安野モヨコ

安野モヨコ「後ハッピーマニア」2巻 ネタバレ感想

IMG

NEW第12話を更新・追記しました(4/8)

こんにちは!海ホタルです

2巻の発売が決定しています!4月24日に発売予定!

では、紹介に行ってみたいと思います

この記事にはネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

こちらの記事は配信されると最新話を追記していきます

目次

「後ハッピーマニア」第6話(ネタバレ有り)

2020年4月号にて掲載です

タカハシ母がやってきてカヨコを説得するが!?

タカハシとの離婚を決意し、家へ帰ったカヨコ

そのカヨコの元にやってきたのは、タカハシの母!

タカハの母は、「離婚するって本当なの!?」とカヨコに迫る

タカハシ母は、息子が浮気をしたのが原因と知っていて、カヨコに頭を下げるが

けれど、カヨコの離婚の意思は固い

そんなカヨコに「今まで仕事をしたことがない女がどうやって食べていくの!」と現実をつきつけるタカハシ母

「マンション管理費!修繕積立金!固定資産税!!!バイトだけじゃやっていけないのよ!!!!」

お金のために我慢をしろと言われても・・・

つい「慰謝料払え!」と心の声が出てしまうカヨコ

タカハシ母は「怒るのは当たり前のことだけど・・・楽しい思い出もあったはずよ」と言う

カヨコは、タカハシと一緒に過ごした年月を振り返る

振り返るが、なんの感傷も沸いてこない

そのカヨコの姿に、タカハシ母の胸にも、カヨコを嫁に迎えてからの、破天荒ぶりが脳裏に駆け抜ける!!!

そこに訪ねてくるのがタカハシの浮気相手の詩織

玄関に立っている詩織を見た途端・・・カヨコは思考停止!

タカハシの母親に対して、社会人らしく丁寧なあいさつをする詩織

タカハシ母は、想像していたのとは違う不倫相手の姿に「こんなにきちんとした感じの子なの!!!」と心の中で驚いている!

カヨコは、詩織にタカハシの入院に必要な荷物を渡す

タカハシ母は、「カヨコさん!あなた!病院に行かないつもり!!!」とショックを受けている

必死にカヨコを説得しだすタカハシ母

それを見ていた詩織は「荷物は私が運びます・・・どうぞ、病院にはご家族で行ってください」という

この修羅場で、この冷静な一言を言える詩織に、カヨコは、「こんなん好きになるわ!」と心の底から敗北!!!

カヨコは、タカハシ母を追い出し、詩織に「タカハシのことよろしく」と言いドアを閉めるのです

閉じたドア前で、ぐったり状態のカヨコ

「自分の存在理由がわからない・・・」と孤独になってしまう

いつもなら、ソッコー、フクちゃんのところへ駆け込む所だけど

フクちゃんから「ダメ」と冷たいメッセージが返ってきて!

カヨコは、タカハシが不倫相手と使っていたカフェでヤリチン男の田嶋と飲むことに!

田嶋の妻の浮気調査をスタートしたカヨコ!

複数(8人!!!)の恋人と持つ田嶋!

実は結婚している

今の奥さんは、奥さんのいた田嶋にゾッコンとなり、3年間あきらめず、妻と別れた田嶋と6年前に再婚したそうで!

田嶋は、その妻が、どうも怪しいから尾行を頼みたいとカヨコに言ってくる

自分は愛人が8人もいといて!と呆れるカヨコだけど、「金を払う」という言葉に田嶋の妻の浮気調査をすることに!

カヨコは、翌日から田嶋の妻の尾行を始める

田嶋の妻は、気が強そうな美人

警戒心が強いようで、マンションの前にいるカヨコをちらりと確認する奥さん

その姿に「この人、絶対、今までも尾行されたか!尾行してきた側の人間だ!」と思うカヨコ

奥さんは、タカハシが不倫相手と会っていた店と同じカフェへと入っていく

奥さんは、男と待ち合わせしている

田嶋の妻と会っている男は関西弁を喋っていて

カヨコは、「この男、見たことがある!」と思うんだけど・・・

でも、どこで会った男なのか!?思い出せない!!!

いや・・・マジで田嶋は最低な男なんですが・・・

この奥さん、略奪愛をしているし、田嶋がそういう男だと知って結婚したはず・・・

この関西弁の男は、昔、フクちゃんの家で会ったあの関西弁男なんではないかと・・・

ほら!タカハシと結婚したばかりのカヨコが危うく浮気しそうになったあの男!

