百瀬あん

甘くてえっちなケーキバースBL「舌先から恋 」百瀬あん

IMG

NEW第5話の更新をしました(9/16)

こんにちは!海ホタルです

1月21日より百瀬あん先生の「舌先から恋」の連載が、「コミックマージナル」さんでスタートしました!!!

ケーキバースBLです♥

ケーキバースって・・・ほら・・・あれ・・・カニバリズムじゃなかったっけ?

わたしが苦手なやつだ~・・・

でも、百瀬あん先生は大好き♥

どんなお話になるんだろう~って読んでみた!

面白かったので連載を追いかけたいと思います

ケーキバースとは?

韓国を発端のバース性設定。「フォーク性」と「ケーキ性」がいる

フォーク性に生まれると味覚がない。でも、ケーキ性の人間に対してのみ味覚を感じる

ケーキ性は自覚がない。フォークに会って、自分がケーキ性だと自覚できる

「舌先から恋 」第1話(ネタバレ有)

iHertZ band.67にて掲載です

フォーク性の主人公が登場

高校生の達成(たつなり)

海ホタル
海ホタル
見た目はチャラそうな男子高校生。運動神経がいいらしい

達成は「フォーク」

街を歩いていて、すれ違った子たちが、「フォーク」の女が客を食っていたというニュースを見て「こえ~」と言って騒いでいるが聞こえてイラっとしている

海ホタル
海ホタル
「フォークが全員犯罪者だと思ってるんじゃねーよ」と心の中で悪態ついている

 

ふと見上げると、工事現場でパイプが不安定にぐらついているパイプが見える

落ちるパイプ

達成の目の前を歩いている男子高校生に当たる?!と、助けるため目の前にいる男子高校生に体当たりする達成

勢いで壁にぶつかった達成は、遠のく意識の中で、助けた男子高校生からする香りに気づく・・・

助けた稔世のことを舐めると・・・

達成が助けたのは、同じ高校に通う図書委員の後輩・稔世(なるせ)

海ホタル
海ホタル
メガネ男子の稔世は、気が弱そうで真面目そうな感じ

学校へ行った達成は、稔世のことをつかまえて、昼ごはんを一緒に食べようと誘う

達成は、稔世からする匂いに、「稔世はケーキだ」と思っている

でも、ケーキは、フォークと出会わない限り、自分がケーキだとは気づかない

なんて話を切り出そうかと悩む達成

すると、稔世は、達成に脅されると勘違いしたのか「なにか要求があれば言ってください」という

「なんでもいいから言ってください」と言われた達成は稔世の首筋を舐める

突然、舐められて驚く稔世

達成は、稔世をなめて口に広がる甘味に驚く!

ちょっと舐めて、稔世が「ケーキ」かどうか確かめるつもりだったのに・・・

舐めることが止められずキスをする

「食事ってこんなに美味しいのか」と止まらない達成

「ケーキバース」の設定を読んでいる時、意味がわからなかった部分が、マンガを読むと、パッと開けた感じですごくすっきりしました!

 

フォークは、味覚がないから、モノを食べても「美味しい」って感覚がないわけです

でも、ケーキ性の人間の汗や皮膚を舐めると、甘みが口に広がる・・・

そりゃ、ペロペロするわ!

確かに・・・これは萌える設定です!

舐められたケーキはどんな感覚になるんだろう・・・

次回に期待したい!

「舌先から恋 」第2話(ネタバレ有)

達成の食事を許す稔世

達成が「フォーク」だと知った稔世は、達成を恐れることなく、昼休みの10分間、屋上でキスをする約束をする

時間までに来なければ、その日はなし。そして、キスの最中は目を開けない。というルールを作り、ふたりの秘密の時間が始まるのです

 

稔世を舐めると感じる甘味に、最初は夢中になって食事(キス)していた達成

けれど、心の余裕が出てきて、会話を楽しむようになってくる

(会話と言っても、達成の質問に稔世が淡々と答える感じ・・・話は弾まないが、質問すると律儀に答える稔世のことを面白いと思い始める達成)

でも、会話を楽しむ達成と違って、「味に飽きたんですか?」と不安げな稔世

達成は、明日も明後日も味わえるとわかっているから余裕があるだけだと答える

 

