楢崎壮太

楢崎壮太「ねこねこケイヤク」ネタバレ感想

IMG

追記 最新話・最終回を追記しました(10/06)

マガジンビーボーイで2018年7月号より楢崎壮太先生の「ねこねこシリーズ」の新作がスタートしています

タイトルは「ねこねこケイヤク」

黒川くんのお友達だった駒野くんが主人公です

ふわふわって髪のメガネくんです

ねこねこシリーズにしては、連載2回めより結合シーンがあり、ちょっとアダルトな感じ?

大人腐女子歓喜的な?期待大!?笑!!

では、連載を追いかけていきたいと思います

こちらの記事は配信されると最新話を追記していきます

この記事にはネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

「ねこねこシリーズ」のご紹介

  • もふもふBL
  • ほのぼのBL
  • エロ少なめ

「ねこねこシリーズ」は楢崎壮太先生が描く大ヒットBLコミック

猫屋家の三兄弟には秘密があって、実は、ショックな事がおきると猫に変身しちゃう特異体質なのです

「ねこねこハニー(全2巻)」では末っ子の亜以が主人公。同級生の黒川くんとくっつきました

すっごいヘタレな亜以のことを、むっちゃ好きなイケメンの攻めの黒川くんにキュンキュンさせてもらったんですよねー

エロ度ゼロ作品ですがむっちゃ心が癒やされる作品なんです

そして「ねこねこダーリン(全3巻)」では、次男の紗以が主人公に!意地っ張りでしっかり者の紗以のお相手は幼馴染で同級生の善治

しかし、善治は実は猫アレルギーで、二人の間には、いろいろ誤解や勘違いが生じて、それがやきもきする展開ですごく読んでいて楽しいBLコミックでした

そしてそして「ねこねこベイビー(1巻完結)」では、長男の珂以が主人公に!たったひとりの美人に振られ続けている一途な恋愛が楽しめて、読んでいてキュンキュンできる展開となっています

どの作品もエロを楽しむための作品ではなく、かわいい猫を愛でてうっとり癒やされる作品となっています

ショックを受けると猫になっちゃう

猫になっちゃうと誰かの手を借りなければならない

その誰かっていうのが、片想いの相手であったり・・・気になるけどムカつく相手だったりして・・・甘酸っぱい気持ちになれる作品なんです

あー!!もふもふサイコー!!!!

「ねこねこケイヤク」はこんな感じのお話です

黒川くんのお友達の駒野くんが主人公なんですが、表紙には「チャラ男メガネくんと強面の留年クラスメイト」ってありました

煽りには「逃げらんないように閉じ込めていい?」

ねこねこシリーズにしては、少々、攻めてる感じの煽りですね!

駒野くんはチャラ男って設定らしいので、ゴーインな展開を楽しめるかも!

「ねこねこケイヤク」第1話

「ビーボーイ2018年7月号」にて掲載。

第一話から勘違いループに突入?盛り上がりそうな予感が!

黒川くんのお友達の原口くんと駒野くん

特に原口くんは黒川くんへの愛が重すぎて、「ねこねこハニー」では、むっちゃ黒川くんの恋愛を引っ掻き回していた人物

そんな原口くんの愚痴を延々と気長に聞いている駒野くん

駒野くんの後ろの席には小根森くんが座っている

小根森くんは一年留年してて、ピアスを開けてて、眼力がすごいので、クラスメイトからはビビられている存在なんだけど、チャラ男の駒野はそんなの気にしない

むしろ、かっこいいし気になる存在だなって思っている

けれど、最近、小根森くんの視線の先には黒川がいる

黒川くんに呼び出されてなにやらこそこそしていて、駒野は気になって仕方ない

でも、ある日、人気のない技術室がわざわざカーテンで閉め切っているのに気づいた駒野は、その教室を覗いてしまう

するとそこには、シャツ一枚の小根森くんと、小根森くんにシャツを着せる黒川の姿をあって!

小根森くんシャツの下から生足が~!!

事後としか思えないその現場を見た駒野は後日、小根森くんを技術室に呼び出します

そして「俺 見たんですよ アンタたちのこと」と言い、「バラされたくなかったら俺にもあんたの体を見せてくださいよ」と小根森くんを脅すのです

見どころは、駒野はたぶん小根森くんのことがむっちゃ気になる存在で、たぶん、それは恋に近い感情なのに、それに、自分では全く気づいていないってところ!

で、駒野は気づいていないけど、小根森くんは、駒野のことを見ていて、たぶん、好きっぽいです

でも、いろんなことが重なって勘違いループに入っちゃっているみたい!