次回!はっきりするかな?

「後ハッピーマニア」第7話(ネタバレ有り)

2020年7月号にて掲載です

田嶋妻の浮気相手は!?

田嶋妻は関西弁男に「着いたらラインする」と言ってカフェを出ていく

男の隣の席に座り、チラチラ男を見るカヨコ

男を見たことがあるけど・・・なかなか思い出せないカヨコだったが

「あ!!!!」と、昔会ったヒデキの会社の人妻大好きの間男だと思い出す!

結婚したばかりの頃のカヨコが、関西のフクちゃんの家に家出したときにナチュラルに誘ってきたあの関西弁男!!!

しかも!あの後、東京にいるカヨコに何度か電話までかけてきた男で!!

この男の口のうまさに、カヨコの心は何度も揺れ動いた!!!

けど!

今は、田嶋妻の浮気相手!

関西弁男は、田嶋妻の待つホテルへと入っていき、カヨコは、あっさり田嶋妻の浮気の証拠を写真に収めることに成功する

かけつけた田嶋だが・・・

田嶋に連絡するカヨコ

田嶋がやってくるまでホテルの前にひとりでいるカヨコは、昔、あの男から電話をもらうだけで、浮気もしてないのに罪悪感を持っていた自分がいたことを思い出す

けど・・・

やっててもやってなくても同じだったんだなー・・・・と気づいてしまう

「もっと・・・浮気しときゃよかった・・・・」と思うカヨコ

一度、そう思うと、何が何でも浮気したい!という欲望がムクムク湧き上がる!

「浮気したい!」と叫ぶカヨコの元にかけつける田嶋

カヨコは田嶋に「突入する?」と聞く

田嶋は、俺は自分に甘いから他人にもそうありたいと思ってて、妻の浮気も目をつむる気がいた。と話す

でも、今は、男には社会的制裁を加えたいとおもってるし、妻にも罰を与えたいと思っている。という田嶋

「となりの部屋に入って盗聴する?」という田嶋は、自分が冷静さを失っていることに気づいてて

「これ以上、ここにいると血迷うな・・・」といって、カヨコにふたりが出てきたツーショットを撮るように言って去っていく

あんなキス・・・もう一生しない・・・

しかし・・・

田嶋妻は、実は、カヨコに尾行されているのに気づいてて・・・

関西弁の男とホテルから出てきて、ホテルの前でわざとらしくキスをする

濃厚なキスを見せつけられるカヨコ

田嶋妻の目線はカメラ目線!

カヨコは、田嶋妻の挑発的なキスを見て、なにがなんだかわからないが、とにかくスマホで連射しまくる!!!

家に帰ったカヨコは「なんなの・・・この体験・・・人生において、どのステージなの?」とクラクラ

そして、田嶋に頼まれたとおり、証拠写真をスマホで送るカヨコ

自分なら、タカハシのあんな社員を送られたら、苦しすぎてどうにもならなくて、笑うかも・・・と思う

お風呂につかりながら、自分は、あんな濃厚なキスを何年もしてないな・・・と思うカヨコ

自分は、これから先、あんなキスを一生することはないのか・・・と思うのです

タカハシと詩織

一方、タカハシの方は、見舞いにきた詩織にデレデレ状態!

詩織は、デレデレするタカハシを見て「奥さんを傷つけているのに、どうしてそんな風に笑えるの?」と怖い顔

タカハシに、「わたし・・・奥様に頼まれてきているだけなので・・・」と冷たい

タカハシは、「でも、お礼を言わせてください・・・」と答える

いろんな複雑な感情を持ちつつ、ここに来てくれている詩織のことを気遣うタカハシ

詩織の心は揺れ動く

そこにやってくるタカハシの会社の人たち

「タカハシくん・・・この女性は?」と聞く会社の人たちに、タカハシは、堂々と「僕の好きな人です」と答える

タカハシの言葉に驚く詩織!!

会社の人たちは、「邪魔したな!」と言って帰っていく

詩織の心は、完全にタカハシにとらわれかけてる!!

もし・・・カヨコが結婚前のように自由奔放で浮気するような女性だったら・・・

タカハシも浮気しなかったのでは?と思ってしまった第7話でした・・・

カヨコが、もう、この先、あんな濃厚なキスを誰ともしないだろう・・・って思っているシーンは、すごく寂しかった・・・

これはね・・・わたしも一緒だから!

