イクヤス

「もみチュパ雄っぱぶタイム2巻」山下✕島田編 イクヤス【感想ネタバレ】

IMG

追記 第10話を追記しました(10/16)

「もみチュパ雄っぱぶ♂タイム」の第7話から、山下✕島田編がスタートしました!

山下✕島田ファン歓喜ですね!!

この記事にはネタバレが含まれます。閲覧の際にはご注意ください

「もみチュパ雄っぱぶタイム」第7話(ネタバレ有)

look!
もみチュパ雄っぱぶ♂タイム(7) ヤマの匂いに興奮しちゃう!

ドSな山下は親友の島田と紆余曲折を経て同棲することに。蜜月を迎えると思いきや、島田がニートは嫌だと雄っぱぶを続け…!?【全37ページ】

Renta!

山下視点で進む第7話

山下が島田のことをどう思っているか?がじっくり描かれています

大学時代に島田と出会った山下

なんでも器用にこなせ とりわけ人の考えていることを察する能力が長けていた山下は大学生時代から、交友関係が広く、対人関係で困ったことは一度もなかった

島田のことも、最初は、今まで自分の周りにいなかったタイプとして「面白いな」っ興味本位であれやこれやと世話を焼いていた

そのうち、島田が「イエスマン」である片鱗を見せてくる

島田の家庭環境が、島田をイエスマンに育ててしまったのだ山下なりに分析

しかし、そのうち、山下にだけ「ノー」というようになってきて、山下は、島田の中で自分は“特別”な存在になれたのだと思い、自分も島田のことを、“特別”として扱うようになる

だから、島田に雄ッパブで抜きっこしたときも、「男同士よくあることだよね」くらいにしか思っていなかった

けれど、数日後、島田が他の客を接客しているのを見て、初めて、心にどす黒い感情が湧き出すのである

山下にとって、風俗は、3大欲求を満たす場でしかなく、ホテルや飲食業と同等なものだと思っていたのだが、島田が自分以外の相手に感じさせられている姿に、自分が真剣な恋をしたことがなかったことに気づく

いろいろあって、つきあうことになれたふたり(「もみチュパ雄っぱぶ♂タイム」1-3話)

しかし、つきあってからも、島田は、「雄っぱぶ」をやめない

次の仕事が決まるまでだし、キャストではなくボーイとして働くからと、山下の了解を得る

島田は、相変わらず山下のことが大好きで、山下の匂いの原因がなにか一生懸命探している

山下が身につける匂いの元となるものを集めてブレンドしたりしていて・・・

そんな、島田を見ていると、山下は島田がかわいくて仕方ない

島田を、雄っぱぶに紹介する前に、この気持ちに気づけばよかったと反省する山下

そして、数日後、大学時代のの友人との飲み会に行く山下と島田

すると、友人代表みたいな人が怖い顔して待っていて「おい!!山下!!友達を風俗に紹介するなんて 脳みそ腐ってんのか?」と怒り出しちゃって・・・

そこで、続くとなっています

山下はバカだなって思いながら読んだ第1話~第3話・・・

ここにきて、ようやく山下本人が自分の考えの浅さに気づいて、正直「ざまーみろ」という気持ちになりました!笑!!

島田の友好関係狭めるほど、島田にべったりだったのに、なんで、風俗なんかに紹介しちゃったんでしょうねー

エチシーン有りです。かなり濃厚です。

DTの島田にゴムの装着方法を教えちゃんですけど、それだけで感じちゃう島田が拝めます

「もみチュパ雄っぱぶタイム」第8話(ネタバレ有)

look!
もみチュパ雄っぱぶ♂タイム(8) 初めてのすっごいケ・イ・ケ・ン

大学の同窓会で雄っぱぶ勤務を詰られた島田。山下に不安がらないようにと励まされ、ラブなホテルに連れて行かれて…!?【全34ページ】

Renta!

山下のことをかばう島田。さらに愛を深めるふたり

大学時代の友人で集まって飲みにいったら、いきなり、エイデンと呼ばれる男の子が、山下のことを責めだした

「友達を風俗に紹介するなんてサイテーだ!」

エイデンは率直にモノをいうタイプの男の子みたいで、内向的な島田は正直苦手意識を持っている

けど、自分のせいで山下が責められていると思った島田は、エイデンに、「風俗は“低俗”ってところは訂正してほしい」と話す

一言に「風俗」といっても、様々な事情を持って働いている人が多く、中には夢や希望を持って働いている人もいて、店長も、そういうキャストを応援してくれる人柄であると語りだす