ある日、キスをしていると、屋上に人が入ってくる

驚いて目を開ける達成

すると、目の前にいる稔世のブツがエレクトしているのが見えてしまう

「なんで勃ってるんだよ」と言ってしまう達成

海ホタル
海ホタル
この時、達成の中に、稔世を食べてしまいたいって欲求が膨らんだ感じ?
心に生まれた感情に達成自身がゾッとしています

これをきっかけに、達成は屋上へ行くことをやめた

フォークゆえの欲望を自分は抑えられる・・・と稔世の持つ甘味を忘れようとする

 

それから2年・・・

達成は大学生になった。

稔世とは2年間会っていないが、いまだ、稔世の持つ甘味を忘れられずにいる

彼女ができてキスをしても、この味じゃないと夢中になれない達成

そんな悩みを抱える達成の前に、新入生で入学してきた稔世が現れる

キスの最中に目を開けないというルールを作ったのは稔世です前半、キスの後にもじもじする稔世が描かれていることから、稔世は、きっと達成のことが好きだとわかります

一方、達成のほうは、フォークに食事されるなんて怖いのに、どうして、稔世がキスを許してくれるのかわかっていません

しかも、エレクト状態の稔世を見ても、稔世が自分に恋心を抱いているとは夢にも思っていない達成

これは・・・いわゆるすれ違い展開?

きっと、稔世は、達成が屋上にこなくなっても、毎日、屋上で達成を待っていたんだろうなーって想像するとせつないですよね・・・

「舌先から恋 」第3話(ネタバレ有)

稔世と距離を取りたい達成だが

稔世を見ていると「食べたい」という欲求が膨らんでいく

その感情から逃げるため距離を置いたはずなのに、大学で再会したふたり

達成は、稔世を見ているだけで食べたい欲求がわきあがる

なので、なるべく距離を置こうとするが、なぜか稔世は建成の友達たちと仲良くなり、その子たちに誘われて建成の目の前に何度も現れる

イライラする建成

「ケーキ」である稔世のほうが「フォーク」のオレを避けるべきなのでは?と、きちんと話し合おうと稔世を呼び出す

Win-Winです

待ち合わせ場所にやってきた稔世

稔世に気づいたのに無言で歩き出す建成

稔世は後をついていく

人気(ひとけ)のないところまでやってきたとき、「なんでフォークについてくるんだ?危機感がなさすぎる」と怒る建成

そして、「高校の時は悪かった。もう俺とかかわるな。」という建成

稔世は、建成に顔を近づけて、俺の味、忘れちゃいました?と聞いてくる

ドキッとする建成

稔世は舌を大きく出して「食べて」とお願いする

欲求が抑えられなくなった建成は、稔世の舌に自分の舌を合わせる

久しぶりに感じる甘味に夢中になって吸い付く建成

「あ・・・」と稔世が甘い声を出して、ハッとなって舌を離すと、稔世のブツが大きくなっているのがわかる

「これは“被食反応”です」と話す稔世

それは、捕食されると認識した脳が、恐怖を緩和するために快楽物質を出す反応のことで、稔世は、建成に食べられると思うと気持ちよくなってしまうと話す

「だからWin-Winなんですよ。」という稔世

それを聞いた建成は、稔世のズボンに手を入れて・・・キスをしながら、稔世のブツを刺激しだす

「あ・・・」と稔世の精が吐き出される

手に着いた精液をべろりと舐める建成

その甘さに、もっとほしいと稔世にキスをしつづける

うわー!百瀬あん先生の誘い受だ~!とドキドキしました稔世がべろりと舌を出して建成を誘う表情がたまらん!

夢中になってキスをする建成の衝動に胸がきゅんきゅんします

しかし、稔世は建成のことが好きであそこが反応していたと思っていたのですが・・・“被食反応”なるものがあるんですねー・・・

稔世は、「先輩にとっては食事なのに、俺は、気持ちよくてたまらないんです」と言っています

建成の方は、食事だから、エロい気持ちにはなってないってことですよね・・・

高校時代は目を閉じてたから仕方ないとして、今後は、稔世の反応を見て、建成も意識しはじめるってことなのかな?