お互いを求めあうような激しいキスをするのは、本当、恋愛初期だけだよね・・・

しかし・・・この関西弁の間男・・・

なぜ?東京にいる!?

浮気しまくている田嶋が、妻に浮気されて冷静さを失いそうになるシーンも面白かった!

「後ハッピーマニア」第8話(ネタバレ有り)

2020年9月号にて掲載です

ヒデキから連絡をもらったフクちゃん

フクちゃんの朝は7時起床で一杯の白湯から始まる

フローラルウォーターを飲み、オリジナル漢方サプリを飲み、コラーゲン入りはちみちやらツバメの巣やら、にんにくクロレラなど!

美容と健康にいいと言うものを摂取しまくり

その後、マンションのジムで45分のストレッチ!

朝食はオリーブオイル入りのギリシャヨーグルト

そして、スキンケアを入念に塗りまくる!!

海ホタル
海ホタル
まるで、おしゃれ雑誌に登場するモデルさんのような朝だ・・・

そして、そんな朝を過ごすフクちゃんに、その日は、ヒデキから電話が入って!

ヒデキから、「カヨちゃんから電話があって、三島の事を聞かれたんだけど・・・」と話すヒデキ

三島と言えば・・・

以前、ヒデキの会社にいたヤリチン男

「まさか、カヨコ、三島に連絡しようとしたの?」とふふっと笑うフクちゃん

そして、フクちゃんは、ヒデキに「週末、帰ってこれない?」と誘う

ヒデキは「そうだな」と答える

海ホタル
海ホタル
ヒデキの本気不倫に口うるさかったフクちゃんだけど・・・しばらく冷却期間をおいたせいか、ヒデキと落ち着いて話すことができたみたい

三島から電話をもらったカヨコ

一方・・・カヨコの朝は、SNSをチェックしながらコーヒーとプリン

ぽけーってだらしない顔で猫の画像を見ているカヨコ

そして、いきなり覚醒したように「虚無!!!」と叫んで!!!

田嶋ヨメのことを調べていたときは、やる気でみなぎっていたのに!と田嶋に電話をして「なにか調べさせろ!」と頼むカヨコ

電話に出た田島は「尾行しているの妻にバレてたよ」と答える

自分を尾行していた女は誰なのか?と逆に奥さんに尋問されたみたい

田嶋に責められたカヨコは電話を切る!

 

そして「いいよ!勝手にやるよ!」と、三島のインスタを探し始める

三島のアカウントを発見し、いろんな女性と撮っている写真を見て、田島ヨメとて、この中の一人でしかない!と呆れるカヨコ

三島と初めて出会った数年前・・・・

一線をこえかけたカヨコは、あの時、越えなくてよかったよ!と思うんだけど・・・

そこで、知らない番号から通知が入る

嫌な予感がするカヨコ

電話に出ると!

相手は三島!!!

モテ男の三島の声を耳元で聞いて「どエロイ!」と思うカヨコ!

三島は、田島妻から、尾行している女の画像を見せられて、それがカヨコだと気づいたみたい

「カヨちゃん!昔とあまり変わらないね」と三島に言われ

カヨコの頭の中は一旦停止!

海ホタル
海ホタル
変わってないわけないだろう!と思いつつも、うれしくなる女心~!

さらに「可愛いし、綺麗やで!」と言う三島

カヨコは、自分が三島の中に転がり落ちそうになる感覚を味わう!

三島は、カヨコに「俺も調査頼みたいことがあって・・・調べてくれへん?」と言う

そして、三島に会うために念入りにメイクをしそうになるカヨコ

だけど、メイクの途中でフクちゃんからメールがくる!

ヒデキに会うフクちゃんにつきそうカヨコ

「ヒデキに会うことになったけど、緊張する。」というフクちゃんからのメールを見たカヨコ

フクちゃんの一大事だ!とメークを途中だけど、あわててフクちゃんの家に向かうのです

海ホタル
海ホタル
あら・・・フクちゃん、関西にいると思っていましたが・・・実は、カヨコと一緒の東京にいる?

