おげれつたなか

「Daisy Jealousy」おげれつたなか 感想ネタバレ

IMG

こちらの記事では、ビーボーイさんで連載中の「Daisy Jealousy」の連載を追いかけています

こちらの記事は配信されると最新話を追記していきます

この記事にはネタバレ及びオチが含まれています。閲覧の際にはご注意ください

「Daisy Jealousy」はこんなお話です

第一話めの表紙にあるあおりはこんな感じ!

持ってるやつと持ってないやつ。
才能の格差、そこから生まれるのは吉か凶か!?

同じ分野で活躍するふたりの嫉妬や成長。そして恋を描いていく感じ?っぽいです

「Daisy Jealousy」第一話

ビーボーイ2019年4月号に掲載。

憧れのゲーム会社に入りたい主人公。でも上には上がいて・・・

小さいころからゲームが好きだった主人公の三咲

憧れのゲーム会社「ゴールドゲームス」に入るのが夢で専門学校へと入学

入学前から3Dモデリングをやっていたから、専門に入ったらクラスで一番になれると思っていたんだけど

上には上がいて

同じクラスの要にはかなわない

三咲の中では、要はライバルだと思っているんだけど

当の要自身は、人とはかかわらない孤立するタイプのようで、クラスメイトから話しかけられても冷たい返事しかしない奴

愛想なしで才能がある要は、クラスメイトの一部からやっかみを受けていて

ある土日・・・三咲が専門へと行くと、「進級課題のデータ」が消えた。と要が困っている

提出期限は明日となっていて、それを提出しなければ進級ができない

「遅れて出す」という要

三咲は、「俺、映像処理やるから!」と手を合わせて締め切りに間に合わせようと提案する

三咲だって作業あるだろ。と断る要

だけど、三咲が「こんな形で提出できないなんて嫌じゃん!」と必死に訴えて

それを聞いた要は三咲に手伝ってもらうことにします

要は三咲に恋に落ちるけど・・・同時に傷つけてしまい・・・

なんとか1日遅れで課題を無事に提出でき、ふたりとも進級できることとなる

一緒に課題を作ったことで、言いたいことを言い合える仲へとなったふたり

三咲「おまえプレミアだけでなんとかしようとしたじゃん!」

要「それ言ったら、俺も三咲にアドバイスしたしね!」

三咲「それは感謝しているけれど・・・置いとけよ!」

海ホタル
海ホタル
すごい打ち解けて、なんでも言い合えるいい雰囲気になってて、先生も微笑ましいそう!

そして・・・ふたりで打ち上げに行くのですが・・・

どんなアニメやゲームが好きだったか?って会話をしてて

要が好きなアニメを、三咲も「好き!」って満面の笑顔でいうんです

その時の三咲の笑顔に、ときめいちゃう要

要は、どうも言葉足らずな男のようですが・・・

言葉足らずなりに三咲と距離を縮めていきます

急速に一緒にいる時間が増えていくふたりなのですが・・・

三咲の方は、要と話していると、自分との力量や才能の差をじわじわと感じ始めてしまう

そして・・・

その気持ちに追い打ちをかけるように・・・

要に「ゴールドゲームス」(←三咲の行きたかった会社)からスカウトがくる

三咲は、もっと頑張らなきゃダメだ!!と、がむしゃらに勉強をしだす

要は、余裕をなくしがんばりだす三咲を心配し

「三咲は、頑張り屋さんだね」と言葉をかけるのです

けど、その言葉が、「要にとっては自分などライバルではなかったんだ」と、三咲を傷つけます

さらに自分を追い込んでいく三咲

心配して、「俺、ゴールドゲームスに入るかどうか悩んでいる。三咲と一緒に仕事をしてみたい」と言う要

その言葉についにブチ切れてしまう三咲

三咲「ばかにしやがって!お前になにがわかるんだよ!!!」

 

ふたりは仲たがいしたまま・・・

卒業を迎えます

卒業の日・・・三咲に声をかける要

ふたりきりで話すけど、三咲はスマホをいじって要の顔さえみない

要は「まだ怒ってる?」って聞くけど、三咲は「もう、会うこともねえんだから、いいじゃん」と答える

「会うことがない」って言葉が、要の気持ちを大きく揺さぶって、思わず、要は三咲にキスをする

キスをされて、馬鹿にされたと思った三咲は、その場を立ち去る

そこで続くとなっています

これは・・・さすがの面白さといいますか・・・

すごい期待大の作品です

三咲くんね・・・すごいいい子なんです

でも、要と話していると、焦りと嫉妬心がどんどん溜まっていくんですよね

その気持ちが、コップにひたひたっと溜まっていく水を使ってうまく表現されている

要も、自分の言葉が三咲を傷つけているなんてわからないんだろうなっていうのがよくわかる

三咲が怒る度に、ポカーンって感じなんですよね

でも、好きになっちゃったからなー・・・

なんとか助けになりたいって手を貸そうとしちゃうんですよねー

でも、その手助けが、三咲のプライドをどんどん傷つけていっちゃうんですよー・・・

これはなー・・・才能があるものとそうじゃないものとである「見ている世界の違い」から生まれるすれ違いなんですけど

相容れることができるんでしょうか?

先の展開が気になります

「Daisy Jealousy」第2話

第2話は、5月7日発売のビーボーイに掲載予定です

読み次第追記予定です

「おげれつたなか」おすすめBLコミック