倉橋トモ

倉橋トモ「明けても暮れても」ネタバレ感想

IMG

こんにちは!海ホタルです

倉橋トモ先生の「いつか恋になるまで」の続編がスタートしました

時系列は「いつか恋になるまで」と「家族になろうよ」の間です

「いつか恋になるまで」が高校生篇

「明けても暮れても」」が大学生編

「家族になろうよ」が社会人篇って感じしょうか?

では!連載を追いかけたいと思います

「明けても暮れても」第一話 (ネタバレ有)

look!
明けても暮れても ―続 いつか恋になるまで―(1)

“幼なじみ間の触り合いっこ”から始まり、今では恋人になった千秋と和馬。上京後も互いの家に入り浸ってしまう2人は、理性を止めるものがない環境で、ついついタガを外してしまい…!?

Renta!

春!それぞれ、一人暮らしがスタート!

千秋の引っ越しを手伝ってる和馬

和馬はすでに一人暮らしをスタートさせてる

どうも、この春、高校を卒業したふたりは、親にカミングアウトし

千秋母から、つきあいを認める代わりに「ちゃんと自立すること」を条件に出されたようで

そこで、それぞれが一人暮らしをすることになったみたい

けど!

千秋は和馬とべったり一緒にいたくてたまらない

和馬が千秋の部屋に入りびたりたくなるように、千秋がほしかった筋トレグッズを買い、歯ブラシも部屋着も完備状態!

しかも!

それだけでなく!

外に出れば、近くに和馬好みのラーメン屋さんまであるという!

にこにこしながら「内見のとき、見つけて、和馬が絶対好きだと思ったんだよね~」という千秋

和馬は、すべてお見通しされてる感に照れる

ラーメン屋さんからの帰り道、手をつなぎ歩くふたり

そして、帰ってから、新しい部屋で初めてのエロをする

和馬は、静かすぎる部屋でするのに緊張して集中できないけど

千秋は躊躇なく、ガバっと和馬の足を開脚し、和馬の秘部が丸見え状態に!

海ホタル
海ホタル
初めての時はあんなに初々しかったのに!
この大胆さ!ドキドキ・・・

実家でするとき、いつも声を抑えていた和馬に「声を抑えるの禁止」という千秋

ラブラブエッチをし、翌朝、先に目を覚ました和馬

となりにはスヤスヤ眠る千秋の顔があって、しあわせを噛みしめるのです

新しい生活を始めるワクワク感があります

さらに、好きな人がいるという幸せ!

一緒には暮らせないけど、今は、この距離を楽しもうって感じがすごく明るい!

どんな展開をしていくのが今後が楽しみです

「明けても暮れても」第2話 (ネタバレ有)

読みましたらこちらに追記予定です

和馬と千秋のマンガを楽しみたい方はこちらから!