フクちゃんの家に駆け付けたカヨコ

フクちゃんは、ヒデキから、三島について電話があったと話し、ヒデキと喧嘩をしたくないから、カヨコもついていてほしいと言うのです

そして、ヒデキがやってきて、三島のことをなぜ聞いたのか?面白ろおかしく話すカヨコ

カヨコがレシートを頼りにタカハシと浮気相手に会ったことを話すと

「え?」とか「うそでしょ!」とか言いながらカヨコの話を熱心に聞くヒデキ

そして「で、今、タカハシ君はどうしているの?」と聞くヒデキ

カヨコは静止・・・

フクちゃんは「気を遣いなさいよ!」とヒデキに言う

ヒデキは察して「ごめん」と謝るのだが

ここでカヨコが「必死で普通にふるまってるんだよ!私もフクちゃんも!このくそ野郎!」と立ち上がる

ヒデキは、もう一度「ごめん」と謝るけど

カヨコは、謝るならわたしじゃなくフクちゃんにでしょ!と言う

ヒデキは、フクちゃんに「この先、どうするのかはっきり決めようと、今日は話に来たんだ」という

フクちゃんはヒデキと別れたくないみたいで、ヒデキにすがる

それを見たカヨコは、フクちゃんも素直に話せているし、放っておいても大丈夫!と三島との待ち合わせ場所に向かう!

その時・・・

背後から視線を感じるカヨコ

しかし、自分には見られて困ることがない!

気のせいか~!あはは~!と三島と会うのですが!

カフェの外ではカヨコをつけている男性が依頼主に「男と接触」と報告していて!

カヨコをつけているのは田嶋ヨメが雇った興信所かな?

フクちゃんは、ヒデキと別れたくないみたい

フクちゃんほどのいい女なら、いくらでもいい出会いがあると思うんだけど?

だんなをよその女に取られたくないって気持ちもあるのかな?

いろんなことを乗り越えて一緒になったカップルだから、愛情も深いのかもしれない・・・

ほんと、数年前まではうまくいっていたカップルなのに・・・

ヒデキ!なんで本気の浮気なんてする~怒!!!

フクちゃんには幸せになってほしいから、ほんと胸中、複雑な気持ちです

「後ハッピーマニア」第9話(ネタバレ有り)

2020年11月号にて掲載です

誰?カヨコの尾行を依頼した人物は?!

三島から呼び出されカフェに行くカヨコ

久しぶりの再会に、三島は「ちょっと変わったね」という

カヨコは三島の言葉に裏に「年相応に老けたね」という本音が見えて「失礼なんだよ!」と怒る

イライラしながら、なんで一方的に値踏みされなきゃダメなんだ!っと思うカヨコだけど、その時、視線に気づいて、ハッとカフェの窓を見る

カヨコは、カフェの外にいる男を見て「あれ、張り込みだと思う」という

尾行がバレたと気づいた男は、その場を立ち去ろうと動き出す

それに気づいたカヨコは、「ちょっと聞いてくる」と言ってカフェの外に出て、男をおいかける

男に「あの!」と声をかけるカヨコ

「私たちの事、見ていましたよね?」とカヨコが聞くと、男は「見ていませんけど」と言って、立ち去ってしまう

男は、そのまま近くに停まっていた車に乗り込む

車の中には同業者と思われる女と運転手の男がいて

女から「対象者バレしたけど大丈夫ですか?細谷さん・・・」と言われる

細谷と呼ばれた男は、機嫌悪そうに「なんなんだ?あの女」と言う

そして、ここで、カヨコの尾行を依頼したのが、タカハシの母だと判明~!

タカハシの母は、息子のタカハシが、カヨコと離婚するにあたり、マンションも貯金もすべてカヨコにあげると聞いて、カヨコの方に、なにか、不貞がないのか調べ始めたのだ

海ホタル
海ホタル
タカハシの母は、詩織さんのことを超気に入って!
詩織との再婚を望み始めているのです

口説かれもしないと凹むカヨコ

カフェに戻ったカヨコ

「あれは絶対に怪しい~」と悔しそうな顔!

男が張っていたのは三島だと思っているふたり

三島は、「とりあえず、今日と明日、俺が帰った後に家の周りをチェックしてくれへん?」という

カヨコは「え!やだ!」というが、三島は「ええやん!10時ごろに帰るから」と言い残してカフェを出て行く

カヨコは口説かれもしなかった・・・とちょっと残念に思っている

しかし、自分自身も、そういう気持ちにならないもんな!と思っていて・・・

「恋愛を休んでいる」っていうより、自分の中で「恋愛ってジャンルが消えている」と思うカヨコ

翔太は美魔女と!?

夜になり、カフェの外にフクちゃんのカレシの翔太の姿を見つけるカヨコ

翔太が会っているのは、ヒデキの浮気相手の美魔女!