どういう展開になっていくのか楽しみですね

「ねこねこケイヤク」第2話

表紙には「コミュ強メガネ男子✕コワモテ留年同級生」とありました

チャラ男設定はどこかへいってしまったのか?

ビーボーイ2018年8月号より

苛立つ心をぶつけるように小根森を抱いてしまう駒野

駒野に「脱げよ」と言われた小根森さんはシャツを潔く脱ぎ「誰かにバラされて困ることなんかねえよ。普通の人間の体だろ」と言います

駒野は「普通の」って部分に引っかかりを感じますが、そのまま下も脱ぐように指示

小根森さんは下も脱ぎ、下着をずらしながら「ケツになにかついたりもしてねえからな」という

駒野は、小根森さんの後ろから抱きつき「いつから付き合ってるんですか?」と聞く

すると小根森「さ・・・最近?」と答える

駒野の中でイラッとした感情が芽生え、そのまま、小根森さんのブツへと手を伸ばし、しごき出します

そして、そのまま挿入へ~!!

黙って揺さぶられるままになっている小根森の姿に、黙って自分の言うことを聞くのは黒川のためだと思う駒野

それとも、ヤリ慣れてて、俺ともやってみたかっただけ?とも思い、今まで自分が持っていた小根森さんのイメージを自分で壊そうとします

小根森くんは駒野と両思いだと思っている?

翌朝、校門で風紀チェックをいている紗以

その前を通る小根森くんは、ピアスを紗以ちゃんに指摘されます

別の生徒から、小根森くんの悪い噂を聞き、「そんなやつだったのか」と紗以ちゃんは思っています

駒野は黒川と小根森くんが付き合っていると誤解したままで、放課後、またもや小根森くんを呼び出して、盛ってしまいます

自分でも友達の彼氏を寝取るなんてサイテーだなって思いながらやめることができない

最中に思わずキスをしそうになって焦る駒野

事後・・・ふたりで教室を出て歩いていると、小根森くんが駒野にキスをしようと顔を近づけます

駒野は思わず小根森くんを突き飛ばし「俺 キスは大切な子とだけしたいんだ」と言う

その駒野の言葉に突然、そこにいた小根森の姿が消える

残っているのは小根森が着ていた制服だけ

状況がのみこめず「?」と思う駒野

さっきまで小根森が着ていた制服の下から猫が現れて・・・・・

はい!キターーーー!!!!!

完全に気持ちが勘違いですれ違っています!!

さらに!!小根森も猫になる特異体質人間のようです!!!!

ムッハー!!かわいい!猫の小根森!むちゃかわいい!!!

耳にピアスがついているぅぅぅぅ!!!!

しかし・・・駒野には、ほんと困ったもんですよね

気持ちとやっていることが比例していないのに自分で気づいているのにやめられないという・・・

ほんと、ダメなやつだ!!!

小根森くん的には、第一話から駒野のことを好きっぽかったから、気持ちが通じたくらいに思っていたんだろうねって思うと、ちょっとつらい・・・

「ねこねこケイヤク」第3話

ビーボーイ2018年9月号より

消えた小根森さん

小根森さんと喋っていたはずなのに・・・

突然、目の前から消えてしまった?

そのかわり現れた猫

駒野は小根森さんの名前を呼んで探します

いきなり現れた猫が小根森の制服に包まれているのを不思議に思う駒野

制服を置いてどこかに行った?

小根森さんが消える前にショックな表情をしていたことを思い出して「傷ついたのかな?」と思う駒野

「でも 遊びと本気を区別してくれないとダメじゃね?」とも思っています

勘違いループに絶賛突入中!

翌朝・・・

キスを拒否ったことで小根森さんが傷ついて学校を休んだら気が重いな・・・と思いながら登校する駒野

すると、前の方を歩いている小根森さんの後ろ姿が見えて、ホッとする

「小根森さんにとって、俺はヤり友でしかないしショックなんてうけないか・・・」と思う駒野

そこに駒野を呼び止める原口くんが登場

「今日、つきあえよ」と学校帰りの約束をしようとする原口ですが、その横から小根森が「駒野は、放課後は俺と約束があるだろ」と声をかけてきます

原口は「ちぇーっ」と退場します

小根森も駒野をおいてあるき出す

小根森をおいかけて、小根森の顔をみる駒野

そして、彼の目が腫れていることに気づきます

駒野の鼓動がドクドクと鳴り出し「昨日、泣いたんですか?」と聞く

「ただの寝不足だ」と答える小根森

駒野はプイッと横を向き「俺のせいで小根森さんが泣いたとしたら嬉しかったんですけどね」と言う

「ドSか?お前は?」と小根森に言われて「ドSじゃないですよ。好きな子にはやさしくしますから」と答える駒野

駒野のその言葉に、今度は小根森のほうが、プルプルしている(←怒っている?ショックを受けている?)

