黒山メッキ

黒山メッキ「おにあいのふたり」読み切り52Pが面白かった!

IMG
おにあいのふたり

おにあいのふたり

表紙で気になり読んだ黒山メッキ先生の「おにあいのふたり」52Pの読み切りが 面白かったです

初めて聞く名前の先生で 読んでから 他にどんな作品を描いているのかと検索したら 本日「おにあいのふたり」の髪書籍が発売されていました!笑!!

紙書籍コミックは短編集のようですねー

せっかく読んだので 「おにあいのふたり」52Pの読み切りの紹介をしたいと思います

rentaさんでなら48H1チケで読めます!!

ではいってみましょー

「おにあいのふたり」読み切り52P

ジャンルは病み系BLのふりをしてそうじゃないBL!!(←なんじゃそりゃ!笑!)

だから 最後は ある意味お似合いのふたりがくっついたって感じでハピエン!となっている

病んでるのか?それともなにかしらのオチがくるのか?って部分をハラハラ楽しむタイプのBLです

ひきこもりのネクラくんが出会い系に挑戦したら イケメンが来た!

ゲイということで高校時代にいじめに合い それ以降引きこもりをしている元木くんが 「友達募集」という書き込みで出会い系に挑戦します

連絡をくれた静賀という男性と出会うことになる元木くん

「ネクラなゲイを狙ったシリアルキラーでいきなり刺されたりして殺されるんじゃないか?」とブルブル震える姿がなんか笑えます

そして 現実に現れた静賀さんは 見た目もイケメンでとってもやさしいサラリーマンで!!

ビクビクしながら 静賀さんと一線を超えることとなり おつきあいまでできることとなるんですが 今度は 静賀さんが自分と会っていない間なにをしているんだろう・・・と不安になり彼を束縛するようになってしまうのです

彼氏を束縛する自分自身に嫌気がさすのですが静賀さんは 明るく そんな元木くんを受け入れてくれるんです

でもね・・・

静賀さんのその許容ぶりがこれまたコワイんですよ

元木くんが静賀さんのスケジュール帳を見ていたら スケジュールごと渡しちゃうんですよー

元木くんも その静賀さんの許容ぶりがおかしいと気づいている

けど ひとりの時間に戻るのは怖くて おかしいと思いながらも静賀さんの手を離すことができないんです

徐々に明かされている静賀さんの正体

彼の部屋に行き 彼のプライベートルームを見て その異様さに静賀さんが「ネクラを狙ったシリアルキラー」だと思う元木くん

自分以外に本命がいるんだと静賀に別れを言い渡すのですが・・・

 

海ホタルのまとめ

このあと オチがちゃんとあるんですよー!

結局の所 このふたり 需要と供給がピッタリ重なったふたりだったというオチなんですが・・・

読んでいて いつオチがくるんだろう?とドキドキできたのが面白かったです

ひとつ残念なのは 静賀さんのプライベートルームのトーンが濃くて・・・

何があるのかはっきりわからないってところかな?

何本もの針を刺している薔薇くらいしかわからなかった・・・

元木くんの反応から「シリアルキラー」を連想させる部屋だったんだなーって受け止めましたが・・・

絵もお上手だし 元木くんのビジュアルはネクラ受けが好きなわたしとしてはドンピシャ!って感じでした

ちょっとコミックの方にも興味が沸いてきました

本日 黒山メッキ先生のコミックが2冊同時発売だったようです。

「上手の猫は線の上」の方は 本日から電子で読めるようですが rentaさんのクチコミを見たら「うーん・・・」って感じですねー・・・迷うなー・・・

 

「echoz 2017年10月号」からも読める

おにあいのふたり

おにあいのふたり

「おにあいのふたり」52P読み切りも48H1チケなんですけど 「おにあいのふたり」が掲載されていた「echoz2017年10月号」も48H1チケなんですよ!

こちらのほうがページ数が多いので 同じ1チケならこちらのほうがオトクかもしれません

echoz 2017年10月号

echoz 2017年10月号