玉川しぇんな

ネタバレ感想「生意気なジョーカー」玉川しぇんな

IMG

NEW 第3話を追記しました(2/26)

新人BL漫画家の中でもひときわ光っている玉川しぇんな先生

エロ描写こそは控えめですが登場人物たちの複雑な心情変化を描くのが得意な作家さまです

この記事では、花丸で連載中の「生意気なジョーカー」の連載を追いかけています

こちらの記事は掲載毎に追記していく形式です

この記事にはネタバレ及びオチが含まれます。閲覧の際にはご注意をお願いします

生意気なジョーカー 第1話(ネタバレ有)

look!
生意気なジョーカー 第1話

エリート男子校、私立・伊那苑高等学園の生徒会の一員である道彦は、防衛省の事務次官を父にもつため、大臣の息子で生徒会長の園田には頭が上がらなかった。そんな園田から、バカ高に通う彼の幼馴染み・アサキを編入させるよう命じられてしまい!?一筋縄ではいかないアサキを説得できるか?玉川しぇんな、待望のハイスクール・ラブタクティクス!(この作品はウェブ・マガジン:花丸漫画Vol.24に収録されています。重複購入にご注意ください。)【全34ページ】

Renta!BookLive!

勝ち組人生を送る道彦に舞い込んだ厄介事とは?

多くの政治家や大企業の御曹司が通うエリート男子校、私立・伊那苑高等学園(通称:イナコー)の生徒会の一員である春日野道彦

道彦は防衛省の事務次官を父に持ち、小さい頃から何でもでき劣等感など持ったことがない勝ち組男子

大臣の息子である生徒会長の園田には頭があがらないが、持ち前の器用さでうまくやっている

そんなある日園田から「西高に通っている友人にうちの転入試験を受けさせて欲しい」と頼まれる

道彦は先輩の仁川を使い、その友人とやらの情報を集め、彼が働くカフェに仁川と一緒に行く

園田の友人の名前は「御影アサキ」

園田の小さい頃からの友人で中学までは一緒だった。

最近では素行の悪い人間とつるんでいると聞き、園田は心配している

道彦よりひとつ年上だが、一年留年し、学年は一緒

家は特に貧乏というわけではないのに週5日も働いている

見た目は大変美形で、カフェには御影目当ての女子が多く入っていた

その中に、たまたま道彦の元カノがいて道彦に声をかけてくる

「なんでLINEを返してくれないの?」と文句を言う女子

「今度見合いすることになったんだ。だから君とはおしまい」と笑顔で答える道彦

「どうせ遊びだったんでしょ」という道彦にショックを受ける女子

そこに御影が割り込んでくる

泣き出しそうな女の子にハンカチを渡し、御影たちを店から出そうとするが、道彦がイナコー生徒だとわかると平手打ちする

どうも、道彦が園田の使いだとすぐにわかったようで「女泣かせて粋がってんじゃねー」と怒鳴る

御影の弱みを握った道彦は脅迫し・・・

勝ち組人生を送ってきた人からバカにされたことがない道彦

御影のこの態度にムカつくが、それでも生徒会長に「御影が心配で・・・」と言われると、断ることができない

後日、ひとりで御影のいるカフェへともう一度行き、今度は「イナコーに転入してほしい」と伝える

生徒会長の言いなりに動く道彦を「事務次官ジュニア」と呼び、馬鹿にする御影

そして、きっぱり断るんだけど、バイトの帰り道、元カレにからまれているところを道彦に助けられる

「このことを園田さんは知っているのか?」と聞くと、さっきの対等な態度からは一変、必死な顔で、「園田には言わないで」という御影

園田は子供の頃、変態に狙われた経験があったことから大のホモ嫌いだそうで・・・

御影は自分はゲイだから、あえて、園田と距離を取り、違う高校へと行ったと喋ります

「あいつに嫌われたら生きていけない・・・黙っていてほしい」という御影に「御影さん、俺の言うこと聞いてくれますね」という道彦

園田と御影の関係も気になるんですが、攻めポジはたぶん嫌味な男子高校生の道彦だと思われます

お金持ち特有の選ばれた感がむっちゃする道彦は、第一話では嫌なヤツとなっています

御影と出会ったことで、今後、成長していくという流れが期待できます

生意気なジョーカー 第2話(ネタバレ有)

