織島ユポポ

ネタバレ感想「黒ギャルになったから親友とヤってみた。3巻」第13話

IMG

アニメ化されて超話題の「黒ギャルになったから親友とヤってみた。」

両思いなのに、なかなか気持ちが通じ合わないルイとシオン

気になる13話の紹介です

ネタバレが含まれる記事となっています。ネタバレNGの方は閲覧にご注意ください

今までのお話はこちらでチェック
IMG
ネタバレ感想「黒ギャルになったから親友とヤってみた。」2巻目を覚ますと、女のカラダになってた!?大人気の女体化BL!「黒ギャルになったから親友とヤってみた。」の連載を追いかけています...

黒ギャルになったから親友とヤってみた。(13)(ネタバレ有)

look!
黒ギャルになったから親友とヤってみた。(13)

「女になったお前ヤれるとか超興奮する」親友の愛撫でぐしょぐしょに濡れるアソコ。コイツ、こんなにエッチ上手いのかよ…ッ!

BookLive!

Renta!

ガチで好きな子ができたの?

ルイの気持ちを聞きそびれたシオンは、浜辺で凹んでいる

そんなシオンに陽気で話しかける男友達

悩んでいる時は、女の子でもナンパしたら元気になるんじゃない?と言われたシオン

「女の子にも嫌な思いをする子がいるかもしれないって思うとなー・・・」と乗り気にならないシオン

ナンパ大好きなシオンから出た言葉とは思えず「おまえ・・・熱でもあるんじゃない?」と心配する男友達

「さては・・・ガチで好きな子ができちゃったとか?」

ドキッとするシオン

 

そこにマユがやってきて・・・

シオンと話がしたいと話しかけてくる

シオンくん相手なら諦めるよ

人気を避けて、洞窟にやってくるシオンとマユ

マユは「昨日は助けてくれてありがとう」とシオンにお礼を言う

シオンは、ホダカ先輩に助けてもらったし・・・俺ダセー・・・と苦笑い

マユは「そんなことないよ」と言って、小声で、「ルイくんがシオンくんのことを好きになったのもワカル」と言う

マユの言葉が聞き取れず「え?」と聞き返すシオン

マユは、「シオンくんってルイくんのことが好きなの?」と聞く

シオンは「俺にもわからない・・・」と困っている

マユは「じゃあ、例えばだけど、ルイくんに彼女ができたらどう思う?」と聞く

考えるシオン

「俺より、先に彼女を作ったのが悔しいし、俺がいるのにって(思う)・・・」

自分の言葉に、ハッとなるシオン

ルイが好きだと自覚したのか真っ赤になるシオン

マユは「シオンくん!わかりやすーい」と笑ってる

シオンは、マユもルイのことが好きなんだろと照れるが、マユは、女の子のシオン相手には負けたくないって思うけど、シオンくんなら諦めるというマユ

キラキラした目で「性別を超えた愛!」と楽しそうなマユ

マユは、シオンの恋を応援すると言って歩き出す

けれど、足が滑って体勢を崩す

マユを助けたシオンは、ざっくりと足を切って!

血がダラダラ流れるのを見たマユは、慌てて「誰か呼んでくる」と走り出す

中学生の頃の思い出

その頃、ルイとホダカ先輩は、シオンを探してバチバチ状態でにらみ合っていた!

 

マユは、ルイに助けを求める

 

シオンのもとへ駆けつけ、足の手当てをするルイ

足の手当てをしながら、「こうしていると、お前の腰の傷ができたときのことを思い出すな・・・」と話し出すルイ


 

中学生の頃・・・シオンは一方的にルイのことをライバル視して、やたらと張り合ってきた

ルイは、なんだ?変な奴?って感じで、相手にしなかったが、ある日、木の上に登って降りられなくなっているネコを見つける

ルイは無視するが、シオンは木登りしだしてネコを助けようとした

自分がケガをするかもしれないのに木登りしだすシオンを見て「バカじゃねーの?」とハラハラするルイ

ネコをつかんで木を降りようとしたシオンは、足を滑らせ落下

あわててシオンにかけよるルイ

シオンは、ネコが無事だと笑っているが、制服は血で真っ赤になっていて

「なんじゃこりゃぁぁぁ」「はやく病院!」と大騒ぎをした


 

ルイは、その時、ネコ一匹のために必死になれるシオンのことを本気ですごいって思ったと話す

シオンは、「まじかよ・・・俺は、かっこわりーって思ったよ」と話す

でも、あれがあって、ルイが、シオンのことをライバルだと認めてくれた

だから、この傷は、お前とライバルになれた勲章みたいなものだと言って、腰にある傷跡に触れるシオン

ルイはシオンの顔を見て・・・

「なあ・・・昨日、俺の気持ちを聞いたよな・・・」と話し出す

「俺の気持ちを教えてやるよ」というルイ

絶対に両思いなのに!

焦れ焦れ状態のルイとシオンにもだもだします!

いや・・・でも、中学生時代の思い出も大切なエピですもんね・・・

シオンの腰の傷に、こんな二人の思いでが詰まっていたとは!

次回こそ!両思いになるんでしょうか?

なんか、またお邪魔虫が入りそうな予感がします(笑)

1巻の試し読みはこちらから!