GO毛力

GO毛力「運命すぎてつがえません」ネタバレ感想

IMG

NEW第5話を追記・更新しました(9/21)

こんにちは!海ホタルです

こちらの記事ではGO毛力先生の「運命すぎてつがえません」の連載を追いかけています

こちらの記事は配信されると最新話を追記していきます

この記事にはネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

「運命すぎてつがえません」第1話(ネタバレ有)

「b-boyオメガバース 2019年12月号」にて掲載。
b−boyオメガバース 2019年12月号

b−boyオメガバース 2019年12月号

まさかの元カレと再会?

引っ越し中で荷物を運ぶ凪夏(なぎな)

お友達のやっちゃんが手伝いに来てくれている

どうも、お隣も引っ越し中みたいで、ドタバタする音がして

それに気づいたやっちゃんが「もしかして宙(そら)くんだったりして~」と凪夏にいう

凪夏は「まっさかー!」ってへらへらって感じ!!

宙は凪夏の元カレ

中学の頃つきあっていた凪夏の「運命の番」のアルファの年下の男の子

凪夏は宙とつきあっていてすっごく幸せだったみたい・・・

でも、結局“つがい”になれないまま2年前に別れたそうで・・・

凪夏の引っ越しの荷物の中には、「宙との思い出の品だけ集めた」段ボールがあるくらいなんだけど

凪夏は「もうヨリを戻すことはないだろうな・・・」って思っている

なーのーにーーーーーー

隣に引っ越してきたのは本当に宙だった!!!

廊下で引っ越し屋さんと喋る宙に気づいた凪夏は

真っ青になって自分の家へと入る

そして、やっちゃんに「宙が俺を殺しに引っ越してきた!!」と半泣き状態で真っ青になって訴える

やっちゃんは「なんで?偶然じゃない?」って顔

しかし、凪夏的には、宙に復讐される覚えがあって!!

そんな凪夏を見て「巻き込まれたくない」とおびえる凪夏を一人置いてさっさと帰っちゃうやっちゃん

でも、玄関ドアが閉まった先から、ピンポーンとインターホンが鳴り

凪夏は、やっちゃんが戻ってきてくれた!と確認もせずに玄関ドアを開ける!

すると、そこには宙の姿があって

凪夏は、おびえた目をして、ギ・・・ギ・・・・ギ・・・と玄関ドアを閉めるんだけど

宙は「お隣同士なんて運命ですね」と凪夏の家へと入ってきて・・・

復習したいほど凪夏のことが好き!

そして・・・

宙は凪夏と正座で対面しながらふたりの過去を振り返る

海ホタル
海ホタル
どうも、このふたりは、別れても、なぜか再会し、つきあい。別れるっていうのを繰り返しているみたいで・・・

別れてもなぜか再会するっていうのは・・・やっぱり「運命の番」だから?

2年前、別れを切り出された宙がぐすぐす泣きながら凪夏に

「別れたくない・・・いつか番になりたいと思っている・・・」と電話をしたとき

「俺たちこれだけ付き合っていてエッチしたことないから番になれるわけなくない?」ガチャッ!!と電話を切られ振られたそうで・・・

宙はその時のことを顔に怒りマークを浮かべながら話だし

「どうしても訂正しておきたいことがあるんですが

あんたがずっとエッチを拒否ってきたせいで俺たちできなかったんですよね?」と怒っている

凪夏は「諸々をふくめて悪かったと思ってる」とおびえながら謝る

宙は「俺、決めていたんです・・・次に再会したら、あんたが俺に抱いてくれって懇願するまでじっくりいたぶって復讐してやろうって!」と言う

そして凪夏の敏感な場所をいじりだす

凪夏の記憶では・・・宙は、付き合っている時、ずっとやさしかった

凪夏が嫌がることは絶対にしなかった・・・

なのに・・・

凪夏が「やだ」と言っても、宙はぐいぐい責めてきて!!