エイデンは、島田の言葉に素直に反省する

家に帰ってから、島田が自分をかばってくれたことにお礼を言う山下

山下は「シマ好きだよ。ずっと一緒にいようね」と手を握りいいますが島田の反応はいまひとつ

顔も険しくなってくる

その島田の反応がさっぱりわからない山下が、ゆっくり島田の気持ちを聞くと・・・

島田としては、山下のいう「ずっと一緒」という言葉の重み以上に、ずっと重い気持ちで「ずっと一緒にいたい」と思っていて

その気持を「重くてごめん」と謝るのです

山下は、「俺も学生時代からずっとシマと一緒にいたいなって思っていたよ」と声をかけるのです

これからはふたりでずっといろんなことを経験しようね。と約束を交わします

ラブラブなふたりに近寄る不穏な影

島田がお店で働いていると、お店でも人気キャストのダイチくんが近寄ってくる

そして、島田は山下とつきあっているのか確認するのですが、改めて「山下とつきあっているかどうか?」と聞かれると・・・

島田は、「あれ?どうなんだろう?」と思う

はっきり「付き合おう」って言われたことないなー・・・って返事を言いよどんでしまいます

そんな島田に「俺、山下さんめっちゃ好みなんだよね」と舌なめずりするダイチ

その様子に不安になる島田・・・・

さらに、その後、お店にエイデンがやってくる

「社会勉強のためにやってきた」というエイデン

島田はエイデンのことが苦手なんだけど、「友達」というキーワードを出され、そのキーワードに弱い島田は、一気にうれしくなる

エイデンも島田のことを「シマ」呼びしたいといい、あっさり了承してしまう

そのことをお店からの帰り道に山下に報告する島田

山下は、島田に「今まで経験したことないことをやってみよう!」とラブホに島田と一緒に行きます

島田!!「人生初のラブホ」に~!!

ラブホの中にある、様々な設備に興味津々の島田

これ、なんだろう?って扉を開けると、そこには大人の玩具がてんこ盛り!

それに気づいた山下は「買ってあげようっか?」とローターを買って島田にそれを使っちゃいます

ローターを使っての乳首攻めに身悶えしちゃう島田

そして、山下が「俺が本当の重さってやつ 教えてやるよ」とさらに攻め続けます

最中「今度から俺のこと名前で読んで。俺もシマのこと尚斗って呼ぶから」

エイデンが島田のことを「シマ」呼びすることに対抗心を燃やす山下

「名前で呼んで」と言いながら、シマを責める手を緩めない山下

グズグズになっていく意識の中、島田は、山下のことを「猛(たける)」と名前呼びするのです

山下の重さを心地いいものとして感じる島田・・・

そこで次回に続いています

新キャラが出てきました!!

人気キャストのダイチくんは、どう見ても、攻め!!なんですけど?

山下のことが好みって・・・山下を受けとして見てるってこと?

でも、受けになることを「興味ある」って言いそうな山下が容易に想像できてしまうわー・・・

エイデンくんも今後、ふたりの仲をかき回す当て馬的存在なのかな?

今後の展開も気になります

「もみチュパ雄っぱぶタイム」第9話

look!
もみチュパ雄っぱぶ♂タイム(9) なんて不埒なアニマルDays!

月に1度の雄っぱぶイベントで、アニマルの日に来店したヤマ。そこでワンココスのシマを見つけて大興奮するが…!?【全28ページ】


Renta!

ダイチとエイデンは険悪な関係に!

エイデンは相変わらずシマのお店にやってきていて、お店の子たちと親しくなっていきます

でも、あいかわらず上から目線のお節介癖がやめられず、キャストの子たちに、「自分をもっと大切にしたらどうだろうか?」と諭しちゃう

そんなエイデンの説教に、喧嘩っ早いダイチ(←キャスト)がむちゃくちゃキレています

そして、エイデンは、おせっかいな親切心から、シマに「自分の親が経営しているシェアハウスにこないか?」と持ちかけます

シマはすぐ断ろうとしますが、エイデンの持ち前のポジティブシンキングから、ソッコー断ることができない

アニマルデイにムフフなエロターン!

お店にアニマルデイなるものがあって、その日は、アニマル耳やしっぽをつけて、接客するんですけど、シマもかわいいワンコ耳をつけています

山下は、かわいいシマの姿にデレデレ

シマはエイデンの持ってきたシェアハウスの件を相談しようとするのですが、前回、エイデンに名前呼びだけで嫉妬して激しくシマを抱いた山下のことを思い出し、相談する前に真っ赤になって、口を閉ざしていまいます

勘のいい山下は、そのまま、シマがなにを言おうとしたのか白状させますが、意外にも山下の反応はソフト

山下が「へえそうなんだー」とにこやかに反応する態度に安心したシマですが、シマが席を外したスキにエイデンにどすの利いた声で「てめえ」口調で電話しちゃっています

あわてて通話を切るシマ

その時、山下は、シマにくっついているしっぽに気づく

シマは、それの使い方がわからず、ベルトに挟んでいるだけだったんですけど、山下に「それおしりの穴用だと思うよ」といわれます

けれどシマは「穴?それだと下すぎるし違うと思う」となんともかわいい返事をするのです

そのシマの初心な天然ぶりに、エロスイッチがオンになる山下

「じゃあ!確認してみよう」と意気揚々とシマのスラックスをずり下ろすのです

はい!ここからはエロターンに突入です~!!