そして、「お前は俺の体はスキなんだろ!今日もヤルからな」と言い駒野の前から消えていく

ひとり取り残された駒野は「俺の体にしか興味がないってことか・・・」と悲しい顔をしている

駒野は黒川と小根森がつきあっていると勘違いしている

だから、たまたまそこに通りかかった黒川に「好きな子とはちゃんとヤラなきゃだめだぞ」と言う(←ちなみに黒川の恋人は亜衣です)

そして「小根森との関係は終わりにしよう」と思っています

小根森さんは再び猫になる

放課後・・・

駒野と小根森が一緒にいる

部活の話・・・黒川とはどこで知り合ったのか?などの話をしていて・・・

そして、駒野は会話の流れで「俺とは終わりにしましょう」と小根森に伝えます

小根森は駒野のその言葉にプルプルしだし、「オレの体は好きだっていっただろ!」と言う

「キスはしなくてもいい!やさしくしなくてもいい!他に好きなやつがいてもいい!

でもオレの頃は体だけでも好きでいろよ!」

と涙を浮かべて叫ぶ小根森

その勢いに驚く駒野

すると、ポンッと音がして・・・

小根森さんが消えてしまう

驚く駒野の眼の前には昨日見た猫がいる

猫の耳にあるピアスが小根森さんがしているピアスと同じことに気づく駒野

猫は、駒野の目の前から走り逃げていき、駒野は、状況が飲み込めず、ただただ、驚いて動けないまま・・・

亜衣と紗以が登場するシーンがあって、亜衣が「小根森くんも俺たちと一緒なんだって!」と会話しています

小根森くんがネコになる特異体質だと決定的となってしまいました

しかし・・・

駒野・・・この子、小根森のことが好きすぎて、同時に鈍感すぎて・・・大事なことをたくさん見落としています

小根森さんは、むっちゃ、わかりやすいタイプなんだけどなー・・・

もっと、ちゃんと小根森さんを見たら、その気持ちに気づけるんだけどなー・・・と読んでいて歯がゆかったです・・・

次回は、ふたりの距離が近づけばいいなって思います

「ねこねこケイヤク」第4話

ビーボーイ2018年10月号より。32P

ようやく自分の気持ちに気づく駒野だが・・・

制服を残して突然消えた小根森さん

駒野は、小根森さんが残した制服を畳み、翌朝、机の上に起き、小根森さんの登校を待つ

あのネコが小根森さんなのか?

消える前に小根森さんが放った「体だけでも好きでいて」という意味深な言葉

黒川とつきあっているはずなのに・・・?

小根森さんの謎で頭がいっぱいになる駒野ですが、ちょっとトイレに立った間に、置いてあった小根森さんの制服が消えてしまう

クラスメイトに「小根森さんを見なかったか?」と聞くが、誰も見ていない

そして、その日は、結局、小根森さんは学校へとは来なかったのです

学校の帰り、黒川と亜衣がいる

亜衣が小根森さんのかばんをもっているのに気づいた駒野は、ふたりに話しかけます

ふたりが今から小根森さんの家にいくというので「俺も一緒にいっていいか?」と聞く駒野

黒川くんは亜衣に確認を取るが、亜衣は困った顔

黒川くんに「今日は遠慮してくれ」と言われた駒野は、亜衣のことをおじゃま虫扱いします
(※駒野くんは、黒川くんと小根森がつきあっていると思っているので・・・)

ところが、黒川くんが、「亜衣と小根森くんを二人きりでなんて絶対にあわせない!」と怒る

駒野は黒川くんのその返事に「?」となります

ふたりのあとをつける駒野

すると、小根森の家の近所らしきところで三人で喋っている

会話こそは聞こえないが、バッチリ!ネコに変身する小根森さんを見てしまった駒野

小根森さんがネコになることに驚かない黒川を見て、駒野の中で嫌な感情が膨れ上がります

「どうして、自分より先に黒川が小根森さんが猫になることを知っているのか?」という感情の先に、自分が「小根森さんが好き」という気持ちがあることに気づく駒野

自分が、どうして卑怯な手を使ってでも小根森さんと関係を持とうとしたのか?