「舌先から恋 」第4話(ネタバレ有)

稔世が感じるほど甘味が増していく

稔世のピンコをいじりながらキスをする建成

稔世は、あそこをいじるなんて気持ち悪くないのかな?と思う

だけど、建成は、あそこを刺激しながらキスをする方が甘さが増すからいじるのをやめられない

「もしかして、唾液より精液の方が美味しんですか?」と聞く稔世

誤解されてる?!と慌てる建成

 

すると、稔世は、おずおずと自分の尻穴をいじりだす

その状態でキスをする稔世

一層、甘さが増す

建成は、稔世が気持ちいいほど甘味が増すことに気づいて、自分の指を稔世のあそこに挿れて刺激しだす

「あ!」とエッチな顔をする稔世

それを見て「エロい」と思う建成

そして、高校時代に屋上で感じた罪悪感は、男である稔世相手に「エロい」と思ったせいだと気づく

稔世は、本当は、先輩がこの大学にいると知って受験したことを話す

そして「先輩の好きにしていいですよ」と言う

海ホタル
海ホタル
この後、稔世の高校時代の回想が入ります。

稔世は建成のことを遠くから見つめるだけの恋をしていたみたい

稔世は、自分の気持ちなんて気づかないでほしいと願う

どうか「食事」でも構わないから、建成に求められたいと思っている稔世

なるほど・・・感度があがればあがるほど、甘味が増していくんですね!

で、建成は稔世の快楽ポイントを刺激するのをやめられなくなっちゃうわけですよ

けど、建成の気持ちは「好き」に到達してない?

 

稔世の方は、高校時代の回想を見ると、すごく建成のことが好きみたい

気持ちを伴っていなくても、求められたいってせつない片思いです

「舌先から恋 」第5話(ネタバレ有)

心が動く

建成が所属するサークルの飲み会に参加する稔世

先に帰る建成

(出る時に、稔世に“ちゃんと抜けて来いよ”と耳打ちしてる)

外で待ち合わせをし、たわいもない会話をしながら、一緒に歩き出す

海ホタル
海ホタル
会話の最中に、ふっと笑う稔世の顔を見た建成・・・胸に特別な感情が生まれてる感じ・・・

少しでも、稔世と過ごす時間を延ばしたくて、コンビニに寄る建成

困惑

学校で、同じ授業を受けるふたり

前の席に座っている稔世の背中を見ながら、稔世のことを考える建成

稔世が見せてくれたふとした表情や、エッチの時の表情などを思い出して自己嫌悪に陥る

海ホタル
海ホタル
「相手は男だぞ?」って感じ・・・

困惑しつつも、でも、稔世と一緒にいると、自分が許されるような気持になる・・・と思う建成

 

そこに稔世から、建成にメッセージが入る

建成の視線を背中から感じた稔世は「服にタグが付いていますか?」とメッセージを寄越す

「ついてないよ」と返事を打つ建成

すると「家まで待ってください」と返信が返ってくる

真面目な稔世が、どんな顔で、このメッセージを打っているかと思うと込み上げてくるものがある

ついに・・・結合

その日、稔世をベッドに転がして、食事(稔世の体液をペロペロ)をする建成

執拗に前立腺を責める建成

いつもと違う稔世に困惑しながら、気持ちよくてたまらない稔世

達した稔世に「もっと気持ちよくしたいって言ったら困る?」と聞く建成

建成の言葉に、「それって・・・どういう意味?」と聞き返す稔世

稔世のお尻に指を挿れたまま「ここに指以外を挿れたことある?」と聞く建成

稔世は、建成の言いたいことがわかって、つながることを許すのです

結合するふたり

気持ちよくなった建成は、稔世の首もとで大きく口を開けて・・・

稔世に対して特別な感情を抱き始めたことに建成本人も困惑してるのがよくわかる展開です!

 

結合したとき、建成が気持ちいいのか気にしている稔世

ほんと健気な受けだ~

最後、建成が大きく口を開けた描写は、ちょっとハラハラです・・・

フォークがケーキを本当にがぶりと食べたと言うニュースがあるほどですからね・・・

噛み跡をつけるはOKだけど・・・本当にがぶりと食べたら?

次回の展開に期待です

「舌先から恋」第6話(ネタバレ有)

読みましたらこちらに追記予定です