思わず、カメラでふたりのツーショットを撮るカヨコ

フクちゃんに報告すべきかどうか迷うカヨコだけど、翔太は仕事で美魔女と会っているのかもしれないし・・・と連絡するのをやめる

そこに、三島から「今から帰る」メールが入る

三島の家へと向かうカヨコ

三島の家の周りをうろうろし、怪しい人間がいないことを確認するカヨコ

家に帰った三島から「今帰った・・・いる?」とメールが入る

三島の住むマンションの部屋の窓を見上げるカヨコ

すると、三島の部屋の窓が開いて、三島の姿が見える

カヨコの姿を見た三島は「ほんまにおった」といい、ビール片手に「あがってきなよ」という

その三島の姿に、カヨコの心はキュンって音をたてて・・・

だけど・・・

あがったら最後・・・

飲んで、迫られて、スムーズにベッドに移動して・・・という展開が見える

カヨコは、いろいろ面倒・・・と思って「帰る」と言ってその場を去っていく

カヨコ!最後に、キュンってときめいているので・・・

恋愛ってジャンルがカヨコの中からなくなっているわけじゃないみたいです!

しかし・・・タカハシ母・・・

裏切られて傷ついたのはカヨコなのに、そのカヨコの不貞を探そうと興信所に頼むなんて・・・マジで許せん!

タカハシ母のシーンは、すごく明るくギャグっぽく描かれていますが・・・やってることはえげつないですよ~

そりゃ、詩織さんとカヨコを比べたら、詩織さんの方がいい嫁になるっていうのは、よーくわかるんですけどね・・・

興信所の細谷さんも気になります

今後、カヨコにどう絡んでくるのかな?

「後ハッピーマニア」第10話(ネタバレ有り)

2020年11月号にて掲載です

ひとりで立てる自分ととりもどせ!

三島に「家にあがれば?」と言われたカヨコ!!

断って帰ってきたが、「やっぱり行くべきだったんじゃないの!」と大後悔

タカハシとの決別祝いにやっときゃよかったーーーー!!!って気持ちと

でも、今、セフレ的な扱いをされたら耐えられん!!!!って気持ちの間でグワーーーッ!!!と悶絶!!!

いやいや・・・でも、そもそも、なんで「次を見つけなきゃ!」って気持ちになってるの~!と思うカヨコ

わたしは自由なんだー!猫も飼うし、このベッドもワタシだけのもの~!!とグラグラしていた気持ちを無理やり立て直す

「とりあえず、一人で立てるよう二本足をとりもどすんだ!」と決意する

不倫の罪

一方・・・タカハシの方は

明日、退院を迎えようとしていた

お世話にきていた詩織に向かって、自分は退院後、家には帰らず、ウィークリーマンションに移って、来月には部屋を借りて引っ越すので、一緒に来てくれませんか?と聞くタカハシ

ストーカー問題を抱えてい詩織は「これ以上、タカハシさんを巻き込むことはできません」と断る

そして、自分はタカハシに対して特別な感情は抱いていません。という詩織

けれど、タカハシは、詩織には「世話をしない」という選択肢もあったのに、わざわざ病院に通ってくれた

だから、自分の勘違いではないと思う。と言って

「僕は自分のすべてを投げうってでも君といることを選んだんだ」という

詩織の目には涙

タカハシは「不倫の罪は、全部、僕一人のものだから」と泣いている詩織を抱きしめる

ショック!納得ができないまま離婚届を書くカヨコ?!

家でゴロゴロしているカヨコの所に、退院したタカハシが荷物を取りに来る

タカハシはカヨコに、自分はウィークリーマンションに移るから、このマンションは君のものだ。と言って離婚届を差し出す

カヨコは、「え?いつのまに、もうそこまで話が進んだんだ!?」と頭がついていかない状態

用紙を渡そうとしたタカハシの手からするりと落ちる離婚届

離婚届は棚の下へと潜り込み、タカハシは背をかがめて、棚の下に手を伸ばす

そのタカハシの後ろ姿を見て、昔、同じようなことがあったよな・・・と思い出すカヨコ

あの時のタカハシの目は、本当にカヨコのことが好きで仕方ないって目をしていた・・・と思い出して涙があふれてくるカヨコ

しかし・・・離婚届を拾ったタカハシが振り向くと・・・タカハシも号泣していて!

