アキラ

「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」番外編 求める者たち1 ネタバレ感想

IMG

こんにちは!

アキラ先生の「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」が完結しましたね!

その後・・・番外編が続いています

今まで出てきたキャラにスポットが当たってる感じかな?

この記事にはネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

こちらの記事は、めちゃコミさんの配信を基準に話数をつけています

「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」はこんなお話

  • 体も心も恋愛不感症のヒロイン
  • エロテクはあるのに本気で恋愛したことない男

登場人物紹介

星名朱里
星名朱里
この物語のヒロイン!美人でスタイルもいいOLさん
だけど、身体も心も恋愛不感症なのです
けれど、大好きな課長とつきあえるようになって!
少しづつ、身体も心も感じるようになってきて?!
弟の学費を払っている
浅倉浩之(課長)
浅倉浩之(課長)
会社では厳しく不愛想な課長
だけど、そのルックスから女子社員に人気がある
昔は相当のやんちゃをしていたみたいで、エロテクにむちゃくちゃ自信がある
堀部清治
堀部清治
自分のエロテクに自信があるイケメンだけど
朱里を感じさせることができず、執着しちゃう
北島
北島
朱里の元カレ
朱里のために、エッチできるまでずっと待っていたけれど、寂しくて、つい浮気してしまった・・・
美咲さん
美咲さん
営業志望の女の子。課長のことが好き
紙書籍の単行本を試し読みしてみる
海ホタル
海ホタル
紙書籍の1巻には「分冊版」の1巻と2巻が収録です

「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー」“番外編 求める者たち1”のネタバレ紹介

「めちゃコミ」さんで先行配信の作品です

この関係に名前をつけるとしたら・・・

海ホタル
海ホタル
番外編の主人公は朱里の同僚である吉野希美です

朝・・・カレシである石崎のマンションのベッドで目覚める吉野

石崎はツマとの離婚が決定している同じ会社の男

でも、元ツマと子供に未練たらたらで・・・きっぱり離婚することができずにいた

元ツマと子供の残り香が残るマンションで目覚めた吉野は、自分たちの恋愛に名前をつけるとしたら・・・

なんて名前を付ければいいんだろう・・・と思っている

堀部と吉野

会社に行くと、エレベーター前にたくさんの荷物を持って両手がふさがっている堀部がいる

なんとかしてエレベーターのボタンを押そうとしている堀部を見て、吉野はエレベーターのボタンを押す

さらに、堀部が抱えている荷物の一部を持つ吉野

堀部は驚いて「ありがとう」という

吉野は「落ちそうだったんで」とさらりと答えて・・・・


 

休憩室で朱里から、課長からプロポーズされたかも・・・でも、はっきりしなくて・・・という話を聞いた吉野

はっきりしないプロポーズの言葉に「はっきりしろってーの!」と言う吉野だが、その言葉は、自分のカレシへの愚痴だった

いやいや・・・課長とわたしのカレシとでは比較にならないよ・・・とひとりごちて廊下を歩く吉野

すると、後ろに堀部が立っていて「浅野課長のこと?」と声をかけてくる

課長と朱里がつきっていることを知っている堀部に驚く吉野

堀部は「俺・・・星名さん(朱里)にフラれたから」と言う

吉野さんは、以前、堀部と朱里ができていると社内で噂が立っていたことを思い出して、その時の話をする

すると堀部は「実際は、そんないい話じゃないよ」とつらそうな顔

吉野は、堀部の顔を見て「そうよね・・・本当のことなんて他人にはわからない」と話す

堀部は「大人発言だね」と言う

吉野は、「正直、あなた自身にはいいイメージを持ってない・・・けど、星名さん(朱里)が頼るくらいだから、噂どおり人じゃないのかもね」と答える

吉野のきっぱりした態度に「さすが・・・星名さん(朱里)が仲良くするだけのことはあるよ」と言って、朝、手伝ってくれたお礼と言ってイチゴ大福を吉野に渡す

ヤキモチもやいてくれない彼にもやもや

石崎のマンションへ帰り、カレシに堀部からもらったイチゴ大福を見せる吉野

堀部は、石崎の部下・・・どういう男なのか聞きたがるが、石崎は、部下のプライベートまで知らないよ。とのんびり答える

ヤキモチも焼いてくれないカレシの態度に、もやもやする吉野

自分が好きで彼の傍にいるだけだから仕方ない?と思うのだが・・・

 

翌日、石崎のことを自販機の前に呼び出す吉野

石崎は「どうしたんだよ・・・今まで、わがままとか言ったことないだろ」と困った顔をしながらやってきた

吉野は「わがままなら言ったことがあるわ」と答える

吉野のカレシは「え?」って顔

吉野は、以前「お祭りに行きたい」とわがままを言ったと答える

石崎は「あれは、わがままじゃないよ・・・あの祭りは、俺たちの出会いの場所だから」と答える

 

数年前・・・

祭りにきた吉野は、祖母に作ってもらった大切な巾着を落としてしまった

巾着を探してキョロキョロする吉野

たまたま通りかかった石崎が「どうしたんですか?」と声をかけてきて・・・

石崎は「大切なものをなくした気持ちはわかるから」と、吉野の巾着を一生懸命探してくれた

その石崎の姿に恋をした吉野

同じ社内の人間で、既婚者で、ツマのことが忘れられず離婚ができない男だとわかってて好きになったのは自分の方・・・

 

石崎は、出会った記念場所だから、わたしが祭りに行きたがっていると思ったんだろうか・・・と思う吉野

いや、本当は、わたしから別れを言ってほしくて、あの時、一緒にお祭りに行ってくれたのかも・・・

吉野は「本当は・・・わたし・・・」となにか言いかけて・・・

吉野のカレシの石崎は、たぶん、ひとを傷つけることができないやさしい男性なんでしょう・・・

表情から、ひとの良さと気の弱さがにじみ出てる!

そんな人相手だから、自分が同情でつきあってもらってるって思っちゃうんだろうなーって思いました

吉野さん・・・しっかり者の女性だけど・・・

たぶん、母性が強いタイプ?

ダメな男を見ると、自分が支えてあげなきゃって思うタイプの女性なのかも・・・

堀部が出てきたのが気になります

堀部と吉野さんで、なにか進展するのかな~?

海ホタル
海ホタル
紙書籍の2巻の試し読みはこちらから!「分冊版」の3巻と4巻が収録です
海ホタル
海ホタル
紙書籍の3巻の試し読みはこちらから!「分冊版」の5巻と6巻が収録です
海ホタル
海ホタル
紙書籍の4巻の試し読みはこちらから!「分冊版」の7巻と8巻が収録です