三並

「ダブルステップファザー」第1話 ネタバレ感想

IMG

三並先生がフィカスさんで連載している「ダブルステップファザー」

亡くなった姉の子供を連れて、幼馴染の家に押しかけてくる男が登場です

高校時代の恋を大人になって叶えることができるのか?

かわいい子供の姿にも癒される子連れBLコミックです!

この記事にはネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

「ダブルステップファザー」はシーモア読み放題対象作品です

「ダブルステップファザー」第1話(ネタバレ有)

look!
「ダブルステップファザー」第1話

「俺たちに子供ができたぞ。一緒に子育てしようぜ」料理上手で子供好き。結婚願望もあるのに【とある理由】で、いまだ独身な三十路の建築士・宮野凌(みやの りょう)。ある日、火事で自宅マンションが水浸しになってしまった親友・大我(たいが)の頼みで、大我が引き取った甥・律(りつ)と3人で同居生活することに。かわいい律の世話を焼くのは楽しいけど――学生時代から凌を想い続ける大我の過剰なスキンシップに振り回される毎日で!?!?

シーモア

Renta!

昔、告白してきた男が子連れでやってきた

宮野凌 36歳(表紙左)

有名なイケメン建築士

そして、独身・・・

つい最近振られたばかり

周囲からの「結婚しないの?」という言葉にイライラしながら、心の中で、このままパートナーにも子供に恵まれず一生を終えるのかも・・・と思い始めている

そんな中、やってきたのが幼馴染の加勢大我

大我は、幼稚園からの腐れ縁の幼馴染で弁護士

姉が亡くなって、その子供である律(5歳)を引き取ることになったが、自宅マンションでボヤ騒ぎがあって、リフォームが済むまでここで暮らしたいと言う

へらへらしたお調子者の大我の態度に、イラっとする凌だが、大我が本当に困っているという顔をされると、つい、同居を許してしまう

喜んで抱き着いてくる大我

実は、高校生のころ、凌は大我に告白されたことがある

その時、大我が「返事はいらない」と言ったため、その告白は宙に浮いたまま、その後も20年間、友人関係を続けているふたり

くっついてくる大我を見て、凌は、きちんと答えを出すべきだったのでは・・・と思っている

お母さんが恋しい律

凌の作ったオムライスを食べた律は「お母さんの味だ!」と驚く

大我の姉は、子供のころ、凌の母親に料理を習っていた

だから同じ味になったんだろう。と話す凌

亡くなった母親がこの家にいたことがあると聞いた律は泣きそうな顔になるが、泣くまいと歯を食いしばる

凌は律の頭をやさしくなでて「我慢しなくていい」という

律は、「ママに会いたい」と言って大泣きする!

泣く律を見て「やっぱり子供はかわいいな」と思う凌

凌の驚きの秘密

泣きつかれて眠った律をベッドに寝かす凌

自分たちはどこで寝よう?と、シャワーを浴びる大我に声をかける

大我は、律のさびしさに気づけなかった自分はダメな叔父さんだな・・・と凹んでて・・・

大我だって姉を亡くして大変だったんだから仕方ないだろ。と言う凌

シャワーを浴びてる大我は凌の手をつかみ浴室へ引きずり込む

凌をだきしめる大我

文句を言う凌だが、大我の辛そうな顔を見て「我慢しなくてもいい」と声をかける

「俺しかいないんだから好きなだけ泣いとけ」という凌のやさしさに、大我の顔が一層ゆがむ

その時、凌の体に大我の固いものが当たって・・・

大人の慰め合いって体をつなげることが定番だろ・・・という大我

「おまえのセフレと一緒にするんじゃねえ」という凌

でも、大我は引かない

大我が本気だと思った凌は、自分はEDだと告げる

驚く大我

気は強いのに、機嫌の悪い顔をしながらも面倒見がいい凌

おちゃらけているように見えて、実は繊細な大我

ふたりとも立派な仕事をしている社会人

そんなふたりが高校時代から有耶無耶にしてきた関係を進展させていくって展開のようです

間にはちびっこの律もいて!

ふたりの関係性がどう変化していくのか?

楽しみです