カヨコは、「なんで!?」となる

タカハシも、昔、棚の下にチラシが入り込んだ時、こうやって取ったことを思い出したみたいで・・・

あの時、入り込んだチラシのクーポンを使って焼き鳥屋に行ったよね・・・と昔話をしだす

カヨコは「同じことを思い出していた・・・」としんみりするが

その後、タカハシが「あの頃・・・カヨちゃん、好きな人がいて、いつも心あらずだったよね」と話し出して

カヨコの心はギクリ・・・

そのころのカヨコは和太鼓教室のイケメン講師に恋をして夢中になってたのだ

別の男を想うカヨコと、焼鳥屋の行列に並んでいたタカハシは「すごくつらかった」と言って

「他に好きな人がいる伴侶の隣にいるつらさを知っているから、そんな思いをカヨちゃんにさせたくなかったから・・・」と泣くタカハシ

タカハシの号泣する姿に「いくらなんでも泣きすぎじゃない?」と言うカヨコ

すると、タカハシは「詩織ちゃんがいなくなったんだ・・・」と泣き崩れる

昨日、一緒に生きて行こうって約束をしたはずなのに、電話も通じず、働いていた薬局屋もやめていて、完全に行方不明なんだよ~!と泣くタカハシ

それを聞いて「完全にフラれてる!!!」と大笑いするカヨコ

元気を取り戻して、離婚届を書く

でも、心の奥では「本当にこれでいいの?」という声があって・・・

フクちゃん!ピンチ!美魔女BBAは虎視眈々と・・・

そして・・・最後はヒデキの浮気相手の美魔女BBA

意気揚々と自分の持っている化粧品ブランドの開発指示を家からスマホでスタッフに伝える美魔女BBA

電話の相手から「それはパクリじゃないのか?」と指摘を受けた美魔女BBAは、「人聞きが悪いわ~当たった商品に足りない要素を上乗せしているだけよ~」とにこやかに笑う

「これで、ウィステリア・カンパニーのお客さんを根こそぎもらえるから!」とうれしそうな美魔女BBA

それを聞いていたヨウジは、ウィステリア・カンパニーっていえば・・・母親(フクちゃん)が持っている会社だと気づく

美魔女BBAは、フクちゃんの持っているものが全部ほしいの!と電話相手に楽しそうに話していて!

いやー・・・タカハシと詩織ちゃんの抱擁シーン・・・

ふたりともむっちゃ自分に酔っていますよね~(笑)

これが、不倫ってやつなんだなー・・・と思いながら読みました

障害があればあるほど、燃え上がるといいますが・・・

ほんと、障害を目の前にして迷う自分に酔っている感がプンプンします(笑)

 

で!

最後、許せないのが美魔女BBAね!!

歳をとっても、他人が持っているものがほしいなんていう人いるんですね・・・

あさましいと言うか・・・幼いというか・・・

前回、翔太と会っていたのも、翔太のことを奪うつもりなのかもなー・・・

個人的には、フクちゃんはものすごい好きなキャラで

フクちゃんなら、どんな困難でも乗り越えられると信じています

でも・・・他人の物を笑いながら奪おうとするこいつはマジで許せん!

神様(作者様)からの制裁を望みます!

「後ハッピーマニア」第11話(ネタバレ有り)

2020年11月号にて掲載です

なにを企んでいるの?

「あんた、何企んでるの?」と美魔女(寿子)に聞くヨウジ

寿子はキョトンとした顔で「なんのこと?」ってとぼける

ヨウジは、それ以上は聞かずに、そのまま美魔女の家を出て行く

海ホタル
海ホタル
ヨウジはちょうど、美魔女の家を出てフクちゃんのいる家に帰ろうとしていたみたいで・・・
大きな荷物を持っていた

家の近くまでやってきたヨウジは、以前、予定外の時間に帰った時、母親がマッサージ師とイチャイチャしていたのを思い出し、げんなりする

そして、勇気を出して家の玄関を開けると

髪の毛をひっぱりあって喧嘩する母親とカヨコの姿が!

ヨウジは「これはこれで、きついな・・・」と思っている

帰ってきたヨウジに驚くカヨコとフクちゃん

ヨウジは、フクちゃんに「俺、もうあっちにはいかないから」と言って自分の部屋に入っていく

海ホタル
海ホタル
フクちゃん!喜んでいる!

いっそ探偵になったら?