自分の行動に納得がいくのです

翌朝・・・下駄箱で小根森さんと会う駒野

駒野は、小根森さんがネコ化することを遠回しに言う

小根森さんは、うつむいて「もう、オレに話しかけるな」と答えます

駒野は、「わかりました」と言ってその場を去る

お昼休憩中・・・原口くんたちとご飯を食べる駒野

黒川くんラブの原口に「俺、黒川の好きな人わかっちゃった」という

原口は、亜衣と黒川がつきあっていることを知っているので「黒川は絶対にだまされている」と怒りはじめ、亜衣のことを「クソチビ」呼びする

小根森さんは決して「チビ」ではないことから、駒野はそこで、自分の勘違いに気づいたのですが・・・

そこで次回に続くとなっています

ようやく自分の気持ちに気づいたか~!!!!駒野ぉぉぉぉ!!!!

ここまで鈍感なのもめずらしい・・・

最初に裸の小根森さんと黒川を見たっていうインパクトのすごさに、「つきあっている」と勘違いしていましたが、よく考えると、そう言い聞かせることで、自分の気持ちに蓋をしているような状態だったんですかね?

次回が最終回だそうです

すべての誤解が解けて、ハピエンになるといいですね!

「ねこねこケイヤク」最終話

ビーボーイ2018年11月号より。34P
楢崎壮太先生の20周年記念企画インタビューが6Pついています

ようやく黒川から事情を聞くことができた駒野

駒野はお昼休み中に黒川のことを呼び出します

黒川が小根森さんが学校に来ているかどうかを聞いてきたので、やはり、ふたりはつきあっている。と思う駒野

「正直に言ってくれ。お前と小根森さんはつきあってるんじゃないのか?」

その駒野の質問に、首をかしげて「?」マークの黒川

黒川「付き合っていない」

駒野は、「じゃあ、お前は誰とつきあっているんだ!?」って聞きますが、黒川くんは「相手もいることだから言えない」といいます

はっきりしない黒川の態度に、駒野は、思い切って、技術室で裸の小根森さんに黒川がシャツをかけていた現場を見たことを話す

黒川は、「その時、俺と小根森さんしか見ていないのか?」と聞く

駒野は、「他にも誰かいたのか?」と聞き返します

一向に、核心に触れない黒川に、駒野は、ついに、小根森さんがネコになることを知っている。と言う

驚く黒川

「それを知っているなら・・・隠す必要はないな・・・」と、ネコから人間に戻る時は裸になってしまうことを話すのです

気持ちが通じ合ったラスト!小根森さんは最後までツンデレです!

黒川からすべてを聞いて、今までのことがすべて自分の勘違いだったこを知った駒野

もう!もう!!恥ずかしくて仕方ない!!

教室に戻ると、小根森さんの姿がない

荷物があることから、どこかで猫化しているのでは・・・と思った駒野は授業をサボって小根森さんを探しに行きます

主(←学校に住んでいるネコ)に案内され、資料室へと連れて行かれる

そこで、猫化した小根森さんを見つける駒野

小根森さんは駒野に見つけられて、人間に戻ってしまいます

制服を着ながら「話しかけるなって言ったら、“わかりました”って言ったじゃないか」という小根森さん

駒野は「取り消しちゃダメですか?」と聞く

「許してやるけど・・・キスさせろ」と駒野の方を向く小根森さんの顔は真っ赤で・・・

その小根森さんの表情にすべてを察したかのように「どうしてそんなに俺とキスしたいんですか?」と聞く駒野

「小根森さんは、本当に黒川とつきあっていないんですね?」と念を押し、駒野は何度も小根森さんにキスをするのです

何度もキスされて勃っちゃた小根森さんは真っ赤になってしまう

駒野とふたりで触りっこしちゃいます

チャイムが鳴って、教室へと戻るふたり

小根森さんは恥ずかしがり屋なので「好き」とか言うことができないけれど、駒野は小根森さんの態度からすべてがわかっている

駒野が「小根森さん、大好き」っていうところでENDとなっています

うわーーーーん!!

終わっちゃいましたーーーー!!!

ええーーーー!!!

ここで終わりなんて・・・そりゃ、殺生な~!!って感じです・・・

小根森さんが最後までツンデレでした

でも!!すぐに真っ赤になっちゃって気持ちがダダ漏れなのがよかったですね

駒野はダメダメだったけど、最後に、ちゃんとマウントを取れたって感じです

ねこねこシリーズにしては、第一話からエロが投下されたこちらの作品

ふたりの甘エロが見たかった・・・・コミック化されたら描き下ろしでついてくるかな?

とても、大変楽しかったです

ねこねこシリーズそのものは続くようなので、次回作に期待したいと思います