look!
生意気なジョーカー 第2話

偶然アサキの弱みを握ることに成功し、それを盾に編入を迫るが!?玉川しぇんな、待望のハイスクール・ラブタクティクス!(この作品はウェブ・マガジン:花丸漫画Vol.25に収録されています。重複購入にご注意ください。)【全26ページ】

Renta!

BookLive!

仁川の説得に応じる御影。それが面白くない道彦

「転入の話を拒むなら、さっき見たことを園田に話す」と御影を脅す道彦

けれど、御影は、「ゲイの俺なんかが園田の傍にいちゃけない」となかなか首を縦にふらない

仕方なく仁川を呼び出し説得してもらう道彦

かけつけた仁川は、道彦に状況を聞く

御影がゲイであることは喋らず現状を話す道彦

仁川は「説得成功したら御影くんを口説いていい?」と道彦に聞く

仁川は、キレイな相手なら男でも女でもいいみたい人みたい

呆れる道彦だが、仁川と御影がふたりで喋る姿を、「そんな簡単にいくわけがない」と眺めている

なのに・・・仁川と喋っている御影がふと道彦の方を見て、笑顔を見せる

そしたら、仁川が、道彦に「OKだよー!」と言うのだ

あくまで編入試験を受けるということを了承した御影

自分じゃダメだったのに、なんで?と面白くない道彦

仁川は早々に帰っていく

残された道彦と御影

道彦は「仁川みたいなのがタイプなんですか?」と御影に聞く

御影は「まあ・・・ゲイをネタにゆすろうとするやつよりかはイイかな」と言う

痛いところをつかれて黙る道彦

そんな道彦をみて御影は、また笑顔を見せる

仁川は、道彦の知らない園田と御影のなにかを知っているみたいですね

仁川が、御影が編入試験を受けることを園田に連絡していますが、園田が「まだ少し会うのはコワイかな」と仁川に言っています

第二話で御影が2度笑顔をみせていて、その笑顔に、ちょっとドキッとしている道彦の驚きがよかったです

こうして相手を意識していっちゃうのね~!

園田と御影の今後も気になるし!

次回の展開を期待したいと思います

生意気なジョーカー 第3話(ネタバレ有)

look!
生意気なジョーカー 第3話

なんとか編入試験の受験を受け入れさせるところまでアサキを説得できた道彦。すべては園田のため、今後の自分の学園生活のためで、アサキのことは気にくわないはずだった。けれど、美人で人の懐にするりと忍び込んでくるアサキのことが何故か気になって!?玉川しぇんな、待望のハイスクール・ラブタクティクス!(この作品はウェブ・マガジン:花丸漫画Vol.27に収録されています。重複購入にご注意ください。)【全36ページ】

Renta!