宙に指で敏感な場所を責められてあっという間にイっちゃう凪夏

「凪夏さんは無理やり迫られる方がいいんすか?」といじわるなことをいう宙

そして、「泣いて抱いてくださいって懇願するまで許さない」「一生恨んでやる」と、凪夏にすがって泣きだしちゃう

宙に抱きしめられた凪夏は

心では「ごめんな・・・」って思っているのに

あれ?目がハート状態!できゅーーーーんってうれしそう!!!

「俺・・・お前のことが好きすぎてつがえないんだ!」とフーフー興奮してる!?

「なんで?わかれちゃったの?」って不思議に思いながら読んでいたら・・・

最後の最後でメンヘラ投下???

好きすぎて別れちゃった!って!!!

それは・・・こんなに凪夏のことが好きな宙がかわいそうな気が・・・

ちなみに、エロターンはありますが

挿入までしていません

実は、宙くんはいまだ童貞のようで・・・

凪夏が、宙が童貞なことを呆れちゃうところとかある!!

え?きみがさせなかったからだよね?!

凪夏・・・ほんと、ひどいやつだな(笑)

面白くなりそうな予感がします!

今後の展開に期待です

「運命すぎてつがえません」第2話(ネタバレ有)

「b-boyオメガバース 2020年2月号」にて掲載。
b−boyオメガバース 2020年2月号

b−boyオメガバース 2020年2月号

運命の番が目の前にいるだけで・・・コーフン!?

凪夏が、「運命に番」である宙と付き合い始めて気づいたのは

宙が近くにいるだけでドキドキが止まらなくて

手を繋いだだけでイっちゃうほどコーフンする自分の異常さ

それからは宙の持ち物を収集するようになり

家に帰っては、それをおかずにソロプレイをしまくる日々に!

初めて宙とキスをした時なんて、毎晩朝方まで抜きまくったせいで命に関わるレベルの風邪を引き入院した

もはや・・・動物レベルの性欲・・・

もし、本物の宙に挿入されちゃったら俺どうなっちゃうの!?

こうして怖くなった凪夏は宙と別れることに・・・

なのに、その宙が隣に越してきて、「泣いて抱いてくださいって懇願するまで許さない」「一生恨んでやる」なんて言い出した

朝・・・出かけ際に隣に住む宙とばったり会う凪夏

宙は、怒り顔で凪夏の名前を書いた藁人形を壁にたたきつける

宙の恐ろしい顔に「そのうち呪い殺される!」と背筋が冷たくなる凪夏

だけど・・

宙が置いていった藁人形の匂いをクンクン

「宙の匂いがする」とちゃっかり収拾しちゃう

やっちゃんに相談するが・・・

お友達のやっちゃんと飲みに行き、宙とのいきさつをすべて話し、どうすればいいか?相談する凪夏

やっちゃんは、むちゃくちゃ呆れている

そして「今からでも素直に理由を言ってみれば?」という

すでに病気レベルだから、素直に話したら許してくれるだろ・・・というやっちゃん

だけど、凪夏は「好きすぎて、エッチを断り続けて、散々、振り回したあげく、ひどい振り方しましたなんて言われたら、殺したくならない?」という

やっちゃんは「もう殺されとけ」と冷たい

エロターンは・・・こういう感じ!