カヨコは、フクちゃんに「もう、男は連れ込むなってメッセージだよ」と笑う

フクちゃんは、言われなくても翔太にはしばらく控えるように言ったわ・・・と答える

カヨコは、頭の中で「それで、翔太は新しい顧客(←寿子のこと)をつかまえたのか・・・と思う

 

そして・・・

カヨコとフクちゃんの喧嘩の原因は

フクちゃんがカヨコの離婚話の愚痴を聞かないせいだった

海ホタル
海ホタル
今、フクちゃんがプロデュースしている化粧品の売り上げが大幅に落ちていることで悩んでて、カヨコの離婚話の愚痴につきあっているどころじゃないみたい

フクちゃんは、半年くらい前から急に出てきた新しい「とろたま」という会社にことごとく新商品をパクられ、そこに顧客をうばわれているという

海ホタル
海ホタル
悩むフクちゃんはカヨコの離婚の愚痴を聞こうとせず、カヨコがフクちゃんの作る化粧品のパッケージをこてんぱんにけなしたのが喧嘩の理由!

ふてくされるカヨコを見て、仕方なさそうに「離婚どうだったの?」と聞くフクちゃん

カヨコは「心が石になったみたい・・・・」と話し出す

フクちゃんは「保護者を失ったんだから、仕事探さないと」と現実を突きつける

カヨコとは、「そうなんだ!今までぼんやりと感じてた“守られている感”が一気に消滅したんだよ」と愕然状態・・・

フクちゃんに「やとってくれよ」というカヨコ

フクちゃんは「無理」と冷たい

その変わりに、うちの化粧品をことごとくパクる「とろたま」さんの社長を調べてよ。というフクちゃん

カヨコは快く引き受ける

フクちゃんは、カヨコの神経は普通じゃないから、いっそ探偵とかになったら?という

面接してよ!

フクちゃんの家を出たカヨコは三島の家へ向かう

三島に「今から行く」とメールをするカヨコ

 

三島の家の近くにつくと、カフェでカヨコと三島を張っていた男(細谷)の姿を見つける

細谷のことを「興信所だ」と確信したカヨコは、躊躇することなく話しかける

「三島を張っているんでしょ?誰の依頼ですか?」と聞くカヨコ

細谷は「あなたのやっていることは業務妨害です・・・これ以上、騒ぐなら訴えます」と答える

カヨコは、細谷に、自分を雇ってほしい。という

細谷はカヨコの年齢を聞いて「年齢的に無理です。体力が厳しい」と答える

カヨコは、「今、三島は部屋にいないけど・・・」と言う

細谷は、「三島がどこにいるのか教えてほしい」と言う

カヨコは、教えてほしかったら、面接しろ。という

細谷は、明日の12時にここにきて。とメモを渡す

カヨコは、三島からのメールの返信を細谷に見せる

三島はラブホに女といた

堂々とカヨコに、女がちらっと映っているホテルからの画像を送る三島

男は、ラブホの内装を見て、どこのラブホにいるか推測がついたみたい

「なんで、三島は、あんなにこんな画像を送ってきたの?」と聞く細谷

カヨコは「わたしが、今から行くってメールをしたからかな」と答える

細谷は、女と一緒の画像を送るくらいだから三島とカヨコの関係は男女のそれじゃないと判断

そして、カヨコは、三島と一緒にいるのは、田嶋ヨメかもしれない・・・もしかして、あんたの依頼主は田嶋?と聞く

カヨコの察しの良さにちょっと驚く細谷

そして、明日の面接遅れるなよ。と言って三島のいるところへと向かう

海ホタル
海ホタル
細谷はカヨコの浮気証拠をつかもうとしていましたが、同時進行で田嶋からの依頼も追いかけていたみたい

諦めないタカハシ母

シーンは興信所で報告を受けるタカハシ母

カヨコのことを2週間にわたって調査したが、それらしき行動はなかったと報告を受けたタカハシ母は、保身のためにカヨコを疑ったことを反省する

そして、今度は、息子のために、行方不明になった詩織を探し、身辺調査をすることを依頼するのだ

最後は、電車にのる詩織の姿のコマで終わりです

今話の扉絵で「美魔女」(←寿子のこと)に「モンスター」とふり仮名がふってあって!

思わず、うまいこという!と思いました

ヨウジも多感な時期に、父親も母親も浮気して・・・いろいろ大変そう

細谷は、無表情な男だけど、けっこういい男なんですよね

今後、カヨコとなにかが起こるって展開はないのかしら?

「後ハッピーマニア」第12話(ネタバレ有り)

2021年5月号にて掲載です

タカハシだって努力した!