不穏な空気を抱えつつ「次回に続く」

ラストは、閉店後に店長の提案でみんなでお店で飲もうって流れになるんですけど・・・

そのメンバーにエイデン・ダイチ・山下がいて、不穏な空気を撒き散らしている

それをを見ているシマが「胃が痛い!」って思っているところで「次回に続く」です

見どころは、山下に嫉妬されなかったことを、寂しく思っていたシマが、エロ中に「実はむちゃくちゃ嫉妬している」と知ってうれしくなっちゃうところですね

山下にすごく求められてうれしい~って感じているシマの表情にキュンキュンきます

意外なところで、ダイチとエイデンがくっついたら面白いのになって思いました

ダイチは山下みたいな男がタイプだから、エイデンのこともいけると思うんだけどなー

しかし・・・エイデン・・・この人、絶対に悪い人じゃないんですよね・・・・

ただ、自分の持つ正義が絶対だって思っているところが、少々、鼻につくんですよねー・・・

不穏な空気を撒き散らす3人が次回はどんな展開をもたらすのか?

楽しみです

「もみチュパ雄っぱぶタイム」第10話

look!
もみチュパ雄っぱぶ♂タイム(10) 色んなところがパッカーン開脚!?

ダイチがヤマに、エイデンがシマにロックオン状態で始まった宴会。ヤマを死守しようと奮闘するシマだけど…!?【全40ページ】

Renta!

「自分でなんとかしなきゃ!」といきなりのカミングアウト!?

ダイチはヤマを狙ってて・・・

ヤマとエイデンは只今、シマを挟んで険悪状態・・・

そして、エイデンとダイチも最近揉めたところ!

険悪状態のこの3人を交えて、飲み会しようと盛り上がるお店の面々・・・

いざ飲み会が始まると・・・

シマはエイデンの隣・・・

ダイチはヤマの隣という席順になってしまった!

エイデンに先日のシェアハウスの件をグイグイすすめられるシマ

シマが断っても、聞く耳持たないエイデンに参ったシマは、山下(ヤマ)に「助けて~!」と視線を送る

が!!

ダイチとヤマは、とっても盛り上がっている様子!!

いやいやいや・・・

そもそも、エイデンの件は自分でなんとかするからヤマは口出ししないでほしい。と自分から言ったシマ

いつもいつも人の顔色ばかりを伺って、自分で行動しない自分を顧みて反省します

そして!

自分は、肝心なことをなにひとつヤマに伝えられていない!と思ったシマは、いきなりテーブルを叩いて立ち上がり、「ヤマは俺のだ!」と大声で宣言しちゃいます!!

さらに、ダイチの本命は店長であることまで言っちゃう

そして!!いきなり号泣!!!!!

どうも、シマ・・・相当、酔っていたみたい・・・

エロターンに突入!今更ながらの真面目な告白に?

家に帰り・・・酒が抜けたシマは、自分がしでかしたことに真っ青で真っ赤状態!

ジタバタ足を蹴り、顔をうっぷして、脳内は後悔の嵐!!

ヤマには「勝手にカミングアウトしてごめん」と謝ります

ヤマは、全然気にしていないって感じ

むしろ、シマが成長していっちゃうのがコワイ・・・って言います

山下(ヤマ)に「シマは俺のこと大好きだもんね」と言われ、ちゃんと自分の口で言わなきゃ!と山下(ヤマ)に大好きと伝えるシマ

ここからはエロターンに突入!

仲直りエチみたいにとっても甘いです

そして、ラストは・・・・

翌朝・・・目覚めたシマが山下(ヤマ)に、「正式におつきあいしてください」と告白するところ続いています

すごく展開がコミカルで面白かったです

そう転がるか~!って感じ!!

シマがとっても真面目で・・・読んでいて、「ほんま、真面目やね!」と突っ込んじゃいました

最後のシマからの告白に、山下(ヤマ)も「え?いまさら?」って感じで驚いています

エイデンもヤマと仲直りしました!よかったね!!

どこまでも真面目なシマが、とっても一生懸命で微笑ましく思えた第10話でした

「もみチュパ雄っぱぶタイム」第11話

第11話の配信は未定となっています

配信されましたら、追記させていただきます

「もみチュパ雄っぱぶ♂タイム」コミック化!!

「もみチュパ雄っぱぶ♂タイム」は紙書籍でコミック化されています

第1話~第6話まで収録されていて、描き下ろしもありです

電子化は、まだされていないようです