家に帰る凪夏

昨日、宙から「本能だけで惹かれたわけじゃない・・・凪夏だから好きだった」と告白されたことを思い出す

自分の「好き」は、本能からくるもので、宙とは違う・・・

最初から宙の番になる資格なんてなかったんだ・・・と思うのです

そして「今度こそ、俺のことを忘れられるようにしてあげなくちゃ!」と決意する

しかし・・・

家に帰った凪夏を待っていたのは宙

帰りの遅い凪夏を待ち伏せしていたみたい・・・

「どうせ、谷田さん(やっちゃん)と会っていたんでしょ」とイライラしてる

「あの人には、昔からいつもべったりで・・・」と部屋の中で宙に追い詰められる凪夏

そして、凪夏の背中に箱が当たり、それが床に落ちる

その箱の中には、大人のためのおもちゃがたくさん入ってて~

床に散らばるおもちゃたち

その中のひとつを取って「けっこう、えぐいの使ってるんですね」と凪夏の口につっこむ宙

同時に、凪夏のブツをしごきだす

すでに準備万端状態の凪夏の秘部におもちゃを挿入する宙

宙の匂いに包まれて、敏感な場所を刺激され気持ちよくなっちゃう凪夏

宙は、凪夏が感じている姿に「おれとはしなかったのに・・・別れてからしまくってたんでしょ」と凪夏を責める

凪夏は、誰ともしたことがない

だから「宙だけだよ」というけど

もちろん宙は信じない

凪夏は、宙以外の誰ともつきあっていないいと信じてほしい・・・と思って

宙の昂ぶるブツを口で慰め出す

はじめて口にする宙のブツにコーフンする凪夏

宙は凪夏の口の中で果てる

そして、宙の目に飛び込んできたのは

凪夏が、今まで集めた宙のものを集めた箱

箱には「そらからもらったもの」という文字があって

「これ・・・」と驚いた顔をする宙

けれど・・・

そこで凪夏が「宙の気がすむまで、おれ、償うよ・・・・挿入は無理だけど」と言って!

宙は、その言葉に、再びイラッ~・・・

「丑の刻参りの予定があるので・・・」と出て行ってしまう

アホです!笑

確かに、「運命の番」相手には、理性のない本能優先の動物みたいなコーフンが・・・ってよく聞きますが

ここまでコーフンしちゃうのは、もはや病気レベル!笑!

怖くなって凪夏が別れを決意するのは仕方ない!?

でも・・・宙に正直に言ったら言ったで

それはそれで大変なことになるかも・・・

ふたりして廃人生活?

「人間やめますか?」って展開でケモノエチ???

あれ?それはそれで楽しいかも~?!(笑)

「運命すぎてつがえません」第3話(ネタバレ有)

「b-boyオメガバース 2020年5月号」にて掲載。

宙と買い物に行くことになった凪夏

宙から、買い物に付き合うように命令される凪夏

凪夏は「え?」ってとまどうけど

「エッチ以外で償ってくれるんでしょ・・・一日、覚悟しておいてください」と怖い空気を出す宙

凪夏は、どんな重いものを荷物持ちさせられるんだ!と真っ青になる

けれど、買い物当日、意外に普通の買い物をしていく宙

安心する凪夏

そして、凪夏が、買い物の途中でくしゃみをする

薬は飲んでるから大丈夫!という凪夏に、「凪夏さんってそういうところ、ちゃんとしていますよね・・・・ヒート抑制剤も徹底して飲んでいましたし・・・」という

凪夏は「うっかりがあったら終わりだから・・・」と答える

宙は、「俺とは絶対に番になりたくないって思えて、むかついたんですよね」と怖い顔になる

凪夏は、宙の怒りにシュンとなって・・・「宙の傍でヒートなんてきたら、全身性器になるわ・・・」と思ってる

そして、本当にそんなことになったら、後悔するのは宙の方だろう・・・と思ってる凪夏

買い物の途中で、宙の会社の同僚の女の子が声をかけてくる

宙に向かってハートを飛ばしながらおしゃべりする女子

凪夏は、女子の態度が気になって仕方ない

そして、女の子が会話の中で「大きな案件を任されて大変ですよね」という言葉が気になる

女の子と別れた後に、凪夏は、ちょっと休憩しよう!と宙をたい焼きの屋台まで連れて行って、でたい焼きを座って食べはじめる

たい焼きをたべる宙に、凪夏は、にこにこしながら、「仕事のことで悩んでいるなら、きっと宙なら大丈夫!」と声をかける

ニコニコ笑う凪夏を見て、頬を染める宙

そして「昔はあんたのそういうところが好きだったんです・・・」という

いっそ本当のことを言ってみようか・・・と思う凪夏

宙は、凪夏をホテルに連れていく

凪夏は、「挿入は妥協してくれるって言ったよね!」と焦る

宙は「拒むのなら勝手にどうぞ」と怒り顔!

