りーるー

りーるー「完璧な息子」ネタバレ感想

IMG

おっさん受けやショタBLを多く描いているりーるー先生のWEB連載作品「完璧な息子」

あらすじを読んで・・・

父親と息子がライバル?いや・・・親子丼ぶりな内容かな?

面白そうだな・・・と思って読んでみたんですけど・・・

「枯れ専の攻めにおじさん受け」BLでした!!

わたくし・・・実は・・あまり「おじさん受け」には萌えない人なんですけど・・・

設定や話の流れがなかなかおもしろいと連載を追いかけてみることにしました

この記事にはネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

こちらの記事は配信されると最新話を追記していきます

「完璧なムスコ」第1話(ネタバレ有)

look!
完璧なムスコ 1

完璧なムスコ 1

「完璧なムスコ」第1話 

「親父と別れて欲しいんです、今すぐ」俺は今まで何人かのオッサンと付き合った事があるが、息子に乗り込まれたのは初めてだ…。【全36ページ】

Renta!

枯れ専の主人公!かなり年上の男性しか性欲対象にしかならない

主人公は自転車メール便の配達スタッフの23歳・市橋智

彼は、10歳のときに父親をなくしている

それがきっかけかどうかは不明だけど、成長した智は自分よりかなり年上の男性でないと性的コーフンを覚えない

けれど、自分よりかなり年上との男性との恋愛関係は・・・大方が不毛なものばかり・・・

そして、今、お付き合いしているのが老舗紳士服メーカーの社長・梶さん(50)

出会ったときに「妻と子供がいる」と告白されたけど、出会った瞬間に智の中ではゴーサイン状態で、ソッコー、めくりめく夜を過ごす仲となったのです

智と梶のエロは、プロ並みの性感マッサージレベルの丁寧さ!

受けの梶さんは、50歳・・・

すでに閨での激しい運動は体に負担がかかってくる年齢ゾーンです(下手したら、腹上死的な?)

だから、智は下半身中心のマッサージに1時間かける

そして、さらに、たっぷりローション前戯を30分

体の負担を考え体位は寝バックで!!

激情のまま揺さぶったりせず、ピストンはゆっくり・・・ゆっくり・・・

海ホタル
海ホタル
えっと・・・わたしには介護レベルのプロの性感マッサージにしか見えないんですけど・・・

攻めの智が、梶さんの反応を心底「かわいい」と思っているから、ここは受け入れるしかない!!

梶さんの息子登場で、まさかの息子とホテルにイン!

梶さんと智の体の相性はサイコーで、別れる気配などまったくないんだけど、ある日、梶さんの息子の恭介が智の会社にきます

そして「親父と別れて欲しい」というのです

息子としては・・・

親父にオトコがいることは昔からで、とっかえひっかえしてきたけど、今はたったひとりの愛人に夢中で、それが、自分より若い愛人に抱かれているのが問題なようなんですね

「みっともないと思いませんか?」という息子の言葉は、老け専の智の心もえぐります

しかし、梶さんのことを手放したくない智は、目の前にあったホテルを指差し「あんたが親父さんより俺のことを満足させてくれたら別れてやってもいいよ」とやけくそで言い放つのです

その勝負にのってきた梶さんの息子

しかし、枯れ専の智のブツは、ベッドの中でエレクトすることはないままで・・・

色気もないまま第一話は次回に続いています

何度も言いますが・・・わたくし、おじさん受けは、よほどのことがないと萌えませんので、梶さん(50)の色気ある表情を見ても、まったくコーフンしませんでした(「おじさん受け」が好きな方にはほんとう申し訳ない・・・)

じゃ、なにが面白かったかというと・・・

枯れ専である智自身も、自分の性癖に疑問を感じているという部分

そして、梶さんの息子である恭介も、自分の父親に何かしらのコンプレックスを抱えているという描写が「あるあるじゃない展開」を予想させるんですね

設定そのものは、どう考えても「不毛」・・・

その「不毛」さを、今後、どう「ハッピーエンド」に繋げていくのかがかなり気になります

「完璧なムスコ」第2話(ネタバレ有)

look!
完璧なムスコ 2

完璧なムスコ 2

「完璧なムスコ」第2話 

母が事故にあったのにすぐに駆けつけなかった俺は、菜々からすっかり嫌われてしまった。こんな時、梶さんが側に居てくれたら…。【全36ページ】

Renta!

妹にも死んだ父親にも顔向けができない主人公

いつも飲むバーで落ち込む智

バーのスタッフに「あの子、老け専だから、年中修羅場よ」と言われているのが耳に入り、サクッと傷ついています

梶さん息子との一夜は結局、エレクトしないまま終了したのですが、息子は諦めが悪く「次はいつにする?」と、また連絡すると言い残し帰っていったのです

息子のひつこさに悩む智

そして、過去の自分の男性遍歴を思い出し、どの恋愛も「不毛」だったことを思い出します

「間違っているのはいつも俺の方なのか?」と思うのですが・・・

ふと気づくと、スマホに何件もの連絡が入っていることに気づく

連絡相手は妹の“菜々”

電話をかけると、妹が「おかあさんがしんじゃう!」と号泣している

あわてて病院へとかけつける智

しかし、母親は、元気で、ただの骨折だと笑っている

そして、家に“菜々”ひとりだから、しばらく実家に帰って欲しい。とお願いするのです

すでに独り立ちしている智は、久しぶりに実家へと帰ります

兄の姿をみた妹は、肝心なときになにをしていたのか?と智を責めます

なにも返事ができない智

妹は、「大嫌い」という言葉を残し部屋へと籠もってしまいます

自分がしている不毛な恋愛に、妹にも死んだ父親にも顔を向けることができない智

どっと凹んだ智を元気づけてくれたのは梶さん

梶さんと智は、たまたま街なかで会います

これから「神戸」へ出張にいくという梶について、そのまま神戸へと行く智

そして、自分の中にある不安を消し去りたいように梶を激しく抱くのです

いつもと違う智に「なにかあったのか気になるよ」とやさしい手を差し伸べる梶

途中、梶と息子の会話が入りますが、この親子・・・会話が噛み合っていません

のんびりおおらかな梶と、真面目な息子

会話の噛み合わないおっとりした父親にイライラマックスの息子の怒鳴り声が響いています

うーん・・・この息子さんは、父親に認められたいのかな?

まさか・・・この息子まで、父親のことを性的対象で見ているとか!!ドキドキ・・・

ふふ・・・まさかそこまでの修羅場展開はないか・・・(あったら「面白いな・・・」と思う)

とにかく、梶の息子が父親に対して、いろいろ複雑な気持ちを抱えているのは確かなようです

そして!智!!

梶のことを激しく抱いた後に、梶にやさしく手を差し伸べられています

最後のページは、梶・息子と智の対比が面白いなって思いました

次回はどういう展開をするのか楽しみです

「完璧なムスコ」第3話

第3話の配信は未定です

配信され次第こちらに追記させていただきます