドと別れたアルトに、こんどはマルゲリータさんが声をかけてくる

マルゲリータさんは「アルトに会いたかったの!」と言って

アルトの香りにインスパイアされて作ったショコラを見せてくれる

アルトは、ショコラのいい香りに気づくが

女体化しなくなった今、自分からは、こんないい香りはもうしない・・・と思うのです

マルゲリータさんに「僕・・・匂いしなくなってるでしょ・・・」というアルト

マルゲリータさんは「あなたのおかげでできたショコラだから、貰ってちょうだい!」とアルトの頬にそっとキスをする

マルゲリータさんは、アルトの元を立ち去るが、アルトの匂いは、以前より弱くはなっているもののしないわけじゃないわ・・・と思っている

 

そして、マルゲリータにもらったショコラを口にするアルト

甘いショコラの香りが口に広がり・・・「これが、僕の香りだったんだ・・・」と両目から涙がこぼれる

呪いが解けて、もう女体化しないのはうれしい・・・けど、胸に広がるこの虚無感はなんなんだ?と思う

ロイドとリューンは、いまでこそ、呪いの余韻に酔って自分の元にきてくれる

けれど、それも、時間と共に正気に戻って、何の価値もない自分からいつか離れていくのだろう・・・

元の「ただの平民」と「宮廷騎士」の関係に戻っただけなのに・・・

2人との未来を見た今となっては、もう、元には戻れない・・・と思うのです

高みを目指すことに決めたアルト

アルトは、館長の元へと向かいます

そして「国際大学受験の推薦を書いてください」と頼むのです

アルトは、今のままでは、ロイドとリューンの傍にはいられないとより高みを目指すことにするのです

館長は「国際大学へは世界中から優秀な若者が集まる・・・倍率は500倍だ・・・それに、君の場合、文官をやめたら家族への仕送りはどうするんだ?」と聞く

アルトは、家族にはしばらく苦労をかけることになるけど、自分は、出世して、今の何十倍も稼ぐ人間になります。と答える

館長は、ならば、来年の入学試験を待たず、編入試験を2週間後に受けれるよう手配しよう。と言う

2週間後!と聞いて、驚くアルトだけど、「もし、受かったら、お祝いに教科書代を出してください!」と答える

アルトの答えが気に入った館長は「卒業までの生活費も出してやろう」と言ってくれる

アルトは、館長の返事に驚くけど、嬉しそうな顔になる!

そして、受験が済んだら、ロイドとリューンに会いに行こう!と決意するのです

 

館長は、ロイドとリューンに、アルトが国際大学の編入試験を受けることになったことを話す

驚くふたりだけど、リューンは、高望みしなかったアルトががんばろうとすることを喜ぶ

ロイドは、なにをしようとアルトはアルトだろ・・・変わる必要なんてないのに・・・と言いながら、アルトががんばるなら応援する!と言う

そして、アルトの受験が終わったら、もう一度、ちゃんと話をする!というロイド

リューンも、自分もそのつもりだ!と答えるのです

アルトが前向きになってよかったです

もう・・・ほんとうに女体化しないのかな?

「女体化した僕を騎士様達がねらってます」第20話

配信の予定は未定となっています

配信され次第、追記していきます

この作品は絵ノベ化・タテコミ化されています