海ホタル
海ホタル
タカハシの回想です

生まれてから一番好きになったカヨコと結婚できたタカハシ

しかし、結婚式当日・・・花嫁であるカヨコは脱走!

白い燕尾服を着たまま、カヨコを探しに外に走るタカハシ

カヨコは花嫁姿のまま出店で冷やしキュウリを買っていた

タカハシは脱走したカヨコを責めることなく「行こう・・・」と手を引いた

カヨコの手をつなぐタカハシ

タカハシは「彼女は幸せになれていない・・・幸せになるのが怖いだけなんだ・・・」と自分がカヨコのことを守って幸せにしていきたいと心の底から思っている

 

そして、生活が落ち着いた頃、勤めている会社をやめて、友達と会社を立ち上げることになったタカハシ

「相談もせずに決めてごめん」と謝ると、カヨコは「(食わせてくれるなら)いいよ」と答えた

タカハシの中で、カヨコの「いいよ」は「(あなたがやることなら、なんでもついていくから)いいよ」と変換されて!

タカハシは胸がいっぱいになる!

カヨコが幸せになることに慣れつつあるんだ!彼女も「幸せになりたい」と思ってくれている!と感激するのです

 

しかし・・・

カヨコに不審な行動が増えていく

特に用もないのに、化粧をして出かけたりするカヨコ

しかし、平和脳のタカハシは、カヨコの不審な行動を疑わない

けれど、「今度の日曜日、デートしようか?」と誘った時、明らかに挙動不審に!

目を泳がせて「日曜日には用事があって・・・」と答えたカヨコ

 

そして!

カヨコの浮気が発覚!

「カヨちゃん・・・浮気してるの?」と聞くタカハシ

カヨコは、和太鼓教室の先生にときめいてしまい、2人で会ったことを正直に話す

でも、和太鼓教室の先生は、同時に6人の生徒と会っていたから・・・つきあっているわけじゃない。と言い訳するカヨコ

タカハシは「なにが不満なの?」と聞く

するとカヨコは「不満はないよ・・・なんかつまらないな・・・ドキドキしたいな・・・彼氏がほしいって考えている自分がいるだけ」と答える

カヨコは既婚者である以上、そういうことを考えちゃダメなんだということは頭ではわかっている

家を出るために荷物をまとめるカヨコ

止めるタカハシ

カヨコは、自分がどうしてそういう風に考えてしまうのかがわからない・・・きっと病気なんだよ・・・と言う

「また同じことをする・・・きっと傷つける」というカヨコ

タカハシはカヨコを守り、安心させて幸せにしたいと思っていた

だけど、まさか「不満がないこと」が不満だったなんて・・・とショックを受けつつ

その後もカヨコのことを守り続ける

カヨコに傷つけられたことを忘れれば、元通りになるんだ・・・と我慢するタカハシ

その繰り返しに疲れた頃・・・詩織に出会ってしまったのだ・・・

カヨコ!不採用!?

シーンは探偵事務所・・・

面接に来たカヨコが「採用を見合わせます」とスーツ姿の男に言われてる

なんで?って顔のカヨコ

面接室に細谷が入ってきて「どう?」と聞く

スーツ姿の男が「採用は難しいかな・・・」と答える

細谷は「見込みがありそうだと思ったんだけど」と答えて

カヨコに「今、やっている現場でオバちゃんの尾行要因が足りないんですよ・・・やれますか?」と聞く細谷

カヨコは「やる!」と即答

離婚の時・・・お互いに言い分があるってパターンですね

タカハシ視点で読むと、あのカヨコの自由奔放さに我慢し生活を続けていたタカハシがすごくいい人に見える!

(お金のことには細かいし、亭主関白を気取ってうざいけど!)

タカハシの思う幸せと、カヨコの思う幸せとのカタチが違うだけなんですよね・・・

カヨコの方は仕事が決まりそうな・・・決まらなさそうな・・・って感じ!

細谷さん・・・モブ顔だけど、なにげに強引でいい男に見えてきた

どうなるのか?

次回に期待!

「後ハッピーマニア」第13話(ネタバレ有り)

読みましたらこちらに追記予定です

「ハッピーマニア」を読む!

1990年代にドラマ化もされ一世を風靡したコミック!安野モヨコの代表作!
恋の暴走列車・シゲタカヨコの怒濤の「しあわせさがし」は、バカバカしくもあり、共感できるところもあり!
読者の心を鷲掴み!

ハッピー・マニア(1)

ハッピー・マニア(1)

後ハッピーマニアを楽し読み!