道彦の人でなし発言

編入試験を受けることになった御影に必要書類を一式渡す道彦

さっきの変な男がまたうろついているかもしれないから送ると声をかける

けれど「勘弁してよ。お前のところの親御さんも心配するだろ」と困る御影

道彦は、自分は父の買ったマンションで一人暮らしです。という

なにか事情を含んでいる答えになにも答えられなくなる御影

道彦は、「送られるのが嫌なら・・・」と御影にタクシー代を渡す

「おまえがやべー奴だろ。女の子にもそうなの?」と聞く

道彦は「女はなにもしなくても向こうから股を開くのにするわけがない」とまたもやひとでなし発言をする

その答えに「おめー死ね!」とタクシー代を受け取る御影

弱さを見せられる御影に心ゆらぐ道彦

翌日・・・

伊奈苑高校に編入試験届を出しに行く御影

掲示板に張り出された生徒会写真に園田の姿を見つける

中学生の時・・・

園田と御影は同じ生徒会役員をしていた

園田は「父から高校でも生徒会長をするよう言われた」といい、

御影に「アサキ(御影)・・・高校でも一緒に生徒会入ってくれる?」と聞いてきたことを思い出す

そして・・・

御影から編入試験を受けに来たことをメールで知らされる道彦

中庭にいるというので中庭に行くと、3年生の中でも素行の悪い連中に囲まれている

道彦が声をかけると、あわてて去っていく3年生

でも、御影が「ただのナンパだよ」と答える

園田とのことを思い出して、ナーバスになっている御影は

「あいつらみたいなのがのうのうと園田と同じ空気吸っているのに、俺ってなんで西高なんかでダブってんだろうなー」と愚痴をいう

でも、顔をあげて「おまえに言うことじゃねーか。道彦なのにな」という御影

道彦は御影の持つ、一見ガードが固そうなのに実はスキだらけで、弱いところをボロボロさらけ出している部分に

「もし、狙っている女がこんな風に言ってきたら・・・・」と考えてしまいます

御影の「園田に会う」発言に胸が痛い道彦

そして・・・

編入試験を受けている御影の美しさに見とれる道彦

試験が終わり「じゃ、途中まで一緒に帰ろー。もっとお前と話してみたい」と立ち上がる御影

「おまえって一人で抱え込みそうだし、話きいてやるよ」と御影が笑うんだけど

道彦はその言葉にいら立ちを覚えて「どうして人の懐にずけずけ入ってこれるんですか?」と言ってしまう

けれど、そこで御影が、「園田」の名前をだす

一層いら立ちが募る道彦

道彦は幼いころ、どうも母親に見捨てられたようで・・・

母親と別れのとき、「あなたがお父さんに期待に応えられたら、お母さん、道彦のこと見つけるからね」と言われたみたい

それから、道彦は、ひとりでがんばってきたみたいで・・・

みんなに愛されて期待されている園田とは違う!と鬱屈した憤りをぶつける

そんな道彦に「おれになにかできることある?」と聞く御影

道彦は、涙を流し「なんでもいいんですか?」と聞く

道彦に肩をなでられ、頬を染めちゃう御影

色っぽい空気になったとドキドキしちゃう御影に「この高校に入ってください」と頼む道彦

自分の勘違いだった。と大テレの御影

道彦は、「園田さんにも会ってください!」と言う

御影は園田のことを思い出しながら「見捨てるみたいなこともう嫌だしさ・・・前に進むよ」と園田と会うことも了承する

途端に道彦の胸が痛んで・・・

道彦が御影に惹かれていく心情が上手く描かれていて、読んでいて、キュンってしちゃいました

御影はどうも不思議な魅力を持っているキャラで・・・・

惹かれるのも仕方ないかな・・・

園田との再会が楽しみですね

「生意気なジョーカー」第4話

第4話の更新は未定となっています

更新され次第、こちらの追記させていただきます

おすすめ「玉川しぇんな」コミック

善次くんお借りします
海ホタル
海ホタル
野球好きの祖父が望むような体つきに生まれなかった主人公と、野球部のヒーローの花岡との淡く揺れるようなラブを描いた作品。コンプレックスを抱きながらも相手に惹かれている複雑な恋心が読み応えあり
猫と魔法はキスでほどける
海ホタル
海ホタル
ファンタジーBL。魔法学校のさえない学生のルーカスにある朝突然猫耳としっぽが生えていた!男とエチしないと呪いは解けないらしくって、幼馴染のディランを頼るものの、ディランの態度はそっけなくて・・・
海ホタル
海ホタル
どっちを先に読むか迷っているなら「善次くんお借りします」の方がおすすめ度が高いです。

「猫と魔法はキスでほどける」は特殊設定ということもあり、少々、読解しづらい部分があったので・・・。ファンタジーBL好きの人にはいいかもしれない作品