凪夏と付き合っている頃から、拒まれ続けた宙

優しくしてもダメ!強引でもダメ!結局、凪夏自身が俺のことを好きじゃなかったんですよね・・・

凪夏さんが好きなのは、谷田さん(←やっちゃん)だったんですよね・・・と言われた凪夏

やっちゃんの名前が出てくるとは思っていなかった凪夏は、ぽかんとした間抜け顔になる

凪夏は、やっちゃんは本当に友達だよ!それに、俺は、好きでもない奴と何年も一緒にいられるほど無欲じゃないと言う

自分とした恋愛が、こんなに宙を苦しめているのなら、いっそ、本当のことをすべて話した方が宙が楽になるんじゃないかと思い出す凪夏

凪夏は「俺は、ずっと宙のことしか見えてない」という

真っ赤になる宙

けれど「じゃあ、どうして、俺は振られ続けるんですか?」と聞く

返事に困る凪夏

宙は「いつか絶対、俺に抱かれたいって言わせます」と凪夏を脱がし始める

宙に後穴を刺激され、気持ちよくなっていく凪夏

もしかして、宙は、今でも俺のこと好きでいてくれるのかも・・・と期待してしまう

凪夏は、固くなってる宙のブツと自分のブツを一緒にこすり合わせる

一緒にフィニッシュするふたり

コーフンした宙は、思わず凪夏にキスをする

キスをした後に、ハッとして、真っ赤になって「ごめんなさい」と顔をそむける宙

キスをされた凪夏の目はハートマークになって!

もっと宙に触ってほしい!とムラムラしだす

けれど!

コーフンがピークになり、気絶!!!!

気絶した凪夏を見た宙は、凪夏が寝たと思う

ため息をついて「本当にしょうがない人だ」と言う宙

凪夏の「全身性器」の一言に笑いました!

もう!大変です!

けれど、コーフンしすぎて気絶って!

これ、本番できないじゃないですか?!

こんな凪夏に振り回され続ける宙は、かわいそうを通り過ぎて不憫!

ちょっとづつ、すれ違っているんだけどね・・・

そのちょっとが重なって大変なことになってるって感じです!

このふたりに本番をする日が無事訪れるのか!

それが不安!

「運命すぎてつがえません」第4話(ネタバレ有)

「b-boyオメガバース 2020年7月号」にて掲載。
b−boyオメガバース 2020年7月号

b−boyオメガバース 2020年7月号

新しい恋を見つけようとマッチングアプリをする凪夏

朝起きて隣で寝ている宙にキスをしようと顔を近づけただけでイッてしまう凪夏

あわてて逃げるように帰る

自分を制御できなくなる前に宙を諦めなきゃ!と思った凪夏はマッチングアプリで相手を探しはじめる

でも、どれも同じ顔にしか見えなくて!

実際に会って喋ったらいいのかも!と適当に相手をクリック

そして、ベランダに出ると隣に住む宙がベランダに出てて・・・

今から来ませんか?と誘われる

もしかしてヨリを戻そうってお誘い?キュンってする凪夏

しかし宙は「昨日、寝落ちされた腹いせ」と言って

「そんなにつまらなかったですか!」と怒っている

海ホタル
海ホタル
宙は、凪夏がコーフンしすぎて気絶したとわかっていない!

お互い別の相手を見つけよう

怒っている宙にビビり、宙の家へ行く凪夏

すると、凪夏が「激マズ栄養ドリンク10本」を凪夏の前に並べて!

「今日は苦しむ凪夏さんの顔を見たい」とにっこり笑う

やっぱり宙に恨まれてる~・・・ヨリを戻そうって言われるかもなんて自惚れもいいところだ~って思う凪夏

でも、宙は、美味しい栄養健康ゼリーも用意してくれていて!

それを見ると、あれ?俺の体調を心配してくれているのかな・・・と思う凪夏

そして、激マズ栄養ドリンクを飲んで「ありがとう」というのです

ニコニコする凪夏を見た宙は「キスをしたくなった」と言い出す

ドキッとする凪夏だけど、そこに、さっきの出会い系アプリの相手から返信がきて!

それに気づいた宙は怖い顔になる

凪夏は、「いい加減、お互い他の相手を見つけよう!」というのですが・・・

ようやく凪夏の持つ事情を知った宙だが・・・

そこで、突然、凪夏のヒートがはじまって!

