みなみ遥

愛されたって脱ぎません。~パンツ限界チャレンジ編~第4話【感想ネタバレ】

IMG

お正月にみなみ遥先生のコミックを何冊か読み返したんですが・・・

やっぱり、わたし、みなみ遥先生、好きだわー・・・って思いました

展開がわかりやすくて、軽くて、明るくて、ちょっとエッチで・・・・

王道のBLってところが、やっぱり好きです

さて、そんなみなみ遥先生の「愛されたって脱ぎません。~パンツ限界チャレンジ編~」の第4話が配信スタートしています

副題が「紐だけ下着じゃ隠せない!」

第4話は、もう・・・もう・・・ひたすらエロかったです・・・

この記事にはネタバレが含まれます。閲覧にはご注意をお願いします

作品の特性上、エロい文面が入っています。苦手な方は、戻るボタンをお願いします

おすすめエロくてかわいい!が楽しめるところが魅力!「みなみ遥」先生作品一覧

「愛されたって脱ぎません。~パンツ限界チャレンジ編~ 第4話」

いよいよ迎える土曜日に胸がドキドキ

皇坂とつきあいのあった元モデルの登場で、やきもちを焼いちゃって、自分から「お前の試着品全部着てやる」「俺で興奮させまくってやるからな!」と言ってしまった律

4話の初めは、その律との約束している土曜日を心待ちにしている残念イケメン皇坂の姿からスタートです

皇坂がどれだけエッチな律を見れるのかと、ドキドキしている頃、律の方は、トップモデルと張り合おうとした自分を反省しつつ、土曜日、皇坂の部屋で自分がどうなっちゃうのかとドキドキしています

そして、いよいよ迎える土曜日当日・・・

シャワーを浴びる律が出てくるのを待っている皇坂の胸はドキドキしっぱなし!!

律と初めてした時以上にコーフンしちゃっています

シャワーを終え、バスローブ姿で出てきた律

余裕のない皇坂に律は「お前の試作品 モデルとして着る代わりに 俺が着てる間 皇坂は見るだけだけだからな」と言います

その条件に皇坂は驚きますが、でないと律が帰るというので、その条件を承諾します

今話の律の下着はエロエロなボンテージ下着!

そして、バスローブを脱ぎ捨てた律

律は、皇坂がデザインしたボンテージ下着を着ています

律のカラダにフィットしたボンテージ下着は・・・大事な部分が隠れていません!!!

もはや、ヒモ!!!

明らかに性的興奮を高めるための下着を着ながら、皇坂に馬乗りになる律

そして、皇坂の目の前で、大きく脚を開脚し、律の大事な部分が皇坂に丸見えになる状態になります

律は、恥ずかしくてたまらないと思いながら、元カノの彼女に負けたくないって気持ちでいっぱいです

海ホタル
海ホタル
でも、律は、皇坂のことを好きだと自覚していないので、自分が、どうしてこんな気持ちになるか、さっぱり、わかっていないんですよね!!

律の淫らな姿にコーフンをしてしまう皇坂

皇坂の勃立したブツに気づき「まだ1着目だぞ 俺のこと見ているだけでいくなよ」と、皇坂に馬乗りになった状態のまま、背中を向き、二着目の下着へと着替えます

皇坂の目の前に、律のかわいいおしりがさらけ出されている状態になり、辛抱がたまらなくなった皇坂は、尻にキスをしだします

「手はだすなって約束しただろう」と言う律

「口はダメだと言われなかった」という皇坂

そのまま皇坂は、律の勃立しているブツを舐めだしちゃいます

律もコーフンしだしてしまい、ついに、「もっと舐めてほしい」と自分の秘部を大胆にさらけだしてしまいます

律のいやらしい反応に皇坂は、「限界だ」と律に挿入をしちゃいます

「お前 仕事相手には手を出さない主義じゃないのかよ?」という律

「(律に会ったことで)恋は理屈じゃないと身を持って知ったんだ 本気で惚れたら 自分の主義なんかなんの役にも立たない」

皇坂の告白にドキドキする律

「今夜はとても数回で収まりそうにない」と、そのまま律を抱き続ける皇坂

事後、幸せいっぱいの皇坂に抱きしめられ律は「こんな風に 俺で余裕をなくす皇坂を 他の誰にも見せたくないと思ってしまったんだ・・・」と思うのです

海ホタルの感想

海ホタル
海ホタル
え・・・え・・・え!!!エロい!!!

ここまでのプレイをしてて、未だ、律が自分の中の皇坂への気持ちに気づいていないというのが・・・・

あまりに鈍感すぎて!!!

ビックリだよーーー!!!!

でもでも、いつもは、甘えてくる皇坂に対し、「ふざけるな」とすぐに怒っちゃう律が、今回は、ちょっと素直な一面を見せています。

皇坂への独占欲も湧いてきて、恋に落ちるまで、もう!!あと1歩!!!という感じです

次回は、おしり部分がぽっかり開いている下着の試着っぽいですね!!

次回の展開も期待しています