凪夏のヒートに宙は煽られて、そのまま凪夏にキスをし、凪夏の後ろに指を挿れる

宙に気持ちいいところを触られて、凪夏の心は、「宙が好き」って叫んでいる

けれど、けっして口には出さない

宙は、こんなに発情しているのに、「抱いて」と言ってくれない凪夏の頑なさに心がつらそう

そんな宙を見て、「こんなにつらそうなのに、がまんしてくれている」と胸がキュッとなる凪夏

そして、ついに、「おれ、本当は、宙のことがだいすきなんだ」という

でも、好きすぎて、自分をコントロールできなくて・・・宙に迷惑をかけちゃうという凪夏

そのまま気絶します

宙は、倒れた凪夏のために医者を呼ぶ

医者は、凪夏の場合、性欲が許容値を超えて発作が出ることを告げる

宙は、凪夏が自分を振った理由をようやく知ることができた

凪夏に笑って「俺たちの運命ってクソですね・・・でも、これでようやく気持ちの整理がつきました」というのです

宙は、凪夏に「復讐はやめます」と言って・・・

「運命すぎてつがえません」第5話(ネタバレ有)

「b-boyオメガバース 2020年9月号」にて掲載。
b−boyオメガバース 2020年9月号

b−boyオメガバース 2020年9月号

改めてちゃんと謝ろうと思った凪夏

宙は海外出張へと行ってしまった

やっちゃんに「そりゃ、完全に愛想をつかされたな」と言われる凪夏

凪夏は、宙の服を握りしめてグズグズ泣いてる

「俺は宙に嫌われたくなくて自分を守っていただけ・・・俺の本心は、宙と一緒にいたかっただけなんだ・・・」

それに今頃気づいた自分は、愛想をつかされて当然だよ~!と泣く宙

やっちゃんは、「もう一回、ちゃんと謝ってみれば?」という

もしかして、お前が考えていることと宙が考えていることは違うかもしれないよ・・・というのです

凪夏は、宙が怒った理由を聞きに行こう!と海外出張中の宙を追いかける

ようやく結ばれたふたり

海外出張中の宙

道を歩いていると、突然、泣きながら情けない顔で凪夏がかけよっきて!

宙は驚くけど、凪夏は、そんな宙の前でいきなり土下座をし

「お前に抱かれて動物園行きになるのが怖くてエッチを拒んでごめんなさい!」と謝るのです

宙は、どういうこと?とドン引き!

凪夏は、宙が傍にいるだけで、パンツびしょぬれだし、体調壊すまでひとりでしちゃうし、宙が別の人と喋っているだけで嫉妬して壊れるし・・・と話し出す

こんなに重いのに、エッチなんかしたら、正気を失っちゃうんじゃないかった怖かったんだ・・・と話す凪夏

自分の本能が怖い・・・と言いながら、「もう、宙のことしか考えられない猿になってもいい!」と泣くのです

宙は、前回、凪夏に「好き」って言われて、気持ちが満たされたから「復讐はやめます」と言ったんです。と答えて

でも、そんな理由で、今まで童貞だったと思うとムカつくから復讐を続行します!と笑う!

宙に「償ってくれるんですよね」と言われうれしそうな顔で「うん」と答える凪夏

 

そして!

ベッドの上にいるふたり

凪夏はもじもじしながら「本気で猿になっても大丈夫?」と確認してる

宙は、凪夏に「好きな人相手なら、みんな、そうなっちゃうんじゃないですか?」と言って!

「こじらせきった童貞を舐めないでください」とついに凪夏に挿入~!

ついに結ばれるのです

長かった~!

ここまで、すごく長かった気がします!

触られただけでイッちゃうから、結合なんて無理なんじゃない?って思っていましたが!

無事!結合しています

ふたりとも幸せそう~

焦らされた分!よかったね!って喜びも大きい!

次回は、発情期エチらしいです

期待大で待ちたいと思います

「運命すぎてつがえません」第6話(ネタバレ有)

読みましたら追記予定です

「GO毛力」おすすめコミック!